透けにくく、シンプルに!2019年の最新「エアリズムポロシャツ」を着てみた

透けにくく、シンプルに!2019年の最新「エアリズムポロシャツ」を着てみた

汗をかいてもすぐ乾きやすく、さらっとした肌ざわりでクールビズにも大活躍する「エアリズムポロシャツ」。この夏の最新エアリズムポロシャツを実際に着てみて、進化したポイントをチェックしてみました。(文・Ar)

▼トップ画像のアイテム
「エアリズムポロシャツ」

「地肌に直接ポロシャツを着たい人」にぴったり!

最初に、エアリズムのよさをチェックしておきましょう。

エアリズムをひと言で表現するならば「快適を調整するテクノロジー」。湿気や熱気を放出し、抜群の通気性で汗を速乾。なめらかでサラサラな心地よい肌ざわりを実現しています。具体的な特徴は4つ。

1「ドライ」──汗を速乾。サラサラでベタつきにくい
2「接触冷感」──肌に触れるたびひんやり心地いい
3「抗菌防臭」──防臭・消臭機能でにおいを抑え、さわやか
4「ストレッチ」──驚きの伸縮性でしなやかにフィット

これらの特徴を持ったエアリズムポロシャツ。ポロシャツ1枚で過ごしたくても、汗でベタつく、汗じみが目立つ、汗のにおいが気になる……といったことから、仕方なく下着を着ていた人も多いはず。エアリズムポロシャツは「直接ポロシャツを着たい」といったニーズにぴったりのアイテムなのです。スタンダードな鹿の子のポロシャツと比べて着心地が軽く、着ているのを忘れるような軽快感もエアリズムポロシャツのアドバンテージといえます。

2019年春夏の「エアリズムポロシャツ」。クリーンなカラーバリエーションが嬉しい。

2019年春夏の「エアリズムポロシャツ」。クリーンなカラーバリエーションが嬉しい。

▼画像のアイテム
「エアリズムポロシャツ」

透けにくくなった「白ポロシャツ」

2019年のエアリズムポロシャツはいくつか進化していますが、いちばんのトピックは「透けにくくなった白」。エアリズムポロシャツだけでなく、白いポロシャツはどうしても肌着や乳首が透けてしまいがち。エアリズムポロシャツは、白色のみ生地に厚みを持たせることで透けにくいように工夫されているのです。私も実際に白の「エアリズムポロシャツ」を素肌に着てみましたが、通常の姿勢ではほぼ透けません。体にフィットしすぎない方が透けにくいので、「透けストレス」を軽減するために、いつもよりもワンサイズ上を選ぶのもオススメ。私は普段Mサイズですが、今回はLサイズをチョイス。そのほうが“安心感”は大きいですね。

夏日となるような暑い時期に、ジャケットと合わせて何日か着てみました。肌ざわりよく、汗をかいてもすっと乾くので、夏場特有の不快感はゼロ。そして、ジャケットを脱いでも透ける心配がないというのは、想像以上にストレスフリーですね。いままで「透けるかも…」と思い白いポロシャツの下にアンダーウェアを合わせていた方、ぜひ一度エアリズムポロシャツに挑戦してみてください。

生地が厚くなり、乳首の“透け”が気にならなくなった。

生地が厚くなり、乳首の“透け”が気にならなくなった。

▼このコーデができるアイテム
「エアリズムポロシャツ」

夏日にジャケットと合わせても快適。

夏日にジャケットと合わせても快適。

▼このコーデができるアイテム
「エアリズムポロシャツ」

よりシンプルに、きちんと感がアップした「ボタンダウン」

ジャケットを合わせるならば、ボタンダウンのエアリズムポロシャツもオススメです。昨年モデルは襟と前立てが別生地仕立てでしたが、2019年からは襟と前立ての生地を共通化。よりシンプルになりコーディネートしやすくなりました。また、ビジネスシーンでの使用を想定して、左胸のポケットを廃したのもトピックです。ジャケットなしで、スラックスとのコーディネートでも「ちゃんと感」を演出できる、使い勝手のいいアイテムに仕上がっています。

左の昨年モデルと比べて右の2019年モデルはフォーマル感が増した印象。左の昨年モデルと比べて右の2019年モデルはフォーマル感が増した印象。

左の昨年モデルと比べて右の2019年モデルはフォーマル感が増した印象。

▼画像のアイテム
「エアリズムポロシャツ(ボタンダウン・半袖)」

新登場!着回しを楽しめる「フルオープンポロ」

2019年、エアリズムポロシャツのラインナップに新たに加わったのが「フルオープンポロ」。ボタンが下までついていて、フルオープンにできるジャージー素材のストレッチが効いた仕立てです。ジャケットと合わせるのもいいですが、ゆったりとしたつくりでシルエットがキレイに見えるので、1枚で着てもサマになります。

私は黒のフルオープンポロシャツを購入しました。光沢のある素材で高級感もあり、さらっとした着心地と合わせてシルクのような風合いです。フルオープンなので、Tシャツと合わせて上から羽織るコーディネートも楽しめます。オンでもオフでも1枚でさらっと着られるこのアイテムは、この夏大いに活躍してくれそうです。

オンでもオフでも活躍するフルオープンスタイル。

オンでもオフでも活躍するフルオープンスタイル。

▼画像のコーデができるアイテム
「エアリズムフルオープンポロシャツ(半袖)」

Tシャツの上に羽織ってもOK。着回しが効くのもフルオープンポロの特長です。

Tシャツの上に羽織ってもOK。着回しが効くのもフルオープンポロの特長です。

▼画像のコーデができるアイテム
「エアリズムフルオープンポロシャツ(半袖)」

■この記事の関連ページ
ユニクロ ポロシャツ特集

※本サイトは利用規約に同意の上、各自の責任と判断によりご利用ください。
※掲載内容(商品情報、価格、リンク、在庫状況を含む)は公開時点のものであり、ご利用時と異なる場合があります。
※掲載画像に含まれるアイテムは、紹介しているアイテムと完全に同一ではない場合があります。

ライター紹介

Ar(エディター)

10年ほどクルマ、メンズライフスタイル媒体で雑誌編集を経験した後、ウェブに転向。さらに10年余年をウェブ編集者として過ごしてきました。クルマ、ファッション、ライフスタイル、ゴシップ…さまざまなジャンルに手を出す雑食系編集者です。

ライター紹介・ライター記事一覧