友達とお揃いで楽しむ双子コーデ&リンクコーデのコツ 

友達とお揃いで楽しむ双子コーデ&リンクコーデのコツ 

仲良しや絆のイメージが伝わるのは、お揃いのアイテムをまとう「双子コーデ&リンクコーデ」のよさです。上手に着るには、色や素材を変えて、まとめすぎない工夫が効果的。友達や仲間とリンクコーデを楽しむコツをアイテム別に紹介します。(文・宮田理江)

▼トップ画像のコーデができるアイテム
「ウールブレンドビッグシルエットテーラードコート」
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

Tシャツ編)「色違い」でさりげないリンクコーデ

色違いのアイテムを2人で着ると、全く同じ服に比べ、程よいずれ感が出て、「コピー」のようには見えにくくなります。

白と黒、ネイビーといった、コントラストのはっきりした色同士を選ぶのが、並んだときにすっきり見えるコツ。パッと見た瞬間は気づかない程度のさりげないリンクコーデに仕上がります。

パートナーのボトムス色を、自分のTシャツ色に迎えるアレンジも「つながり感」を生みます。

ボトムスの形や、ベルトの使い方も近づけると、さらにリンク感が高まります。

ボトムスの形や、ベルトの使い方も近づけると、さらにリンク感が高まります。

▼このコーデができるアイテム
「クルーネックT(半袖)」
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

ボーダー柄編)ボトムス丈や小物など「細部」までこだわって

無地に比べ、柄入りのアイテムはリンクコーデの印象を強めてくれます。
たとえば横縞のボーダー柄はすぐにお揃いと気づいてもらいやすいはず。ボーダー柄ならではの伸びやかな気分がリンク効果で高まり、さらにリラックスした雰囲気に。

あえて同じ色のボーダーにしないで、色を変えるのがまとまって見えすぎないポイント。ボトムスの裾丈まで合わせて、リンクコーデらしさを際立たせるのもおすすめです。

手首に色違いのリボンを巻いて、リンク感を強調。

手首に色違いのリボンを巻いて、リンク感を強調。

▼このコーデができるアイテム
「ボーダーT(7分袖)」
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

ワンピース編)羽織り物を「ずらす」テクニックでこなれ感を

ワンピースでリンクコーデを組む場合は、布の面積が広い分、全く同じ格好に映らないよう、見え具合をやや抑える工夫が肝心です。

小花柄がロマンティックなワンピースでのお揃いコーデは、羽織り物で違いを出すのもおすすめ。カーキ色のマウンテンパーカと、ベージュのデニムジャケット(Gジャン)など、色もムードも適度に「ずらし」のテクニックを使うと、こなれたリンクコーデに。

優しいムードのワンピースにカジュアルなアウターをあわせてテイストミックス。

優しいムードのワンピースにカジュアルなアウターをあわせてテイストミックス。

▼このコーデができるアイテム
「プリントシャツワンピース(長袖)」
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

キャラクター編)プリーツスカートで「大人っぽさ」をキープ

目を引くキャラクターモチーフを使うと、リンクコーデらしさが際立ちます。

キャラクターのイメージ次第で、装いの雰囲気も決まるので、ポジティブさやファニー感を取り入れやすい仕掛けです。愛らしいモチーフを取り入れる場合は、このようなプリーツスカートで合わせれば、大人っぽさを保ちやすくなります。

モチーフのサイズや色を変えて、変化を付けると、ワンセットのようには見えにくくなるので、試す価値がありそうです。

プリーツの細かさやスカートのレングスをずらせば、表情が深くなります。

プリーツの細かさやスカートのレングスをずらせば、表情が深くなります。

▼このコーデができるアイテム
「プリーツロングスカート(丈標準80~84cm)」
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

親しさや仲良し度を互いに確かめ合うのにぴったりのリンクコーデですが、単に同じ物を着るのではなく、少しだけ「ずらし」を加えるほうが着こなしのバリエーションが広がります。互いに見立て合ったり、アドバイスし合ったりといったコミュニケーションもリンクコーデの楽しみを深くしてくれそうです。

■この記事の関連ページ
ユニクロ Tシャツ(半袖・ポロシャツ・ノースリーブ)特集
ユニクロ ワンピース・サロペット特集

※本サイトは利用規約に同意の上、各自の責任と判断によりご利用ください。
※掲載内容(商品情報、価格、リンク、在庫状況を含む)は公開時点のものであり、ご利用時と異なる場合があります。
※掲載画像に含まれるアイテムは、紹介しているアイテムと完全に同一ではない場合があります。

ライター紹介

宮田理江(ファッションジャーナリスト・ファッションディレクター)

多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報などを発信。リアルトレンドを落とし込んだ着こなし提案も得意とする。コンサルタントとしてのビジネスも手がけ、企業向け提案、セミナー、イベント出演も多い。

ライター紹介・ライター記事一覧