スキニーとはどのくらいの細さ?スリムとの違いや最新スキニージーンズもご紹介

スキニーとはどのくらいの細さ?スリムとの違いや最新スキニージーンズもご紹介

スキニーパンツにスキニージーンズ(デニム)、スキニーフィットなど、今や流行を越えて定番化した感のある「スキニー」というワード。今回はあらためてその意味や、ひと昔前のスキニーとはひと味もふた味も違う最新のスキニー情報を紹介します。(文・山木 聖)

▼トップ画像のアイテム
「ハイライズスキニーアンクルジーンズ(ビューティーコンプレッション・丈標準68cm)」

そもそも「スキニー」ってどういう意味?

次々と生まれる新しいファッション用語。「これはこういう意味ですよ」と説明されるのは最初のうちだけで、その時期を逃してしまうと、すぐに「今さら誰にも聞けない」状態になってしまいがちです。
ファッション誌や店頭で、またネットショップや普段の会話で当たり前のように使われている「スキニー」も、そんな言葉の一つかもしれません。

「スキニー」は、英語で書くと「skinny」。皮膚や肌、皮を意味する「skin」+yで「皮膚のような」という意味になります。体について言う時は「やせこけた」「骨と皮ばかりの」といった使い方もあるようですが、衣服を形容する時に使われる「スキニー」というワードは、「まるで皮膚のように体にぴったり張り付いている様子」を表しているケースがほとんどでしょう。

つまりスキニーパンツ、スキニージーンズは「(皮膚のように)脚のラインにフィットしたパンツ/ジーンズ」、スキニーフィットは「皮膚のようなフィット感」のこと。体に張り付くようなドレスを「スキニードレス」と言ったりもするようです。

下半身をコンパクトに見せてくれるスキニージーンズは性別を問わず人気のアイテム。同じスキニータイプのジーンズでも、ストレッチの強さや股上の深さ、ヒップから膝、膝から裾にかけてのラインなどに微妙な違いがあります。

下半身をコンパクトに見せてくれるスキニージーンズは性別を問わず人気のアイテム。同じスキニータイプのジーンズでも、ストレッチの強さや股上の深さ、ヒップから膝、膝から裾にかけてのラインなどに微妙な違いがあります。

▼画像のアイテム※左から
「ウルトラストレッチジーンズ」
「ハイライズシガレットジーンズ(丈標準70cm)」
「EZYジーンズ(丈標準74~76cm)」
「ハイライズスキニーアンクルジーンズ(ビューティーコンプレッション・丈標準68cm)」

「スリム」と「スキニー」はどちらが細い?「デニムレギンス」との違いは何?

私の記憶が確かならば、従来細身のシルエットをもつジーンズはほとんどが「スリム」と呼ばれていました。そこに登場したのがスキニー。
ジーンズのシルエットにはさまざまな種類があり、呼び名も多種多様です。
今までいろいろなショップやブランドでその呼び名とシルエットの関係を見てきた感覚で言うと、シルエットが太い(フィット感が緩い)順に
「ワイド」→「ルーズ」→「ストレート/レギュラー」→「タイトストレート」→「スリム/シガレット」→「スキニー」になると思います。
スキニーが登場した当初は「スリムとスキニーはどう違うの?」といった質問もよく見かけましたが、スリムよりもさらに細身、最も細いシルエットのジーンズがスキニーと言えるでしょう。

左から、裾がフレアするワイドシルエット、「ボーイフレンドデニム」と呼ばれることもあるクロップド丈のストレート、程良いゆとりのストレート。さまざまな年代、さまざまな体型の人々が、自分好みのジーンズを選べる時代です。

左から、裾がフレアするワイドシルエット、「ボーイフレンドデニム」と呼ばれることもあるクロップド丈のストレート、程良いゆとりのストレート。さまざまな年代、さまざまな体型の人々が、自分好みのジーンズを選べる時代です。

▼画像のアイテム※左から
「ハイライズワイドクロップドジーンズ」
「ハイライズストレートアンクルジーンズ(丈長め76cm)
「ハイライズストレートジーンズ(丈標準72cm)」

ちなみに、スキニーと同じく脚にぴったりフィットするアイテムの一つに「レギンス」があります。ご存じのように、タイツを途中で切ったような形のストレッチパンツのことで、スパッツと同じものです。このレギンスの中には「デニレギ」や「デニンス」、「レギンスパンツ(レギパン)」などとも呼ばれる、「デニムのような色やデザインのレギンス」があって、スキニージーンズと区別が付きにくいことも。
同じぴったりフィットのボトムスですが、「デニレギ」「デニンス」「レギンスパンツ(レギパン)」は生地の質感、前開き、ポケットのつくりなどが簡素であることが多い印象があります。ただしその分ウエストやヒップまわりがすっきりしていて、トップスや他のボトムスと重ね着しやすいという面もあるので、好みや使うシーンによってチョイスするといいでしょう。

こちらはデニムのような色あいのレギンス。ディテールを見てみるとサイドポケットと前開きはステッチのみのフェイクで、コインポケットやリベット(鋲)なども付いていないところがジーンズとの違いです。

こちらはデニムのような色あいのレギンス。ディテールを見てみるとサイドポケットと前開きはステッチのみのフェイクで、コインポケットやリベット(鋲)なども付いていないところがジーンズとの違いです。

▼画像のアイテム
「ウルトラストレッチデニムレギンスパンツ(丈標準69.5~71.5cm)」

ヒップと脚にコンプレックスのある筆者のおすすめスキニーはこれ!

ここから個人的な話で大変恐縮なんですが、じつは私、ほんの数年前までスキニーを敬遠しておりました。
というのも最初の出会いが散々だったのです。今から十数年前、話題になり始めの頃、とあるショップで試着したスキニージーンズは、お尻から腿、ふくらはぎ、足首までの肉の付き方をすべて詳細に拾い、膝のお皿の形まではっきりとわかるシロモノ。とにかく細さが追求され、はくのも脱ぐのも一苦労でした。「これは脚に自信のある人のためのものだ」とすぐに諦めました。

ところが、いつのまにか進化を遂げていたんですね。スキニージーンズの素材やシルエットが。
ユニクロの「EZYジーンズ」が口コミで、「スキニーフィットなのに脚のラインを拾いすぎず、ジャージ並みのはき心地」などと言われているのを目にして半信半疑で試着してみたところ、その口コミは本当でした。
脚の長さやお尻の形、ふくらはぎの太さなど、数えたらキリがない私のコンプレックスが、スキニーなのになぜか目立たない。
上手く言えないんですが、腿、膝、ふくらはぎそれぞれの太いところ(出っ張っているところ)同士がいい具合に直線で結ばれて凹凸が解消され、結果すっきりとしたラインに見える、という感じでしょうか。

生地がもの凄く柔らかく、本当にジャージのようなはき心地のEZYジーンズ。

生地がもの凄く柔らかく、本当にジャージのようなはき心地のEZYジーンズ。

▼画像のアイテム
「EZYスキニーフィットカラージーンズ(丈標準76~79cm)」

そこからいろいろなシルエットのスキニーに手を出し始め、今一番のお気に入りは股上深めでアンクル丈のスキニージーンズ。「ビューティーコンプレッション」という、何やら素敵な商品名に惹かれてはいてみたら本当にビューティーコンプレッションがきいていて、気になるお腹まわりがピタッと収まって平らな感じに。
ちなみにお尻は、EZYジーンズの方は丸く、ハイライズのアンクルジーンズの方はきゅっと締まって見えます。なぜそう見えるのかは正直わかりません。こういうのがデザイナーさんやパタンナーさんのワザなんでしょうね。きっと。
スニーカーでカジュアルに、ヒールを合わせてキレイ目にはくこともできるスキニー。今では日々のコーディネートの強い味方になってくれています。

「ハイライズスキニーアンクルジーンズ ビューティーコンプレッション」はEZYジーンズより硬めのデニムらしい生地ですが、ストレッチがきいているので膝や腰の曲げ伸ばしもラクにできます。

「ハイライズスキニーアンクルジーンズ ビューティーコンプレッション」はEZYジーンズより硬めのデニムらしい生地ですが、ストレッチがきいているので膝や腰の曲げ伸ばしもラクにできます。

▼画像のアイテム
「ハイライズスキニーアンクルジーンズ(ビューティーコンプレッション・丈標準68cm)」

お腹まわりがすっきり見える秘密は、伸びる力も戻る力も強いコンプレッション(着圧)素材と、サイドと前開き部分を繋ぐような特別な内布のつくりらしいです。スキニーをはく時はトップスでウエスト部分を隠す場合が多いんですが、これならウエスト部分が見えてもいいかな、と思えます。

お腹まわりがすっきり見える秘密は、伸びる力も戻る力も強いコンプレッション(着圧)素材と、サイドと前開き部分を繋ぐような特別な内布のつくりらしいです。スキニーをはく時はトップスでウエスト部分を隠す場合が多いんですが、これならウエスト部分が見えてもいいかな、と思えます。

▼画像のアイテム
「ハイライズスキニーアンクルジーンズ(ビューティーコンプレッション・丈標準68cm)」

私のように「ずっと前に試着したスキニーが合わなかった」という理由で敬遠している方、また「お尻や脚の形がはっきりとわかるぴちぴちジーンズははけない」と思い込んでいる方も、進化した最新スキニーなら似合う形がきっと見つかるはずです。ぜひトライを!

■この記事の関連ページ
ユニクロ ジーンズ 特集

※本サイトは利用規約に同意の上、各自の責任と判断によりご利用ください。
※掲載内容(商品情報、価格、リンク、在庫状況を含む)は公開時点のものであり、ご利用時と異なる場合があります。
※掲載画像に含まれるアイテムは、紹介しているアイテムと完全に同一ではない場合があります。

ライター紹介

山木 聖(ライター)

情報出版社の広告ディレクターを経てライターに。銀座と六本木の真ん中あたりに住みながら、そのメリットをまったく活かさないイエナカ大好き系中年。目標は「老人になってもモード系」です。

ライター紹介・ライター記事一覧