肩幅を狭く見せる!“華奢見せ”効果のあるトップスや、服選びの方法

肩幅を狭く見せる!“華奢見せ”効果のあるトップスや、服選びの方法

広い肩幅やいかり肩が気になるという人は、服の力を借りるのも有効です。今回は、肩幅を狭く華奢に見せたい人に試してほしい服選びのコツを、ライターが培ってきたノウハウからご紹介します。(文・KANA)

▼トップ画像のコーデができるアイテム
「レーヨンブラウス(長袖)」
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

ドロップショルダーで、肩幅をぼやかして山型のラインに

体の気になる特徴を目立たなくするには、その部分を上手に隠し、ラインをごまかしてしまうことが有効。肩幅を目立たなくさせたい時にぴったりなアイテムの1つが、ドロップショルダーシャツです。ショルダーポイントを実際の肩より下へ落とすことで、肩幅をぼやかし、ラインをなだらかな山型に見せる効果が期待できます。

オーバーサイズシャツなら、肩のポイントを実際の位置より下に落とせるうえ、トレンドのシルエットに仕上がって一石二鳥!

オーバーサイズシャツなら、肩のポイントを実際の位置より下に落とせるうえ、トレンドのシルエットに仕上がって一石二鳥!

▼このコーデができるアイテム
「オーバーサイズスクエアT(5分袖)」
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

また、リネン素材などざくっとゆとりをもって着られる素材感、サイズ感のシャツを選んで、肩のラインをぼやかすのも有効です。

また、リネン素材などざくっとゆとりをもって着られる素材感、サイズ感のシャツを選んで、肩のラインをぼやかすのも有効です。

▼このコーデができるアイテム
「プレミアムリネンシャツ(長袖)」
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

ドルマンスリーブで、肩~二の腕にかけてのラインを緩やかに

二の腕まわりがゆったりしていて、肩と袖の境目がゆるやかなドルマンスリーブのトップスも、肩の幅や形をはっきり見せずに済むのでおすすめです。

肩から二の腕にかけてのラインが緩やかで、肩幅より袖にボリュームがあるドルマンスリーブ。ウエストを高めの位置にポイントしているのも、華奢見えの理由かもしれません。

肩から二の腕にかけてのラインが緩やかで、肩幅より袖にボリュームがあるドルマンスリーブ。ウエストを高めの位置にポイントしているのも、華奢見えの理由かもしれません。

▼このコーデができるアイテム
「3Dコットンドルマンスリーブセーター(5分袖)」
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

ドルマンスリーブのロングカーディガン。肩がなだらかに落ち、縦方向に流れるドレープも肩幅の主張を和らげる効果がありそうです。

ドルマンスリーブのロングカーディガン。肩がなだらかに落ち、縦方向に流れるドレープも肩幅の主張を和らげる効果がありそうです。

▼このコーデができるアイテム
「UVカットドルマンスリーブロングカーディガン(長袖)」
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

広めのVネックで、縦横ラインを強調し肩の面積を縮める

肩幅の広さをカモフラージュするため、胸元に縦方向のラインを作ることも有効。タートルネックのように首元が詰まっているものよりも、縦方向に抜け感が出るVネックのトップスがおすすめです。

Vネックは縦の深さだけではなく、横幅も広い方が肩の面積が狭く見えるので、上のボタンをいくつか開けるとさらに効果が高まりそうです。

Vネックは縦の深さだけではなく、横幅も広い方が肩の面積が狭く見えるので、上のボタンをいくつか開けるとさらに効果が高まりそうです。

▼このコーデができるアイテム
「UVカットスーピマコットンVネックカーディガン(長袖)」
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

VネックのTシャツやニットのほか、襟付きの前開きシャツのボタンを深めに開けても、同様の効果が期待できます。

VネックのTシャツやニットのほか、襟付きの前開きシャツのボタンを深めに開けても、同様の効果が期待できます。

▼このコーデができるアイテム
「レーヨンブラウス(長袖)」
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

裾広がりのロングスカートで、全身で大きなAラインを描く

肩ではない他の部分の幅を広げて、相対的に肩幅を小さく見せる方法も。裾に向かってふわりと広がるロングスカートなら、全身が大きなA字のラインになり、肩幅の主張が和らぎそうです。

サーキュラースカートをハイウエストでマークし、肩幅はもちろん上半身がコンパクトに見えます。

サーキュラースカートをハイウエストでマークし、肩幅はもちろん上半身がコンパクトに見えます。

▼このコーデができるアイテム
「フロントボタンサーキュラースカート(丈標準76~80cm)」
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

プリーツが美しく広がるロングスカートと組み合わせて、全身を大きなAラインに。さらに第2ボタンまで開けてざっくりと着たVネックカーディガンも肩幅を華奢に見せてくれます。

プリーツが美しく広がるロングスカートと組み合わせて、全身を大きなAラインに。さらに第2ボタンまで開けてざっくりと着たVネックカーディガンも肩幅を華奢に見せてくれます。

▼このコーデができるアイテム
「プリーツロングスカート(丈標準80~84cm)」
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

肩幅が気になるという方、着こなしの参考になったでしょうか。とくに肩幅を気にしていないという方も、上半身の華奢見えに役立ちそうな方法ですので、ぜひお試しを!

■この記事の関連ページ
ユニクロ トップス特集
ユニクロ スカート特集

※本サイトは利用規約に同意の上、各自の責任と判断によりご利用ください。
※掲載内容(商品情報、価格、リンク、在庫状況を含む)は公開時点のものであり、ご利用時と異なる場合があります。
※掲載画像に含まれるアイテムは、紹介しているアイテムと完全に同一ではない場合があります。

ライター紹介

KANA(エディター・ライター)

グルメ、旅行、恋愛、エンタメなど、生活を豊かにするさまざまなジャンルの編集・ライティングを手掛ける。現在、一番注目しているのは、レベルがどんどん上がっているプチプラアイテム。一番注力しているのは、遅すぎた肉体改造。

ライター紹介・ライター記事一覧