楽すぎ!ジャージージャケットで作る女性のビジネスカジュアル

楽すぎ!ジャージージャケットで作る女性のビジネスカジュアル

きちんとしながら堅すぎない。そんなビジネスカジュアルコーデに大活躍するのがジャージー素材のジャケット。普段使いにふさわしい着心地の良さと、きりっとスタイルを程よくカジュアルダウンしてくれるソフトな質感が魅力なんです。(文・KANA)

▼トップ画像のコーデができるアイテム
「UVカットジャージージャケット」

“ちゃんと見えるけど堅すぎない”を求める人に「UVカットジャージージャケット」

最近では、「ビジネスカジュアル」を歓迎する職場が増えてきているようです。私が今まで経験した職場でも、そしてライターとして活動する今も、ビジネスカジュアルが主流です。

ジャケットは1点できちんと感が出るのでとても便利なのですが、場合によっては堅い印象になりすぎたり、また、なんといっても動きにくいことも!(とくに肩回り)。
外出が多く、1日中着たままになってしまう日は、そのストレスを考えると、ジャケットを着て家を出るのが憂鬱になる時もあります。

そこで試してみたのが、ストレッチ性の高いジャージー素材を使用した、ユニクロの3つのジャケットです。

1着目は、私の“この春買ってよかったNo.1”に輝いた「UVカットジャージージャケット」。厚手のコートが不要になった頃から、大活躍しています。

【購入者の声】
『毎年購入してます。(中略)仕事の時、学校行事の時、スーツまで着なくてもいいけどちゃんとした服装にしたいときに大変重宝しています。(後略)』(福岡県/30代)
『ジャージー生地で、とても着心地が良く、オフィスで羽織るには丁度良いジャケットです。ジャージージャケットが販売され始めた頃から愛用していた2着がくたびれてきたので、3着目の購入です。(後略)』(茨城県/30代)
『柔らかいジャージー素材で、会社のロッカーに入れておいても、シワにならずいいなと思い購入。急な出張や来客でも対応できそうなジャケットです。(後略)』(埼玉県/40代)

私がとくにおすすめしたいのがグレーとネイビー。はじめはグレーを購入したのですが、すぐにネイビーを買い足しました。

いわゆるスーツ生地のグレーやネイビーの発色とは異なり、どちらかというとスウェットの発色に近い感じ。コーデを明るく仕上げてくれるのです。それによって、購入者の声にあるような「ちゃんと見えるけど堅すぎない」ジャケットスタイルができあがります。

個人的に、今最も重宝するのがこの「ちゃんと見えるけど堅すぎない」ビジネスカジュアルで、このたびの2着買いとなりました。プライベートのコーデで使用してもしっくりくるので、ほぼ毎日羽織って出かけています。

写真のネイビーはもちろん、グレーもデニムと好相性。春らしい装いになります。

写真のネイビーはもちろん、グレーもデニムと好相性。春らしい装いになります。

▼画像のアイテム
「UVカットジャージージャケット」

“パリッと見えるのに動きやすい”を求める人に「ポンチノーカラージャケット」

2着目は、見た目がスーツのジャケットとほぼ変わらない「ポンチノーカラージャケット」。

【購入者の声】

『(前略)きっちりしていますが、生地が柔らかく楽に着られるので購入して良かったです。(後略)』(滋賀県/50代)
『(前略)ネイビーを購入しましたが暗めの落ち着いた色合いで、仕事でちょっと羽織れるジャケットが欲しい時にも使えそうです。(後略)』(東京都/30代)
『(前略)デザインや生地感は言うことなしです。また袖にスリットが入っているので、スタイリッシュに見えます。(後略)』(奈良県/30代)

動きやすいジャージー素材でありながら、きちんと見える張りと艶があり、購入者の声にあるように“高見え”してくれるのがポンチジャケットの魅力。ノーカラーでボタンがないシンプルなデザインが、洗練されたスタイリッシュさを演出してくれます。

体型にもよるので個人の見解になりますが、シルエットは比較的体に沿う感じで、丈はウエストがすっぽり隠れるくらい。見た目がコンパクトめなので、窮屈そうと思われるかもしれませんが、実際に着てみると、体の動きに合わせて柔軟に伸縮。パリッとした印象ながら着心地はソフトで、上からコートを羽織ってもごわごわしづらく、動きが妨げられませんでした。

ホックをかけるとウエストがキュッと絞られ、スタイルアップも望めそうなデザイン。

ホックをかけるとウエストがキュッと絞られ、スタイルアップも望めそうなデザイン。

▼画像のアイテム
「ポンチノーカラージャケット」

袖口のスリットも、動きやすさのポイントに。

袖口のスリットも、動きやすさのポイントに。

▼画像のアイテム
「ポンチノーカラージャケット」

“柔らかな雰囲気のフォーマル感”が欲しい人に「ポンチラウンドネックジャケット」

続いて、ノーカラージャケットと同素材の「ポンチラウンドネックジャケット」。

【購入者の声】
『(前略)着丈も程よく短く、スタイル良く見えます。袖も折り返しになっており手首が見える感じがすごく好きです。身幅は思ったより大きくありません。これからたくさん活躍してくれそうです♪』(大分県/30代)
『サイズも丁度よく、軽くて着心地も抜群です。デニムでもスカートでも合い、オンでもオフでも活躍しそうです。3シーズン活用します』(沖縄県/50代)

ノーカラージャケットとかたちはガラリと変わり、ラウンドネックとゆったりとした身ごろ、たっぷりめの袖で優しい雰囲気。「タイトな感覚が苦手」という人でも、高いストレッチ性とゆったりした着心地にも安心できると思います。

3つのホックをきちっと留めて、スラックスやロングのタイトスカートなどきれいめアイテムと合わせれば、ビジネスカジュアルのオフィスコーデに。前を開けたり、または1番上のホックだけを留めるとカーディガンのようにも着られるので、デニムなどのカジュアルアイテムとも好相性です。動きに合わせて伸縮するので、アクティブに活動したい日にもおすすめ。

「UVカットジャージージャケット」が“素材”で絶妙にカジュアルダウンできるのに対し、「ポンチラウンドネックジャケット」は“かたち”でそれを叶えてくれるアイテムという感じです。

ビジネスカジュアルなオフィスコーデはもちろん、プライベートでもカーディガン感覚でスタイリングできて便利です。

ビジネスカジュアルなオフィスコーデはもちろん、プライベートでもカーディガン感覚でスタイリングできて便利です。

▼画像のアイテム
「ポンチラウンドネックジャケット」

ストレッチがきいているのにピチピチにならない「ポンチワンピース」

きちっと見えて、伸縮性抜群のポンチ素材のシリーズには、ジャケットのほかにワンピースもあります。こちらも優秀なので併せてご紹介。

【購入者の声】
『ピチピチになりたくなかったので、とりあえずのL。立体的な作りでボディラインがきれいに見えます。ポンチ素材も扱いやすく、ストレッチがきいていて気に入りました』(新潟県/40代)
『(前略)さらっとしてしっかりした生地、ある程度の厚みもあるので下着のラインは拾いません。ルーズではなく綺麗めな印象で、衿元も開きすぎず肩幅もぴったりです。ウエストが適度にシェイプされているのでスタイル良く見えますよ。丈は膝ぐらいで足さばきもいいです。(後略)』(奈良県/50代)
『とにかくシルエットが綺麗で痩せて見えるのが嬉しい!着心地がいいのもポンチならではと思うのだけど、体の線を拾わないのにシルエットが綺麗ってなんなの??て思いました。』(大阪府/50代)
『生地が毛玉になりにくく、とても着やすい。シンプルなワンピースをいつも探しているが、これだけ洗濯しても型が崩れず、きちんとした印象のワンピースはなかなかない。(後略)』(東京都/50代)

と、購入者の声からも評判の良さが目立った「ポンチワンピース」。はじめはボディコンワンピースのような着心地を想像していましたが、実際に着てみると立体的に体を包むような感覚で、体に張りつく感じはありませんでした。また、他の方の意見にあるようにウエストがシェイプされているので、ぴたっとしていないのにシルエットがスリムに見えます。

シンプルなデザインなので、1枚で着ても、同素材のジャケットと合わせても、またカーディガンを羽織っても落ち着いた雰囲気で着られそうです。

写真のアイテムのほか、半袖のフレアタイプもあります。

写真のアイテムのほか、半袖のフレアタイプもあります。

▼画像のアイテム
「ポンチワンピース(7分袖・丈標準87~97cm)」

今回は、ジャージー素材ジャケットならではの着心地の良さや、ビジネスカジュアルにピッタリなデザインについてお伝えしました。ジャケットなのにお手頃な価格というのも魅力のひとつ。ぜひ、皆さんにも体感してほしいです!

■この記事の関連ページ
ユニクロ ジャケット・コート特集
ユニクロ ワンピース・サロペット特集

※本サイトは利用規約に同意の上、各自の責任と判断によりご利用ください。
※掲載内容(商品情報、価格、リンク、在庫状況を含む)は公開時点のものであり、ご利用時と異なる場合があります。
※掲載画像に含まれるアイテムは、紹介しているアイテムと完全に同一ではない場合があります。

ライター紹介

KANA(エディター・ライター)

グルメ、旅行、恋愛、エンタメなど、生活を豊かにするさまざまなジャンルの編集・ライティングを手掛ける。現在、一番注目しているのは、レベルがどんどん上がっているプチプラアイテム。一番注力しているのは、遅すぎた肉体改造。

ライター紹介・ライター記事一覧