ユニクロのスポーツブラを、登山、ウォーキング、スキーで着用した感想レポート

ユニクロのスポーツブラを、登山、ウォーキング、スキーで着用した感想レポート

ジムに通っている友人から「ユニクロのスポーツブラが使える」と聞いて、試してみることにしました。登山、ウォーキング、スキー、ストレッチでそれぞれ着用してみた率直な感想と、それぞれのスポーツシーンで重視したいブラの条件をお伝えします。(文・tenko)

トップ画像のアイテム→「ワイヤレスブラ(アクティブ)セットアップ対象」

登山では、部分的な圧迫感や違和感がないかをチェック!

スポーツブラに求められる条件はいろいろあると思いますが、私が登山の際に重視しているのは、何より着けていて苦しくないこと、肩、脇、背中など部分的な圧迫感や違和感がないことです。私は登りが苦手で、「あと一歩、あと一歩」と頑張っている時に、ブラの肩紐が食い込んで痛いとか、背中のザックになんか当たるな、なんて思ったら、余計に辛くなってしまいます。

最初に着けた時は、思ったよりストレッチ感が強いなあと感じたのですが、歩き始めてからは不快な圧迫感は感じず、ザックに背中のクロス部分が当たって気になることもありませんでした。

縫い目のない仕様で肩、脇、背中に圧迫感や違和感なし。

縫い目のない仕様で肩、脇、背中に圧迫感や違和感なし。

画像のアイテム→「ワイヤレスブラ(アクティブ)セットアップ対象」

ウォーキングでは胸が揺れないか、洗濯がカンタンかどうかをチェック!

私は週に数回、夕食後にパートナーと一緒に1時間ほどウォーキングすることがあります。超早足で黙々と歩くので、胸が揺れて痛くならないホールド感が大事。また、連日歩くこともあるので、手洗いでさっと洗えてすぐ乾くことも重要

ユニクロのスポーツブラは、カップの部分が胸のカタチにそってピタッと張り付き、肩紐や背中の部分もストレッチ感があってカラダがキュッと締まる感じ。胸を平らに押しつぶすような感覚はないのに、左右の乳房は弾力性のあるカップでホールドされるので、早足で歩いても胸が上下に揺れることはありませんでした。

帰宅後、お風呂に入った時にさっと手洗いして、タオルでギュッと挟んで水気を吸い取り室内に干しておいたら、翌朝にはほぼ乾いていたのもよかったです。

揺れを抑えるカップで胸が痛くならない。

揺れを抑えるカップで胸が痛くならない。

画像のアイテム→「ワイヤレスブラ(アクティブ)セットアップ対象」

スキーでは肩紐が落ちないこと、汗でべたつかないことをチェック!

スキーをしている時に私が一番ストレスに感じるのは、ブラジャーの肩紐が落ちることです。私がなで肩だからなのか、スキーが常に下向きの運動だからなのかわかりませんが、普通のブラだと紐がずり落ちて不快な思いをすることが多々あります。それから、スキーは想像以上に汗をかくスポーツなので、汗をかいてもベタベタしないほうがいいですね。

私が着用したユニクロのスポーツブラは、肩紐がうしろでクロスするタイプ。滑った結果は、肩紐がまったくずり落ちないという点で◎。エアリズム素材を使用しているので、汗をかいてもベトつかず、アンダーバストに汗が溜まることもありませんでした。

汗の溜まりやすいみぞおちのあたりには、空気が抜ける穴が。

汗の溜まりやすいみぞおちのあたりには、空気が抜ける穴が。

画像のアイテム→「ワイヤレスブラ(アクティブ)セットアップ対象」

ジムやストレッチでは、動きやすさとズレにくさをチェック!

私がジムや自宅でストレッチをする時に重視したいのは、手を上げたり、カラダをそったり、ひねったりする動作にストレスがないことです。
ユニクロのスポーツブラは、着用して手を上げ下げしたり、カラダを伸ばしたりしてもブラがズレ上がったりせず、のびのびと運動できました。

キュートなカラーも。スポーツジムならトップスはこれだけでも大丈夫かも。

キュートなカラーも。スポーツジムならトップスはこれだけでも大丈夫かも。

画像のアイテム→「ワイヤレスブラ(アクティブ)セットアップ対象」

ユニクロのスポーツブラを初めて使った私の着用感は、総じて◎でした。定価1990円という価格も、何枚もスポーツブラが必要な私にとって魅力的です。みなさんのブラ選びの参考になれば幸いです。

■この記事の関連ページ
ユニクロ ワイヤレスブラ特集

※本サイトは利用規約に同意の上、各自の責任と判断によりご利用ください。
※掲載内容(商品情報、価格、リンク、在庫状況を含む)は公開時点のものであり、ご利用時と異なる場合があります。
※掲載画像に含まれるアイテムは、紹介しているアイテムと完全に同一ではない場合があります。

ライター紹介

tenko(制作ディレクター、ライター)

情報出版社勤務を経てライターに。求人やブライダル広告の企画、制作ディレクション、ライティングを手がけながら、週末は八ヶ岳のログハウスで野菜作り。スキー、登山、テニス、旅行、街道歩き、落語、茶道と趣味の世界が広がる一方で困っています。

ライター紹介・ライター記事一覧