ネイビーコーデを上品に、かつ地味に見せない色合わせのコツ

ネイビーコーデを上品に、かつ地味に見せない色合わせのコツ

きちんと感のあるネイビーは使いやすいカラーですが、アイテムによっては地味な着こなしになってしまうことも。そこでネイビーがさらにおしゃれに見える色の組み合わせをトップス、ボトムスに分けてご紹介!定番色のネイビーをおしゃれに着こなしてコーデの幅を広げましょう。(文・百田なつき)

トップ画像のコーデができるアイテム→「UVカットスーピマコットンクルーネックカーディガン(長袖)」
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

トップス編

ネイビー×ブルーで大人なグラデーションコーデ

デニムなどに代表されるブルーとネイビーの組み合わせ。きちんと感のあるネイビーなので、デニムと合わせてもカジュアルになりすぎず、大人っぽい印象にまとまります。爽やかな雰囲気にもなるので、春夏のコーデにもおすすめです。

ネイビーのカーディガンを肩掛けして、大人めに。

ネイビーのカーディガンを肩掛けして、大人めに。

このコーデができるアイテム→「UVカットスーピマコットンVネックカーディガン(長袖)」
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

濃いめのデニムと合わせてワントーンにまとめるのもおしゃれ。

濃いめのデニムと合わせてワントーンにまとめるのもおしゃれ。

このコーデができるアイテム→「UVカットスーピマコットンクルーネックカーディガン(長袖)」
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

白Tをプラスするとさらに爽やかさがアップ。

白Tをプラスするとさらに爽やかさがアップ。

このコーデができるアイテム→「UVカットスーピマコットンクルーネックカーディガン(長袖)」
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

ネイビー×ピンクで程よい甘さのあるコーデに

スウィートなピンクやラベンダーとも相性がいいネイビー。ピンクのワンピースやスカートなどの愛らしいアイテムも、ネイビーのトップスと合わせることで甘さが控えめになり、品よく見えます。スウィートなアイテムは着たいけど、バランスよくまとめたい時に使える組み合わせです。

ネイビーのカーディガンをプラスしてピンクの甘めワンピースをエレガントに。

ネイビーのカーディガンをプラスしてピンクの甘めワンピースをエレガントに。

このコーデができるアイテム→「UVカットスーピマコットンクルーネックカーディガン(長袖)」
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

シンプルなネイビーのTシャツがピンクのスカートを甘くなりすぎないように調整してくれます。

シンプルなネイビーのTシャツがピンクのスカートを甘くなりすぎないように調整してくれます。

このコーデができるアイテム→「リブクルーネックT(半袖)」
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

優しいラベンダーカラーと合わせると上品な印象に。

優しいラベンダーカラーと合わせると上品な印象に。

ネイビー×アースカラーでシックにまとめる

カーキやベージュなどのアースカラーとネイビーの組み合わせは大人シックにまとまります。地味になりすぎないように、Vネックやアンクル丈のパンツなど抜け感のあるアイテムを合わせると、旬なコーディネートに決まります。

カーキのパンツと合わせて大人カジュアルに。

カーキのパンツと合わせて大人カジュアルに。

ベージュのパンツと合わせて落ち着いた大人のコーデに。

ベージュのパンツと合わせて落ち着いた大人のコーデに。

このコーデができるアイテム→「レーヨンブラウス」
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

パンプスをプラスすることで、カジュアルすぎない印象に。

パンプスをプラスすることで、カジュアルすぎない印象に。

ボトムス編

ネイビー×白トップスの王道コーデは素材感をポイントに着こなす

爽やかな白のトップスとネイビーは品よくまとまる王道のコーデ。オフィスにももちろんOK。ネイビーのボトムスをワイドパンツにするなどリラックス感のあるアイテムと組み合わせると、真面目すぎない大人の着こなしに。白のトップスも柔らかなレース素材やブラウスを選ぶと、ネイビーと合わせても華やかな雰囲気にまとまります。

カジュアル感のある白トップスと合わせて、抜け感のあるコーデを。

カジュアル感のある白トップスと合わせて、抜け感のあるコーデを。

このコーデができるアイテム→「EZYタックアンクルパンツ(丈標準64~66cm)
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

ネイビーのワイドパンツ×柔らかな白ニットで大人のラフ感を演出。

ネイビーのワイドパンツ×柔らかな白ニットで大人のラフ感を演出。

このコーデができるアイテム→「ベルテッドリネンコットンワイドストレートパンツ(丈長め73cm)」
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

ふんわりブラウス×ネイビーのワイドパンツできれいめに。

ふんわりブラウス×ネイビーのワイドパンツできれいめに。

このコーデができるアイテム→「ハイウエストチノワイドストレートパンツ(丈標準69~71cm)」
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

ネイビー×赤は白をさらにプラスしてトリコロールに

赤は華やかなカラーだけに合わせ方が難しい場合も。ベーシックカラーの黒や白と合わせるとメリハリ感が出すぎてしまいがちですが、ネイビーとなら程よく赤を受けとめてコーディネートのポイントになる組み合わせに。白をプラスすればトリコロールの配色となり、よりおしゃれ度もアップします。

赤のボーダーでさりげないトリコロールコーデを。

赤のボーダーでさりげないトリコロールコーデを。

このコーデができるアイテム→「ハイウエストチノワイドストレートパンツ(丈標準69~71cm)」
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

白のスニーカーを組み合わせてトリコロールコーデを完成。

白のスニーカーを組み合わせてトリコロールコーデを完成。

このコーデができるアイテム→「EZYアンクルパンツ(ウールライク・丈標準65~71cm)」
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

ネイビー×イエローでメリハリコーデ

発色の強いイエローはネイビーと合わせることで、派手になりすぎず、爽やかな印象に。コーディネートにメリハリが出るので、立体的な着こなしを実現。またイエローは差し色としても使えるのでコーディネートのアクセントになります。

ネイビーのタイトスカートはイエローのトップスと合わせてカジュアルダウン。

ネイビーのタイトスカートはイエローのトップスと合わせてカジュアルダウン。

イエローのストールをプラスしてネイビーコーデの差し色に。

イエローのストールをプラスしてネイビーコーデの差し色に。

このコーデができるアイテム→「ハイライズワイドストレートジーンズ」
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

ネイビー×グレーでスタイリッシュに決める

落ち着いたカラーのグレーとネイビーは、きちんと感をキープしつつ、スタイリッシュな雰囲気にまとまりやすい組み合わせです。地味な印象にならないように、トップスをオーバーシルエットのものにしたり、リネンパンツでラフに着こなしたりなどトレンドを取り入れると、モードな着こなしに。

ラフにグレーのコートを羽織ってスタイリッシュに。

ラフにグレーのコートを羽織ってスタイリッシュに。

このコーデができるアイテム→「ベルテッドリネンコットンワイドストレートパンツ(丈標準66~68cm)」
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

白シャツを合わせれば地味になりすぎない。

白シャツを合わせれば地味になりすぎない。

黒ほどフォーマル感は薄まりますが、どんなカラーでも受けとめてくれるネイビーはトップス、ボトムスとも使いやすいカラー。赤やピンク、イエローなど華やかなカラーとも相性がいいので、カラーコーディネートが苦手な人にもおすすめです。

■この記事の関連ページ
ユニクロ Tシャツ特集
ユニクロ ワイドパンツ特集

このコーデができるアイテム→「ハイウエストワイドストレートパンツ(インディゴ・丈標準69~71cm)」
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

※本サイトは利用規約に同意の上、各自の責任と判断によりご利用ください。
※掲載内容(商品情報、価格、リンク、在庫状況を含む)は公開時点のものであり、ご利用時と異なる場合があります。
※掲載画像に含まれるアイテムは、紹介しているアイテムと完全に同一ではない場合があります。

ライター紹介

百田なつき(エディター/ライター)

インテリア誌、通販誌、結婚情報誌、カタログなどの編集デスクを歴任。現在は大人の女性向けのファッション、ライフスタイルの書籍の編集・ライティングを多く手掛けている。

ライター紹介・ライター記事一覧