自転車・サイクリングウェアに使えるユニクロのアイテム(冬・トップス編)

自転車・サイクリングウェアに使えるユニクロのアイテム(冬・トップス編)

これまで世界1万km以上を自転車で旅してきました。色んなウェアを着てきましたが、街乗りや通勤で自転車に乗る際はユニクロのアイテムを愛用しています。前回は、自転車乗りにおすすめの冬用パンツをご紹介しました。今回は、冬のトップス編です。(文・中村洋太)

運動にも普段着にも使える万能ウェア

「ドライストレッチフルジップパーカ」。

画像のアイテム→「ドライストレッチフルジップパーカ」

今冬気に入っているのが、ドライ機能とストレッチ性を併せ持つ、「ドライストレッチフルジップパーカ」。

汗をかいても乾きやすいのが選んだ最大のポイント。自転車で腕を伸ばすときも窮屈さがなく、着心地が良いです。

また、カジュアルなデザインなのでスポーツにも日常にも、どちらでも違和感なく着られます。なので、自転車に乗らない日もよく着用しています。

インナーは最も汗が気になるアイテムなので、速乾性が重要です。

個人的には「エアリズムクルーネックT(長袖)」がおすすめ。エアリズム特有のなめらかな肌ざわりがあり、速乾性もあるのでサイクリングのインナーとしても優れています。

汗をかいてもサラッと快適に過ごせます。

汗をかいてもサラッと快適に過ごせます。

画像のアイテム→「エアリズムクルーネックT(長袖)」

防風・防水でコスパ抜群の「ブロックテックパーカ」

防風・防水でコスパ抜群の「ブロックテックパーカ」

しかし、当然「ドライストレッチフルジップパーカ」だけでは冬の寒さに耐えきれません。上に何か着る必要があります。それが今回の記事でいちばん紹介したかった「ブロックテックパーカ」です。ハッキリ言って、これは本当に優れもの。

数年前に初めて登場したとき、その機能性と価格に驚きました。というのも、冬のサイクリングで最も辛いのが、風の冷たさ。そこで防風機能のあるジャケットを探すことになるのですが、アウトドアブランドやサイクルウェアブランドの商品は1〜3万円というのがだいたいの相場です。

その点、ブロックテックパーカは定価5,990円。それでいて防水防風機能があり、ストレッチ性とフィット感にも優れています。さらに今季は、自転車に乗ったり、つり革につかまったり、腕を前に出す動きが楽になるように袖形状がアップデートされたそう。

ブロックテックパーカ

実際に使ってみて、本当に動きやすいですし、シルエットも気に入っています。個人的にはカラーバリエーションが多いのも魅力的で、お店で本当に悩んでしまいました。せっかくなので個性的なカラーを選ぼうと、オレンジを選択。暗めの服で自転車に乗っていると夜道で気付かれづらいので、事故のリスクを減らすためにも、なるべく明るめの色や蛍光色を選択するといいでしょう。

画像のアイテム→「ブロックテックパーカ」

より汗をかく日は、「ドライEX」で

より汗をかく日は、「ドライEX」で

また、春が近づき、少し暖かくなってきたときに使いたいのが、「ドライEXフルジップパーカ」。

「ドライEX」は速乾性に優れ、「ドライストレッチフルジップパーカ」に比べてさらにスポーツ向き。抗菌防臭機能もプラスされているそうです。

とても軽く、コンパクトになるので、春夏でも羽織りものとして重宝しそう。私が着用しているのはグラデーションの効いたややスポーティーなデザインですが、単色のブラック、グレー、ブルーなどもあります。人との打ち合わせなどで気になる際は、そのような落ち着いた色合いのものを選ぶか、「ドライストレッチフルジップパーカ」をセレクトするのがいいかもしれません。

画像のアイテム→「ドライEXフルジップパーカ」

■この記事の関連ページ
ユニクロ アクティブ特集
ユニクロ ブロックテック特集

※本サイトは利用規約に同意の上、各自の責任と判断によりご利用ください。
※掲載内容(商品情報、価格、リンク、在庫状況を含む)は公開時点のものであり、ご利用時と異なる場合があります。
※掲載画像に含まれるアイテムは、紹介しているアイテムと完全に同一ではない場合があります。

ライター紹介

中村洋太(ライター)

旅行情報誌の編集とツアーコンダクターを経て、プロライターとして独立。これまでに自転車で西ヨーロッパ一周、アメリカ西海岸縦断、台湾一周を達成したほか、東海道五十三次600km徒歩の旅も。現在はビジネスメディア「BizTERRACEマガジン」の副編集長も兼務。

ライター紹介・ライター記事一覧