春先の気温別・キッズおすすめ通学羽織り物は?天気予報を要チェック!

春先の気温別・キッズおすすめ通学羽織り物は?天気予報を要チェック!
出典 : (Rawpixel.com/Shutterstock.com)

暖かくなってきたと思いきや、急に冷える日もある春先。通学時に子どもに着せるものを悩んでしまう親御さんも多いのではないでしょうか。私自身の経験もふまえて、通学時の羽織り物について、選び方のポイントをご紹介します。(文・maimochi)

気象庁や日本気象協会の発信する情報とは

春が来ると明るめの色や薄手のものをチェックしたくなってしまう筆者ですが、まだまだ寒く感じる日も多いです。そこで毎日しっかり確認したいのが、各機関から提供されている気象情報。一般的に発表されている気象情報とはどんなものか、改めておさらいしてみましょう。

◆気象庁
「天気予報」
一般に天気予報と呼ばれる情報の正式名称は「府県天気予報」といい、それを地域ごとに細分化した単位で、毎日5時、11時、17時に気象庁から発表しているそう。内容は、天気、降水確率、最高気温、最低気温、風向と風速などがあります。通学時間帯の天気、降水確率はもちろん、風速なども参考に。

◆日本気象協会
日本気象協会は、気象業務を行う内閣府所管の一般財団法人で、テレビ・ラジオなどへの気象情報の解説や提供を行っています。天気予報はもとよりさまざまな指数を発表しているので、通学に着せるものの参考になります。どの指数も5段階評価でシンプルにわかりやすいのが特徴で、下記で紹介するもの以外にも「のど飴指数」や「鍋物指数」などオリジナリティあふれる指数を発表しています。

「服装指数」
朝晩や日中の予想気温からどんな服装が適しているか提案する指数で、アイコンがダウンジャケット、長袖ジャンパー、長袖Tシャツ、半袖Tシャツ、タンクトップと、パッとみてわかりやすいので、朝の忙しい時間にも活用しやすそうです。春は長袖ジャンパーを着せるのか、長袖Tシャツでよいのか迷うところなので、参考にしてみたい指数です。

「紫外線指数」
紫外線指数は、人体に影響を与える有害紫外線量を計算し、紫外線の強さをランクで表しているそう。紫外線が強い日は、UV加工のある羽織りものを着せるなど、的確にアウターを選べそうですね。

小学校に慣れない新入生は、とくに快適に過ごせるよう服装には気を遣ってあげたいものです。

小学校に慣れない新入生は、とくに快適に過ごせるよう服装には気を遣ってあげたいものです。
(Sergio Yoneda/Shutterstock.com)

少し肌寒さを感じる日(12度〜14度)

12度〜14度前後は、薄手のブルゾンやジャンパー、スプリングコートを着せていくとよいでしょう。昼間は気温が上がって暑く感じることもあるので、インナーもカーディガンなどで調整できるコーディネートだと安心ですね。
子どもはアウターが大きすぎても、小さすぎても着るのを嫌がる傾向にあるように感じます。アウターは、動きやすさ、着脱のしやすさからも、ジャストサイズを選んであげたほうがよいと思います。

強風の日や、11度を下回る場合は、冬物のコートを着せるのをオススメします。

色も春らしく、ナイロン素材で多少の雨なら弾いてくれる撥水加工がうれしいトレンチコート。

色も春らしく、ナイロン素材で多少の雨なら弾いてくれる撥水加工がうれしいトレンチコート。

画像のアイテム→「GIRLS トレンチコート」

一枚羽織っておくと過ごしやすい日(15度〜19度)

15度〜19度と、少し冷えている朝の通学にはパーカなどの軽めの羽織り物をオススメします。日中気温が上がってきたり、校庭で走り回って遊んだ時は脱いで温度調節できるものを。

動きやすく汗が乾きやすい素材のパーカは、春先~夏まで重宝!

動きやすく汗が乾きやすい素材のパーカは、春先~夏まで重宝!

画像のアイテム→「KIDS ドライストレッチスウェットパーカ(長袖)セットアップ対象」

着ない場合はランドセルにしまえるほど小さく折り畳めるのがうれしいパーカ。

着ない場合はランドセルにしまえるほど小さく折り畳めるのがうれしいパーカ。

画像のアイテム→「KIDS ポケッタブルパーカ」

雨も風も通しにくい特殊なポリエステル100%のパーカ。朝だけは風が冷たいこともあるので、薄くても風を通さない素材のものは重宝しそうです。

雨も風も通しにくい特殊なポリエステル100%のパーカ。朝だけは風が冷たいこともあるので、薄くても風を通さない素材のものは重宝しそうです。

画像のアイテム→「KIDS ブロックテックパーカ」

春の陽気を感じる日(20度〜24度)

20度を超えると天気予報では「春本番の陽気」などと表現するそう。紫外線にも気をつけてあげましょう。通学の際には、長袖シャツの前ボタンを開けて羽織り物がわりにしたり、カーディガンを羽織っていくのがよいでしょう。インナーには、薄手の長袖Tシャツなど、学校に着いて羽織り物を脱いでも快適に過ごせるようなトップスを選んであげると良いですね。

冬の間は前を留めてトップスとして使っていた長袖シャツ、春は羽織り物としても使えて便利です。

冬の間は前を留めてトップスとして使っていた長袖シャツ、春は羽織り物としても使えて便利です。

画像のアイテム→「KIDS コットンローンシャツ(長袖)」

日差しから肌を守ってくれるUV加工のカーディガン。シンプルな形なのでコーディネートしやすいのもうれしいです。

日差しから肌を守ってくれるUV加工のカーディガン。シンプルな形なのでコーディネートしやすいのもうれしいです。

画像のアイテム→「GIRLS UVカットクルーネックカーディガン(長袖)」

春は、「春霞」「春雨」「花曇り」「花冷え」など天気に関する季語をたくさん見つけることができます。それだけ天気が変わりやすいということの表れでもあるので、気象情報は要チェックですね。子どもの羽織り物のセレクトを通じて、風邪予防や快適な通学ができるように心掛けてあげたいものです。

■この記事の関連ページ
ユニクロ KIDS ジャケット・コート 特集
ユニクロ KIDS トップス 特集

※本サイトは利用規約に同意の上、各自の責任と判断によりご利用ください。
※掲載内容(商品情報、価格、リンク、在庫状況を含む)は公開時点のものであり、ご利用時と異なる場合があります。
※掲載画像に含まれるアイテムは、紹介しているアイテムと完全に同一ではない場合があります。

ライター紹介

maimochi(ライター)

結婚情報誌で約10年間の勤務後、出産を経てフリーランスのライターとして、主にベビー、キッズ、マタニティやブライダルの分野で執筆中。6年生の野球男子と5歳のおしゃまな女子に囲まれて賑やかすぎる毎日を送っています。

ライター紹介・ライター記事一覧