生足は寒いけど春らしさは欲しい!時に便利なレギンス術 

生足は寒いけど春らしさは欲しい!時に便利なレギンス術 

ワンピースや短めのスカート、パンツなど、春らしい軽やかなコーディネートにシフトしていきたいけれど、実際は3月も4月もまだ寒い!そこで、暖かさと軽やかさを両立できる、レギンスを活用したコーデ術をご紹介します。(文・KANA)

春らしいアイテムと合わせて“暖かさ”をプラス

シャツワンピースや花柄のワンピース、プリーツスカートやチュールスカートなど、春先から先取りしたいアイテムも、素足やストッキングではまだ寒々しく、タイツだと重さが出てしまうことも。そんな春アイテムと相性バッチリなのがレギンス。

明るさや軽さのイメージを損なわず、厚手の素材で下半身をしっかり暖め、体感も見た目にも寒々しさがない。それがレギンスならではのよさなのです。

【レギンス+シャツワンピース】 1枚で軽やかに着られるシャツワンピース。とくに薄手で明るめの色のシャツワンピースは、どっしりパンツを合わせるより、すっきりとレギンスを合わせる方が軽やかさを損ないません。やさしいライトグレーがいいですね。

【レギンス+シャツワンピース】
1枚で軽やかに着られるシャツワンピース。とくに薄手で明るめの色のシャツワンピースは、どっしりパンツを合わせるより、すっきりとレギンスを合わせる方が軽やかさを損ないません。やさしいライトグレーがいいですね。

このコーデができるアイテム→「リブメロウレギンス(12分丈)」
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

【レギンス+花柄ワンピース】 黒の花柄ワンピースに黒の14分丈レギンスを合わせ、縦長効果を発揮。タイツではなく足元に肌が見えるレギンスを合わせることで春らしさを演出。

【レギンス+花柄ワンピース】
黒の花柄ワンピースに黒の14分丈レギンスを合わせ、縦長効果を発揮。タイツではなく足元に肌が見えるレギンスを合わせることで春らしさを演出。

このコーデができるアイテム→「ヒートテックニットレギンス(リブ・14分丈)」
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

【レギンス+プリーツスカート】 ゆらゆら揺れるプリーツスカートと10分丈レギンスとの組み合わせ。清楚な雰囲気の真っ白なプリーツスカートをあえてカジュアルな着こなしに。

【レギンス+プリーツスカート】
ゆらゆら揺れるプリーツスカートと10分丈レギンスとの組み合わせ。清楚な雰囲気の真っ白なプリーツスカートをあえてカジュアルな着こなしに。

このコーデができるアイテム→「リブメロウレギンス(12分丈)」
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

【レギンス+チュールスカート】 ふわっと揺れるチュールスカートとも好相性。軽さを損なわないよう足首が見える10分丈で、淡い色のパンプスも春らしさをアップ。

【レギンス+チュールスカート】
ふわっと揺れるチュールスカートとも好相性。軽さを損なわないよう足首が見える10分丈で、淡い色のパンプスも春らしさをアップ。

このコーデができるアイテム→「レギンス(10分丈)」
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

足元に“素肌感”のアクセント

レギンスとタイツの大きな違いは、足元にちらっと素肌を見せられること。小さな面積ですが、これがあるとないとでは意外にも全身コーデの印象が変わるのです。

足首からしっかり見せる10分丈はもちろん、暖かさを感じさせ、くしゅっと感も楽しめる12分丈、14分丈もおすすめです。

モノトーンを基調としたシンプルなコーデの中で、足元に覗く素肌がポイントに。

モノトーンを基調としたシンプルなコーデの中で、足元に覗く素肌がポイントに。

このコーデができるアイテム→「ヒートテックニットレギンス(リブ・14分丈)」
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

スカートと黒のレギンスで下半身をキュッとタイトに締め、足首はしっかり出すことで華奢見えも。足元の明るい素肌に加え、エネルギッシュなイエローのハイヒールが印象的。

スカートと黒のレギンスで下半身をキュッとタイトに締め、足首はしっかり出すことで華奢見えも。足元の明るい素肌に加え、エネルギッシュなイエローのハイヒールが印象的。

このコーデができるアイテム→「レギンス(10分丈)」
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

黒×グリーンの、シックでダークなトーンのスタイリング。黒のレギンスが全体の統一感を守りながら、手首と足首を見せることで軽さを出しています。

黒×グリーンの、シックでダークなトーンのスタイリング。黒のレギンスが全体の統一感を守りながら、手首と足首を見せることで軽さを出しています。

このコーデができるアイテム→「リブメロウレギンス(12分丈)」
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

やわらかなカラーが“春らしさ”をアップ

春コーデに明るくやわらかなカラーのレギンスを追加することで、さらに春らしさをアップ。グレーやベージュはさまざまなカラーと相性がよく、スタイリングの邪魔をせずにさりげなく明るさをプラスしてくれる優秀カラーです。

【ベイカーパンツ×ベージュレギンス】 白×ブルーのボーダー、カーキのベイカーパンツ、赤いパンプスというカジュアルスタイルにさりげなくベージュのレギンスを合わせることでやわらかさと小技感をプラス。写真のようにベイカーパンツの裾をロールアップすることでますます足元がポイントになります。

【ベイカーパンツ×ベージュレギンス】
白×ブルーのボーダー、カーキのベイカーパンツ、赤いパンプスというカジュアルスタイルにさりげなくレギンスを合わせることでやわらかさと小技感をプラス。写真のようにベイカーパンツの裾をロールアップすることでますます足元がポイントになります。

このコーデができるアイテム→「ヒートテックニットレギンス(リブ・14分丈)」
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

【トレンチコート×ライトグレーレギンス】 ちょっと濃いブラウンのトレンチコートは一見暗めの印象になりがち。同系のベージュではなく、あえてライトグレーを合わせることで春らしいインパクトをプラス。

【トレンチコート×ライトグレーレギンス】
ちょっと濃いブラウンのトレンチコートは一見暗めの印象になりがち。同系のベージュではなく、あえてライトグレーを合わせることで春らしいインパクトをプラス。

このコーデができるアイテム→「ヒートテックニットレギンス(リブ・14分丈)」
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

【ベージュのフレアスカート×グレーレギンス】 白×ベージュにグレーを追加し、やわらかなカラーの組み合わせでやさしい雰囲気を醸します。

【ベージュのフレアスカート×グレーレギンス】
白×ベージュにグレーを追加し、やわらかなカラーの組み合わせでやさしい雰囲気を醸します。

このコーデができるアイテム→「ヒートテックニットレギンス(リブ・14分丈)」
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

いつものコーデのマンネリを崩す

トップス、ボトムス、シューズともにベーシックなアイテムを組み合わせる時に、インパクトに欠けるマンネリコーデにならないよう活躍するのがレギンス。いつもはストッキングやタイツを組み合わせるところを、レギンスに変えるだけでちょっぴり印象が変わります。

【他のアイテムと同系のカラーを追加】 カットソー×パンツのシンプルな組み合わせに、トップスとカラーを合わせたレギンスを追加することでこだわり感が出ます。

【他のアイテムと同系のカラーを追加】
カットソー×パンツのシンプルな組み合わせに、トップスとカラーを合わせたレギンスを追加することでこだわり感が出ます。

このコーデができるアイテム→「ヒートテックニットレギンス(メランジ・14分丈)」
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

【存在感のあるレギンスをチョイス】 厚手で質感に特徴のあるレギンスを選ぶことで、レギンス自体をコーデの大きなポイントにするのも手。写真はパンツのような存在感を発揮するワッフルレギンス。ざっくり深めスリットのスカートと合わせることでさらにその存在感が際立っています。

【存在感のあるレギンスをチョイス】
厚手で質感に特徴のあるレギンスを選ぶことで、レギンス自体をコーデの大きなポイントにするのも手。写真はパンツのような存在感を発揮するワッフルレギンス。ざっくり深めスリットのスカートと合わせることでさらにその存在感が際立っています。

このコーデができるアイテム→「ワッフルレギンス(10分丈)」
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

厚手でさらっとしたはきごこちもクセになります。

厚手でさらっとしたはきごこちもクセになります。

画像のアイテム→「ワッフルレギンス(10分丈)」

桜が咲いてもまだまだ肌寒い日が残る春。お花見に、春のレジャーに、レギンスを上手に使って、春らしくてしっかり暖かいコーデを目指しましょう!

■この記事の関連ページ
ユニクロ レギンス・タイツ・ソックス特集

※本サイトは利用規約に同意の上、各自の責任と判断によりご利用ください。
※掲載内容(商品情報、価格、リンク、在庫状況を含む)は公開時点のものであり、ご利用時と異なる場合があります。
※掲載画像に含まれるアイテムは、紹介しているアイテムと完全に同一ではない場合があります。

ライター紹介

KANA(エディター・ライター)

グルメ、旅行、恋愛、エンタメなど、生活を豊かにするさまざまなジャンルの編集・ライティングを手掛ける。現在、一番注目しているのは、レベルがどんどん上がっているプチプラアイテム。一番注力しているのは、遅すぎた肉体改造。

ライター紹介・ライター記事一覧