復活!あのユニクロの傘がさらにパワーアップ!

復活!あのユニクロの傘がさらにパワーアップ!
出典 : (Viktor Gladkov /Shutterstock.com)

急な雨で何度もビニール傘を買う羽目になり、おかげで自宅の玄関はビニール傘で占領される…。これに嫌気がさした私は、最近では朝晴れていても折りたたみ傘を常備するようにしています。そんな持ち歩きに最適な、コンパクトで高機能な傘がユニクロから復活登場!その魅力を探りました。(文・今野珠美)

握力の弱い私の手にもしっくりなじむソフトなハンドル

私が折りたたみ傘をさしていて、不満なのは持ち手。私物の折りたたみ傘はコンパクトにできているせいか、小さくて持ちにくいものもあり、そのせいかさしていてもグラついてしまうことが多いような気がします。特に荷物が多い時に、傘が手から滑り落ちて、イライラする経験もしばしば。ユニクロの傘は手にしてみると、持ち手部分にある程度大きさがあり、かつ柔軟性のある素材感!手にしっくりなじんで、安定性もアップしそうです。

安定感のある持ち手なら雨の日の外歩きも快適に。

安定感のある持ち手なら雨の日の外歩きも快適に。

画像のアイテム→「コンパクトアンブレラ」

失くすと困る!収納袋にも紛失防止の工夫が!

私はよく傘の収納袋を紛失してしまいがちなのですが、こちらもどうにかならないかと思っていたら、この傘には収納袋紛失防止の着脱式のストラップがついてました!収納袋は失くすとなかなか不便なことが多いのです。電車やバスの中で、傘をたたんで入れておくためにも必要ですが、以前、袋がないまま傘をバッグに入れたところ、骨の先端が一緒に入れていたストールに引っかかり、破けてしまったことも。収納袋の重要性を痛感した出来事です。傘につけられるのであれば、失くす心配もありませんね!

雨がやんだら、たたんで収納袋に入れればコンパクトに。

雨がやんだら、たたんで収納袋に入れればコンパクトに。

画像のアイテム→「コンパクトアンブレラ」

折りたたみ傘の弱点“強風”にも負けない!

折りたたみ傘を使っていると、強い風が吹くとあおられて“おちょこ”状態になってしまい、傘としての役割を果たさなくなってしまうことがよくあります。このユニクロの傘の特長は、“傘の軸が回転し、それにより風を受け流し、折れにくい構造になっていること”なんだそうです。強風を伴うゲリラ豪雨が多い時期は、風対策にもなるので大いに期待できる利点です!

強い風が吹くとあおられて、折れてしまうことが折りたたみ傘に対する不満でした。

強い風が吹くとあおられて、折れてしまうことが折りたたみ傘に対する不満でした。
(Jaromir Chalabala/Shutterstock.com)

変形しにくいアルミ合金製で強風にも対応。

変形しにくいアルミ合金製で強風にも対応。

画像のアイテム→「コンパクトアンブレラ」

コンパクトでバッグの中でも邪魔にならない、そして雨風もしっかりガードしてくれる機能性も兼ね備えたユニクロの折りたたみ傘。突然の豪雨に備えて、携帯しておくのにぴったりの一品。カラーもベーシックな黒、ネイビー、カーキで使いやすいのもポイントです。

■この記事の関連ページ
ユニクロ MEN 帽子・手袋・サングラス・その他特集

※本サイトは利用規約に同意の上、各自の責任と判断によりご利用ください。
※掲載内容(商品情報、価格、リンク、在庫状況を含む)は公開時点のものであり、ご利用時と異なる場合があります。
※掲載画像に含まれるアイテムは、紹介しているアイテムと完全に同一ではない場合があります。

ライター紹介

今野珠美(エディター・ライター)

出版社勤務後フリーランスの編集・ライターとして、女性誌を中心に活動。出産を機にベビー・キッズ・マタニティの分野に活動の場を広げる。子育て経験とファッションの知識を生かした記事が得意です。

ライター紹介・ライター記事一覧