冬の戌の日のお参りは暖かい服装で乗り切る!

冬の戌の日のお参りは暖かい服装で乗り切る!
出典 : Nanako Yamanaka/Shutterstock.com

妊娠5カ月に入ったら、戌の日に安産祈願に行く人も多いですよね。神社は吹きさらしのところが多く、冬はご祈祷の待ち時間にけっこう冷えてしまいます。お腹に優しく、冷えから守ってくれる服装で出かけましょう。(文・百田なつき)

戌の日に服装の規定はないので、暖かな服装を心掛けて

戌の日とは、妊娠5カ月目となる月の最初の戌の日に、妊婦さんが腹帯を巻いて安産祈願する儀式です。

<戌の日についての基礎知識>
●なぜ戌の日なのか?
日本の暦には十二支があてられていて、戌の日は12日に一度めぐってきます。犬は多産でお産が軽いといわれていて、それにあやかって戌の日に安産祈願するようになりました。

●必要なものは?
初穂料5000円~1万円程度。寺社や授与品によって異なるので、出かける前にホームページなどでチェックしましょう。

●腹帯はどうするの?
腹帯は申し込めばご祈祷後に授与される寺社が多いです。また、自分で持参してもOKですが、事前にご祈祷の手順など寺社のホームページで確認しておきましょう。

●誰と一緒に行く?
特に決まりはありません。夫婦だけの場合や家族で行くなどさまざまです。ただし混み合っている戌の日は、付き添いの人は昇殿できない場合があるので注意しましょう。

●戌の日でもなくてもOK?
安産祈願はいつでも受け付けているので、受付時間内であれば戌の日でなくてもご祈祷いただけます。詳細は事前に確認しておきましょう。


戌の日にお参りに行く時は特に服装の決まりはないので、妊婦さんにとって着こなしやすいものでOK。ただし、混み合うと待ち時間も長くなるので、特に冬は暖かな服装を心掛けましょう。5カ月になるとお腹が膨らんでくる人も多いので、ストレッチ性のあるマタニティジーンズなら、お腹もカバーしつつ戌の日のお出かけにも動きやすいです。また、きれいめスタイルを目指すなら、マタニティレギンスもすっきりしたシルエットになり、お腹のカバーと美脚を両立してくれます。

ストレッチ性があり、むくみがちな時期でもすっきりはけるマタニティジーンズ。

ストレッチ性があり、むくみがちな時期でもすっきりはけるマタニティジーンズ。

画像の着用アイテムを見る→

きれいめに決まるマタニティレギンスパンツもおすすめ。

きれいめに決まるマタニティレギンスパンツもおすすめ。

画像の着用アイテムを見る→

スカートやワンピースならトレンドのレギンスをプラスして下半身は暖かく。

スカートやワンピースならトレンドのレギンスをプラスして下半身は暖かく。

足元の冷えにはあったかレッグウェアを

冬のお参りの大敵といえば、足元の冷え。時間が経つにつれてどんどん冷えてきます。ヒートテック素材など暖かなアイテムでカバーしましょう。レギンスやタイツの足元にはレッグウェアをプラスすると冷えやすい足首をしっかり温めてくれます。もちろん着こなしのアクセントになるのも嬉しいポイントです。デニムやパンツにはヒートテック素材の靴下を合わせて、つま先までガードしましょう。

保温効果のあるヒートテック素材がおすすめ。

保温効果のあるヒートテック素材がおすすめ。

可愛いデザインの靴下ならお参りに行く気持ちも上がるかも。

可愛いデザインの靴下ならお参りに行く気持ちも上がるかも。

インナーも暖かくストレスフリーなものを

妊婦さんに人気のブラトップですが、冬の戌の日はヒートテック素材のブラトップなど暖かいインナーで寒さ対策を。胸元の締め付け感も少なく着こなせて、しかも暖かいのでお出かけシーンにぴったり。1枚で着こなしが決まるから重ね着が好きではない人もすっきりコーディネートできます。また、お腹もすっぽり包んでくれるマタニティショーツなど、リラックスできるインナーを身に着けて出かけましょう。

ヒートテック素材で暖かく、妊娠中も楽に過ごせるブラキャミソール。

ヒートテック素材で暖かく、妊娠中も楽に過ごせるブラキャミソール。

お腹をすっぽり包むハイライズタイプ。

お腹をすっぽり包むハイライズタイプ。

アウターは防風対策のものを

冬の戌の日は気温も心配ですが、風の冷たさも妊婦さんにとっては大敵。混み合っていると祈祷の待ち時間、ずっと立っていなくてはならないこともあるのでアウターはなるべく風を通さないシームレスなどのものを羽織っていきましょう。またお尻も冷えてしまうので、ミドル丈やロング丈でしっかりカバーするのもポイントです。

風を通しにくく、軽くて暖かなシームレスダウンコート。

風を通しにくく、軽くて暖かなシームレスダウンコート。

画像の着用アイテムを見る→

戌の日は特に週末と重なるとすごく混み合う場合が多いです。冬は風が気になるので防風・防寒対策をして出かけましょう。足元の冷えにも気を配って、レッグウェアを上手に使ってカバーを。

■この記事に出てきたアイテム
マタニティウルトラストレッチジーンズ
マタニティレギンスパンツ
マタニティレギンス(10分丈)
ヒートテックソックス(ドット・2足組)
ヒートテックレッグウォーマー(フェアアイル)
ヒートテックブラキャミソール
マタニティショーツ(ハイライズ)
シームレスダウンショートコート

■この記事の関連ページ
ユニクロ マタニティ特集

※本サイトは利用規約に同意の上、各自の責任と判断によりご利用ください。
※掲載内容(商品情報、価格、リンク、在庫状況を含む)は公開時点のものであり、ご利用時と異なる場合があります。
※掲載画像に含まれるアイテムは、紹介しているアイテムと完全に同一ではない場合があります。

ライター紹介

百田なつき(エディター/ライター)

インテリア誌、通販誌、結婚情報誌、カタログなどの編集デスクを歴任。現在は大人の女性向けのファッション、ライフスタイルの書籍の編集・ライティングを多く手掛けている。

ライター紹介・ライター記事一覧