長距離フライトにおすすめ!飛行機内で楽ちんな服装~レディース編

長距離フライトにおすすめ!飛行機内で楽ちんな服装~レディース編
出典 : PhotonCatcher/Shutterstock

長距離の移動に便利な飛行機。しかし、何時間もかかるフライトは、体に大きな負担がかかってしまい、到着時には疲れ切ってしまうことも。今までに幾度となく飛行機に搭乗した私がおすすめする、少しでも快適に過ごせる搭乗時の服装を紹介します。(文・近藤あやこ)

機内での服装のポイント

特に長距離の移動で飛行機に乗る時は服装に気をつけないと、フライト中後悔する結果になるかもしれません。できれば搭乗前に快適に過ごせる服へ着替えることをおすすめします。服装選びのポイントは以下の2つです。

【締め付けのない服】
タイトな服は身動きがとりにくいため、なるべくゆったりした服装を心がけましょう。

【温度調整がしやすい服】
機内は必ずしもあなたにとって最適な温度ではないかもしれません。暑さや寒さを長時間我慢するのは、苦痛を伴うもの。どちらにも対応できるよう、着脱しやすい服を重ね着するのがおすすめです。

私の経験上、特に海外のエアラインは設定温度が低い場合が多いため、行き先が暑い地域であっても防寒具を持ち込みましょう。簡単に羽織れるストールなどもおすすめです。

動きやすいストレッチ素材を機内で。

動きやすいストレッチ素材を機内で。

画像のアイテム→「ウルトラストレッチパーカセット(長袖)」

畳めば枕やクッション代わりにもなるストール。

畳めば枕やクッション代わりにもなるストール。

画像のアイテム→「コットンリネンストール」

着脱で温度調節しやすいストールカーディガン。

着脱で温度調節しやすいストールカーディガン。

画像のアイテム→「エアリズムUVカットシームレスストールカーディガン」

機内でのおすすめの服装

締め付けのない服を選んでも、女性の場合、ブラジャーのワイヤーや締め付けで不快になることも。私自身、ノーブラで過ごせたら…と思ったことが何度もあります。

そこで役立ったのが、ブラトップワンピースでした。ブラトップは、「ブラを付けるストレスからの解放」と「ブラを付けているかのような安心感」を両立してくれる強い味方。また、ロングワンピースならウエスト部分の締め付けもなく、足元まで隠れるので冷え対策にも効果があるかもしれません。

ブラワンピースで機内の快適を実現!

ブラワンピースで機内の快適を実現!

画像のアイテム→「ロングブラワンピース(半袖)」

ボーダー柄も可愛い

ボーダー柄も可愛い

画像のアイテム→「ボーダーロングブラワンピース(半袖)」

その他の注意点

他にも、機内では以下の点に注意しましょう。

【足元はスリッパを用意しよう】
体だけでなく足先まで開放するためには、履いている靴とは別にスリッパやサンダルを用意するのがおすすめです。ファー素材のルームシューズなら、足元が冷えにくくなり快適に過ごせるかもしれません。

【むくみ対策をしよう】
座りっぱなしの機内では、足に水分が溜まり、むくんでしまうことが多いといいます。長時間同じ姿勢を続けると、静脈血が心臓に戻る筋ポンプ作用が鈍くなり、末梢に静脈血が溜まってしまうこともあるそうです。「靴が入らなくなった!」なんてトラブルも起こりやすいので、時々姿勢を変えましょう。

機内ではトイレ以外に立ち歩くことは少ないという方も多いですが、定期的にできるだけ歩くようにしましょう。スペースがあれば屈伸運動などを行うのもおすすめです。

ルームシューズで足元解放&防寒対策

ルームシューズで足元解放&防寒対策

画像のアイテム→「パイルルームバレエシューズ」

飛行機内での服装に関する注意点をまとめました。服装を変えるだけで驚くほど機内が快適になるので、ぜひ実践してみてくださいね。

■この記事の関連ページ
ユニクロ ルームウェア特集

※本サイトは利用規約に同意の上、各自の責任と判断によりご利用ください。
※掲載内容(商品情報、価格、リンク、在庫状況を含む)は公開時点のものであり、ご利用時と異なる場合があります。
※掲載画像に含まれるアイテムは、紹介しているアイテムと完全に同一ではない場合があります。

ライター紹介

近藤あやこ(ライター・編集)

大阪府出身。夫の転勤を契機に、旅行パンフレットの制作ディレクターからフリーライターへ転身。場所・時間にしばられない働き方を実践する。得意分野は旅行、金融、健康など。旅行が好きで、訪れた国は40カ国近くに及ぶ。

ライター紹介・ライター記事一覧