子供パジャマは寒い時期こそ寝汗対策! 

子供パジャマは寒い時期こそ寝汗対策! 
出典 : Hallgerd/Shutterstock.com

秋もめっきり深まる11月頃から春先までは、夜の気温もグッと下がります。子供を寝冷えさせないために、どんなパジャマを着せれば良いか迷う方も多いのでは?私の住んでいるエリアでは真冬に夜と早朝の気温が氷点下ということもよくあるので、私の経験も踏まえて、寒い時期の子供パジャマのおすすめを紹介します。(文・maimochi)

どの時期でも!?子供はやっぱり汗っかき

汗は汗腺という器官から分泌されます。個人差が大きいようですが、だいたい3歳頃までに汗腺の数はほぼ決まり、それ以降は大人になっても増えないそうです。つまり、同じ汗腺の数で比較すると、子供は体の表面積当たりの汗腺の密度が、大人に比べて高いということになります。子供が大人よりも汗っかきなのは、このような理由からだったのですね。

普段かく汗の役割の主なものは、体温調整です。気温が高くて暑いと感じた時や運動をした時に、汗をかいてそれが蒸発し、体の表面から熱を奪うことで、体の表面の温度が上昇するのを防いでくれているそう。寝ている時も座っている状態かそれ以上に汗をかくといわれていますが、暑い時期に限らず、寒い時期にも布団やパジャマのチョイスを間違えると、暑く感じてしまって汗をかいてしまいます。

子供と大人、身長や体重は大きく違っても汗腺の数が同じとは驚き。

(FamVeld /Shutterstock.com)
子供と大人、身長や体重は大きく違っても汗腺の数が同じとは驚き。

パジャマの着せすぎや布団の掛けすぎに注意

風邪をひかないようにと、暖かいパジャマの上にさらに毛布や布団や、暖かいシーツや…と、子供を思ってあれこれ対策したい気持ちはわかりますが、それでは逆効果ということも。着すぎ掛けすぎで子供は、寝汗をかいてしまい、寝汗が乾かずかえって冷えてしまいかねません。夜中に子供の布団を掛け直そうとした時、背中が寝汗でびっしょりになっていて焦ってしまった!なんてこともよくあります。
また、寝汗をかいたまま布団を蹴り飛ばし、寒い中寝ているのが最も冷えそうです。元気な子供であれば、寝返りをたくさんして寝相が悪いこともあります。小さな子供が、寝相が悪いのは、レム睡眠が多いからだそう。寝汗対策をしっかりしてあげるのが寝冷え回避の近道といえそうです。

暑くて最初は足だけにょっきり、その後は布団を蹴り飛ばすなんてことも。

(Morrowind /Shutterstock.com)
暑くて最初は足だけにょっきり、その後は布団を蹴り飛ばすなんてことも。

寒い時期のパジャマ寝汗対策はコットン100%インナー!

そもそも、パジャマの下にインナーを着せる必要があるのかと疑問に思う人もいると思いますが、寝汗・寝冷え問題を考えると、やはりパジャマの下にインナーを着せた方がいいでしょう。インナーは汗を吸い取り、お腹などが冷えるのも防いでくれます。

では、子供のパジャマのインナーとしては、どんな素材を着せるのが適しているのでしょうか。直接肌に触れるインナーの素材は大切です。私のおすすめは「コットン100%素材」のインナー。その理由は、汗をしっかり吸い取るから。そして、コットンは肌触りが優しく、ゴワツキが少ないので肌から感じるストレスが少ないと思うからです。しかも、コットンは濡れた時の方が強度が上がるので、洗濯にも強いのが特徴です。
コットン素材の中で私が選んだのは、ユニクロのコットンインナー。縫い目が少なく無駄に縫い目が肌と擦れないことと、2枚セットでコスパがいいから。寝る時には、パジャマの下にコットン100%素材のインナー、朝には着替えて暖かいインナーと、使い分けをするのもいいですね。

ピンクとホワイトが愛らしいユニクロコットン100%インナー。

ピンクとホワイトが愛らしいユニクロコットン100%インナー。

ユニクロにはユニセックスのタンクトップスタイルのコットン100%インナーも。

ユニクロにはユニセックスのタンクトップスタイルのコットン100%インナーも。

寒い時期に子供に最適なパジャマの素材・生地って?

子供向けのパジャマの素材としては、コットン、化学繊維、機能性素材などがあります。さらに、同じ素材でも織り方や編み方で生地の種類が違います。冬におすすめの暖かい生地の種類を以下に挙げてみます。

・肌触り柔らか重ねガーゼ生地
・表面にループがあるパイル生地
・生地の間に綿を挟んだキルト素材
・ポリエステルで作られた起毛素材のフリース
・毛織物や綿などの素材を起毛させたフランネル

それぞれ肌触りや保温性が変わってきますが、寒い時期に気をつけたいのは「その子にとって暖かすぎないパジャマ」ということ。暖かすぎて寝汗をかいてしまっては元も子もありません。
そして、寝ている間に動き回るので、締め付けすぎも避けたいところですね。ある程度伸縮性のある生地ということで、これらの条件をクリアするパジャマを散々探し回って私が達した結論が、ユニクロの「ウルトラストレッチスウェットセット」です。生地は約95%コットンと約5%ポリウレタンで、360度伸びるので着心地もよくリラックスできます。ウエストにパジャマの上着をインするのがうちの子の定番ですが、腰回りがスッキリしているので寝返りでもたつくこともありません。

夜空にきらめく星空柄でリラックスムード。

夜空にきらめく星空柄でリラックスムード。

360度伸縮するウルトラストレッチスウェットでどんな寝相にも対応。

360度伸縮するウルトラストレッチスウェットでどんな寝相にも対応。

寒い時期にこそ気をつけてあげたい子供の寝汗対策。コットン下着とストレッチ素材のパジャマなど、快適な眠りに近づく服装を試してみてあげてくださいね。ぐっすり眠った翌日は、寒くても朝から元気に過ごせそうです。

■この記事に出てきたアイテム
KIDS コットンインナーキャミソール(2枚組)
KIDS コットンインナータンクトップ(2枚組)
GIRLS ウルトラストレッチスウェットセット(スター・長袖)
BOYS ウルトラストレッチスウェットセット(ボーダー・長袖)

■この記事の関連ページ
ユニクロ KIDS ルームウェア・パジャマ特集

※本サイトは利用規約に同意の上、各自の責任と判断によりご利用ください。
※掲載内容(商品情報、価格、リンク、在庫状況を含む)は公開時点のものであり、ご利用時と異なる場合があります。
※掲載画像に含まれるアイテムは、紹介しているアイテムと完全に同一ではない場合があります。

ライター紹介

maimochi(ライター)

結婚情報誌で約10年間の勤務後、出産を経てフリーランスのライターとして、主にベビー、キッズ、マタニティやブライダルの分野で執筆中。6年生の野球男子と5歳のおしゃまな女子に囲まれて賑やかすぎる毎日を送っています。

ライター紹介・ライター記事一覧