ヒートテックのトップスでぬくぬく細長シルエットに 

ヒートテックのトップスでぬくぬく細長シルエットに 

首に風が当たるのをブロックしてくれる、ヒートテックのトップスは冬に手放せないアイテムです。しかも、上手に活かせば、細感や縦長シルエットも印象付けられます。着膨れを遠ざけ、むしろ着痩せイメージを呼び込む着方を紹介します。(文・宮田理江)

ロング丈のアウターと組み合わせて

タートルネックは裾をウエストアウトして着れば、縦長感が際立つアイテムです。タートルネックのヒートテックなら首周りの保温も申し分ありません。ハーフかロング丈のアウターを重ねて、さらに長細いイメージを強調。細身パンツとのコーディネートで、ほっそりシルエットを際立たせて。

タートルネックのトップスの裾をウエストアウトして細身パンツと合わせれば、人気のワントーンコーデも縦長にすっきりまとまります。

タートルネックのトップスの裾をウエストアウトして細身パンツと合わせれば、人気のワントーンコーデも縦長にすっきりまとまります。

また、軽くて柔らかいフリースに、ぬくもりの確かなヒートテックを活かしたヒートテックフリースタートルネックTは、柔らかい風合いが冬のおしゃれを盛り上げてくれます。カラーバリエーションをそろえて、セーターを着る感覚で着こなしを楽しんでみては。

たくし上げた袖先からチラリと白を見せるのもレイヤードの小技。

たくし上げた袖先からチラリと白を見せるのもレイヤードの小技。

白のフリースヒートテックはきれいめカジュアルの演出に重宝します。

白のフリースヒートテックはきれいめカジュアルの演出に重宝します。

裾広がりシルエットで上半身コンパクト見せ

タートルネックのトップスをバランスよくまとうには、ボトムスにもロング丈を選ぶのがひとつの手。ふんわりとした風合いのフリースヒートテックなら、これ1枚でニットセーターのような感覚で着こなせます。

たとえば、ボリューミーなフレアスカートなら、Aラインのシルエットが生まれ、上半身がすっきりして映ります。ワイドパンツでも同じような効果が出るから、タートルネックとのコーデを試してみて。

タートルネックとたっぷり丈ボトムスでロング感の二重奏に。

タートルネックとたっぷり丈ボトムスでロング感の二重奏に。

豊富なカラーバリエーションから選べるのも魅力。

豊富なカラーバリエーションから選べるのも魅力。

ワンポイント腰巻きで立体感を強調

ヒートテックのタートルネックはぬくもりをキープしてくれる優秀アイテム。縦長効果やおしゃれ感を上乗せするのが上手な着こなし方です。

細感を出せるテクニックとしては、シャツや羽織り物を腰に巻いて垂らす技があります。そのほかに、マフラーやボディバッグなど、縦落ちイメージを添える小物をプラスすると、タートルネックの縦長感を増幅できます。

ひじの上まで袖口をたくし上げ、たくさんのドレープで表情を生みました。

ひじの上まで袖口をたくし上げ、たくさんのドレープで表情を生みました。

薄着でも十分なぬくもりが得られるヒートテックは、着膨れを防ぐうえでも効果が期待できます。コーデのバリエーションが広がるから、冬は手放せなくなります。細長いシルエットを印象付けやすくなるので、タートルネックで縦長感を強調するスタイリング技をマスターしてみては。

■この記事に出てきたアイテム
ヒートテックフリースタートルネックT(長袖)

■この記事の関連ページ
ユニクロ Tシャツ特集
ユニクロ HEATTECH(ヒートテック)特集

※本サイトは利用規約に同意の上、各自の責任と判断によりご利用ください。
※掲載内容(商品情報、価格、リンク、在庫状況を含む)は公開時点のものであり、ご利用時と異なる場合があります。
※掲載画像に含まれるアイテムは、紹介しているアイテムと完全に同一ではない場合があります。

ライター紹介

宮田理江(ファッションジャーナリスト・ファッションディレクター)

多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報などを発信。リアルトレンドを落とし込んだ着こなし提案も得意とする。コンサルタントとしてのビジネスも手がけ、企業向け提案、セミナー、イベント出演も多い。

ライター紹介・ライター記事一覧