白デニムで冬ルックをすっきりさわやかな着映えに 

白デニムで冬ルックをすっきりさわやかな着映えに 

暗い色が増えて、沈んで見えやすい冬の装いに、ホワイトジーンズはさわやかな印象を添えてくれます。清潔感も帯びているから、お仕事ルックにもぴったり。シャープな白のおかげで、すっきりとした着映えに。上手に白デニムを迎え入れるには?(文・宮田理江)

トップ画像のコーデができるアイテム→「ウルトラストレッチジーンズ
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

オフィスになじむきれいめコーデ

普段着イメージがあるブルージーンズは難しくても、きれいめにまとめやすいホワイトジーンズなら、オフィスにも着て行きやすくなります。コーディネートのポイントは色数を増やしすぎないこと。ベージュ系のニュートラルカラーや淡いパステルトーンをパートナーに選べば、仕事場の空気になじませやすくなります。

パンプスやバッグなど小物でも、きちんとムードを演出。

パンプスやバッグなど小物でも、きちんとムードを演出。

このコーデができるアイテム→「ウルトラストレッチジーンズ
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

白を活かしたトレンチとの好コントラスト

秋冬の主役級アウター、トレンチコートにもホワイトジーンズは意外な相性を発揮してくれます。濃い色のトレンチは、ジーンズの白を引き立ててくれるから伸びやかなレッグラインを演出できます。足元のスニーカーも白にすると、足先まで続く脚長感をアピールできます。

ストラップを長めにしてバッグを斜め掛けすると、縦落ち感が強まります。

ストラップを長めにしてバッグを斜め掛けすると、縦落ち感が強まります。

このコーデができるアイテム→「ウルトラストレッチジーンズ
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

冬マリンで着膨れオフ

ネイビーと白のマリンボーダー柄を取り入れた「冬マリン」は冬コーデに涼やかなムードを呼び込んでくれます。あえて冬に持ち込むことで、冬服をすっきり見せる技です。コートの前を開けて、ホワイトジーンズを目立たせれば、着膨れとは無縁の見え具合に。

バッグと靴の赤の差し色使いがアクセントに。

バッグと靴の赤の差し色使いがアクセントに。

このコーデができるアイテム→「ウルトラストレッチジーンズ
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

ロングアウターで自然体の落ち感を際立たせて

トップスとボトムス、さらに靴まで白を迎えれば、人気のオールホワイトルックに。そこに、着丈が長めの羽織り物を垂らす感じで重ねると、肩の力が抜けた自然体のムードが漂います。ロングアウターが醸し出す落ち感が品のよさや落ち着いた風情も寄り添わせます。

斜め掛けバッグも添えて、ツートーンカラーで上品に整えて。

斜め掛けバッグも添えて、ツートーンカラーで上品に整えて。

このコーデができるアイテム→「ウルトラストレッチジーンズ
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

差し色を効かせて縦長レイヤード

冬のオールホワイトルックは上品さと華やかさの両方の印象を与えられる点で特別なコーデ。そこにあえて、差し色を1点だけ使うことによって、狙ったイメージを主張できます。差し色をピースとして投入することで、白とのコントラストが効いた縦長レイヤードが完成。

シャツはボタンを全部開けて、羽織り物ライクに使えます。

シャツはボタンを全部開けて、羽織り物ライクに使えます。

このコーデができるアイテム→「ウルトラストレッチジーンズ
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

ボリュームニットでめりはりシルエット

ざっくりした風合いの、ボリューミーなニットトップスと組み合わせて、量感のめりはりを出す着方は着痩せ効果が期待できます。細身のジーンズを選んで、トップス裾の一部だけをウエストインすれば、ジーンズの細感が際立ちます。

ジーンズのウエスト部分を覆い隠してしまわないのが、脚を長く見せるコツ。

ジーンズのウエスト部分を覆い隠してしまわないのが、脚を長く見せるコツ。

このコーデができるアイテム→「ウルトラストレッチジーンズ
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

グラマラスなファーで着こなし格上げ

冬のシンボル的な素材であるファーは、装いに格別の華やぎをもたらします。すっきりして映るホワイトジーンズは、ファーのリッチ感を引き立てる効果が申し分ありません。ファー以外の部分をシックにまとめるうえでも、ホワイトジーンズはぴったりです。

足首ゾーンが見えるくるぶし丈で冬ルックを軽やかに演出。

足首ゾーンが見えるくるぶし丈で冬ルックを軽やかに演出。

このコーデができるアイテム→「ウルトラストレッチジーンズ
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

ニーハイブーツで脚長ムードに

ホワイトジーンズは対照的な黒系アイテムと組み合わせやすいのも、冬ルックに向く理由です。たとえば、黒のニーハイブーツに、ジーンズ裾を深くブーツインすれば、抜群の脚長効果を発揮。大胆コーデでありながら、膝から下の暖かさも申し分ありません。

ボリュームのあるダウンコートとスキニーレッグラインとの絶妙コントラスト。

ボリュームのあるダウンコートとスキニーレッグラインとの絶妙コントラスト。

このコーデができるアイテム→「ウルトラストレッチジーンズ
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

ダークカラーの服を着る機会が増える冬だからこそ、ホワイトジーンズを活用して、さわやかでクリーンな雰囲気を補いたいものです。シャツやブラウスともマッチしやすく、仕事場にも違和感がない白は冬コーデの切り札的存在になってくれそうです。

■この記事の関連ページ
ユニクロ ジーンズ特集

※本サイトは利用規約に同意の上、各自の責任と判断によりご利用ください。
※掲載内容(商品情報、価格、リンク、在庫状況を含む)は公開時点のものであり、ご利用時と異なる場合があります。
※掲載画像に含まれるアイテムは、紹介しているアイテムと完全に同一ではない場合があります。

ライター紹介

宮田理江(ファッションジャーナリスト・ファッションディレクター)

多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報などを発信。リアルトレンドを落とし込んだ着こなし提案も得意とする。コンサルタントとしてのビジネスも手がけ、企業向け提案、セミナー、イベント出演も多い。

ライター紹介・ライター記事一覧