何を着せる?結婚式の子供服ルール&マナーと、オススメのプチプラコーデ

何を着せる?結婚式の子供服ルール&マナーと、オススメのプチプラコーデ
出典 : Julio Ricco/Shutterstock.com

家族でお呼ばれする結婚式は晴れやかな席でとても嬉しいものですよね。ただ、子供には何を着せて結婚式に参列すればいいの!?と、迷ってしまうことも。ここでは、悩んだ時に参考にしていただきたい基本的なルール&マナーや、お手頃価格でオススメの子供服を紹介します。(文・maimochi)

まずは押さえたい!結婚式参列の子供服基本ルール&マナー

結婚式のマナー本などを参考にしようと思っても、あるのは大人のファッションのルールばかりで、なかなか子供服について詳細に記述があるものが少ないようです。つまり、子供服の参列ファッションのルールが大人ほど明確ではないのかもしれません。しいて言えば、NGとされるポイントを確実に避けるというのが、結婚式での子供服の基本マナーということになりそうです。
一部例外は、リングボーイ&ガールやフラワーボーイ&ガールなど、結婚式に華を添えるお役目を任された場合。この場合は、花嫁さんの意向や挙式会場の雰囲気などを考慮しながら、女の子なら華やかなドレス、男の子なら子供用タキシードを選ぶと良いでしょう。

どんな子供服を着せたらいいのか頭を悩ませがちな結婚式。

どんな子供服を着せたらいいのか頭を悩ませがちな結婚式。
(Volodymyr Tverdokhlib/Shutterstock.com)

避けておくのがベター!5つのNGポイント

結婚式の子供服選びで、避けた方が良いとされるNGポイントを調べてみました。大人のNGポイントともほとんど同じようです。

1.カジュアルすぎる素材
結婚式というフォーマルな席にあまりにも砕けた洋服で行くのはやはりマナー違反。デニム素材やジャージー素材など、明らかにカジュアルで普段使いがメインの素材は避けた方が良さそうです。

2.フォーマル感のない靴
カジュアルすぎる素材と同様の理由で、靴も普段から履きなれたスニーカーではラフすぎるので、この日ばかりは、革靴やエナメル素材の靴など、きちんと感のある素材の靴を選ぶのが良いでしょう。急にフォーマルな靴を履くと嫌がるお子さんも多いので、何度か履かせて外出してみるのがオススメです。

3.着心地の悪い服
結婚式は、挙式から披露宴までの時間を考えると半日から一日かかります。チクチクしたり、腕の上げ下ろしがきつくて動きにくかったりと、快適に過ごせない洋服を着ていると子供もご機嫌ナナメに。一日だけだからといって、着心地の悪さを我慢させてしまうと、かえって親もなだめるのが大変になってしまうということも。

4.アニマル柄やファー素材
華やかにしたいからと極端なレオパード柄やファーなどを取り入れるのも×。諸説ありますが、殺生を想起させる素材は良くないと考えられています。フェイクファーも遠目に見たら同じなので、避けたほうが無難です。

5.上下共に白一色
結婚式では白は花嫁だけの色という説もあります。リングボーイやフラワーガールの際に花嫁さんから白と指定があった場合や、ねんねの赤ちゃんのベビードレスは例外のようですが、それ以外は避けた方が良いでしょう。写真に写った時に、白に見えてしまう可能性がある薄いベージュなどもやめておいたほうが無難だと思います。

花嫁さんと丸かぶり!は避けたいポイント。

花嫁さんと丸かぶり!は避けたいポイント。
(Volodymyr Tverdokhlib/Shutterstock.com)

着心地重視!男の子にオススメの結婚式コーデ

男の子が結婚式に着て行く服は、制服があるのであれば制服を着れば間違いないようです。制服がないのであれば、フォーマル感のあるスーツが王道です。子供はすぐにサイズアップします。同じ年に何度も結婚式に参列することはあまり多くないと思うので、上下バラバラでも使えるものを買えば長く活用できるのでオススメです。
普段は着慣れないジャケットやパンツは着心地がいいものが一番。よく動く男の子の場合は、肩周りが動かしにくかったり、足さばきが悪かったりすると、さっさと脱ぎたがってしまいます。ロングのパンツはもちろん、小学校低学年までならハーフパンツでも大丈夫なよう。パパやママのファッションとリンクした蝶ネクタイやポケットチーフを取り入れるとオシャレ感が格段にUPします!
ユニクロのコンフォートジャケット&パンツならお手頃で、結婚式で着用した後は、ジャケットはレストランなどのお出かけの際に羽織ったり、パンツは普段ばきに活用できます。サイズバリエーションも豊富なので、5歳と10歳など年の離れた兄弟でのお揃いも探しやすくてありがたいですね。

動きやすさを追求しながらも、スタイリッシュなシルエットのジャケット。

動きやすさを追求しながらも、スタイリッシュなシルエットのジャケット。

画像のアイテム→「BOYS コンフォートジャケット

カットソー素材で柔らかなはき心地のパンツ。

カットソー素材で柔らかなはき心地のパンツ。

画像のアイテム→「BOYS コンフォートパンツ

イージーケアで、なめらかな裏地に着心地も抜群なシャツ。

イージーケアで、なめらかな裏地に着心地も抜群なシャツ。

画像のアイテム→「BOYS イージーケアコンフォートシャツ(長袖)

小物とヘアで華やかに!女の子にオススメの結婚式コーデ

女の子はドレスなどの選択肢も多く、結婚式に着せて行く服に迷うところではありますが、派手よりも清楚を意識して、お祝いの気持ちが伝わるように品格のあるスタイルを選ぶのがオススメ。
親戚など近い関係の結婚式であればドレスもいいですが、それ以外の場合はワンピースを選べば間違いはなさそうです。シンプルで上品なワンピースは、結婚式以外でも活用の幅が広いので、一着持っているとなにかと便利。ワンピースを主役に、羽織物やコサージュ、アクセサリー、ヘアスタイルをひと工夫すると華やかさを添えられます。
最後に特別な魔法を!ほんのり色づくリップなどを塗ってあげると女の子はテンションが上がります。

結婚式でも学校行事でも使える、プリーツが清楚なワンピース。

結婚式でも学校行事でも使える、プリーツが清楚なワンピース。

画像のアイテム→「GIRLS ジャンパースカート

なにかと迷う結婚式の子供服ですが、お祝いの席なのでルール・マナー違反は避けたいですよね。NGポイントを押さえた上で、家族でどこかにワンポイント、色合いをリンクしたり、小物で華やかさをプラスしたりとオシャレを追加して、結婚式を楽しんでくださいね。

■この記事の関連ページ
ユニクロ KIDS フォーマル(行事・スクール)特集

※本サイトは利用規約に同意の上、各自の責任と判断によりご利用ください。
※掲載内容(商品情報、価格、リンク、在庫状況を含む)は公開時点のものであり、ご利用時と異なる場合があります。
※掲載画像に含まれるアイテムは、紹介しているアイテムと完全に同一ではない場合があります。

ライター紹介

maimochi(ライター)

結婚情報誌で約10年間の勤務後、出産を経てフリーランスのライターとして、主にベビー、キッズ、マタニティやブライダルの分野で執筆中。6年生の野球男子と5歳のおしゃまな女子に囲まれて賑やかすぎる毎日を送っています。

ライター紹介・ライター記事一覧