レギンスがトレンドアイテムに浮上!

レギンスがトレンドアイテムに浮上!

レギンスが新たな表情をまとって、トレンドアイテムになっています。注目を集める理由は素材、ディテールなどの面で進化が目立つから。新世代レギンスは様々な着こなしに取り入れやすいので、自分好みのアレンジを早速、試したくなります。(文・宮田理江)

ビッグシルエットに合わせて量感落差を強調

今度の秋冬にはボリュームの豊かなアウターがおしゃれの主役級アイテムと見込まれています。オーバーサイズの勢いも続いていて、ビッグシルエットはトレンド真っ最中。

量感の落差を際立たせやすいから、レギンスはオーバーサイズの好パートナー。脚がほっそり映る効果をマックスに引き出せます。首周りにボアやフードでふくらみを持たせると、さらに量感の違いをアピールできます。

パーカワンピースの裾とレギンスの間にしっかり隙間を作るのが細感を印象づけるポイント。

パーカワンピースの裾とレギンスの間にしっかり隙間を作るのが細感を印象づけるポイント。

ワンピースと合わせてほっそり感強調

膝丈ワンピースを着るときに悩ましいのが膝から下の見せ方です。素足やストッキングなどの選択肢がありますが、レギンスを投入するのが、近頃のおすすめ。ワンピースと色味をずらせば、脚の細感を引き出せます。

ゆったりしたフォルムのベージュ系シャツワンピースに、ダークカラーのレギンスを合わせると、引き締まったレッグラインに見せやすくなります。足の甲が露出するサンダルは抜け感を寄り添わせてくれます。

レギンスのおかげで、たっぷりしたワンピースが引き締まって見えます。

レギンスのおかげで、たっぷりしたワンピースが引き締まって見えます。

レイヤードに組み込んで縦長ルックの切り札に

秋冬シーズンにうれしい縦長イメージを目に飛び込ませやすいのも、レギンスをレイヤードに取り入れるメリットです。ほっそりシルエットのウェアと組み合わせれば、さらにスレンダーな印象を増幅できます。
ワンピースはレギンスと好相性のアイテム。細身のタイトスカートも同じ感じで使えます。白いワンピースにグレーのレギンスといった具合に、きれいなツートーン(2色使い)の装いに整えれば、着て行ける場面が広がりそうです。

リュックを肩から掛けると、自然な落ち感をアピールできます。

リュックを肩から掛けると、自然な落ち感をアピールできます。

細やかディテールで表情をプラス

細部に工夫を凝らしたレギンスは、「見せる」として積極的に取り入れたくなります。裾の不ぞろいな始末に表情があったり、ふくらはぎにきれいなリブが走っていたりする、ディテールの細やかなタイプは、脚にやさしげなムードをまとわせてくれそう。

シンプルな仕立てのワンピースとのコーディネートでも、膝から下に穏やかなムードを寄り添われてくれます。

リブで縦ラインを強調したデザイン。リラックスした雰囲気に整えて。

リブで縦ラインを強調したデザイン。リラックスした雰囲気に整えて。

一昔前のレギンスとは違って、進化形のタイプは、パンツ代わりのボトムスとして使いやすくなっています。ワンピースやスカートとの組み合わせは手持ちワードローブから別のテイストを引き出してくれるから、着回し力のアップにも期待大です。もちろん、防寒面でも頼もしい新レギンスは秋冬コーデのキーピースとなるはずです。

■この記事に出てきたアイテム
ヒートテックニットレギンス(リブ・10分丈)

■この記事の関連ページ
ユニクロ ソックス・レギンス・タイツ・ストッキング特集

※本サイトは利用規約に同意の上、各自の責任と判断によりご利用ください。
※掲載内容(商品情報、価格、リンク、在庫状況を含む)は公開時点のものであり、ご利用時と異なる場合があります。
※掲載画像に含まれるアイテムは、紹介しているアイテムと完全に同一ではない場合があります。

ライター紹介

宮田理江(ファッションジャーナリスト・ファッションディレクター)

多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報などを発信。リアルトレンドを落とし込んだ着こなし提案も得意とする。コンサルタントとしてのビジネスも手がけ、企業向け提案、セミナー、イベント出演も多い。

ライター紹介・ライター記事一覧