最旬パンプス&フラットシューズをオフィスの置き靴に!

最旬パンプス&フラットシューズをオフィスの置き靴に!

オフィスに常備しておいて出社後に履き替えるための「置き靴」。通勤時のお気に入りコーデを台無しにせず、ワーキングタイムのさまざまなシーンに対応できて、履きやすい。今回はそんな条件をしっかり満たす最旬パンプス&フラットシューズをご紹介!(文・山木 聖)

「パンプス→フラットシューズ」など個人で異なる置き靴事情

■「出勤はパンプス、オフィスではフラットシューズ」派
営業をしている知り合いの女性は、客先で会う時はいつもビシッとしたスーツに8cmヒールのパンプス。まるで法律事務所を舞台とした海外ドラマに出てくるような雰囲気です。そんな彼女がオフィスに置き靴しているのは、足幅が広めのフラットシューズ。新人の頃はオフィス内でも1日中パンプスを履いていて、夕方になる頃にはつま先や足の甲が痛み、むくみもひどかったそうです。そこで、フラットシューズの置き靴を導入。靴の履き替えは足がラクになるだけでなく、気分の切り替えにも役立つようで、客先に出向く時パンプスに履き替えると、「よし、行くぞ!」と戦闘モードになれるのだそうです。

■「出勤はフラットシューズ、オフィスではパンプス」派
また、通勤時はフラットシューズ、オフィスではパンプス、という知り合いもいます。彼女はホテルの企画部門勤務で、お子さんは今5歳。出勤時はお子さんと自転車に乗ることもあって、スニーカーやフラットシューズが必須。雨の日はロングのレインシューズを履くそうです。そしてオフィスには、ヒールのあるパンプスを常備。企画部門に制服はないものの、役員クラスも出席する会議に出たり、TVや雑誌取材のアテンドなどで社外の人と会ったりする機会が多いため、ベーシックでどんな服にも合わせやすい黒とベージュ、2足を用意してあるそうです。

その他、服装がまったく自由な会社で働いている友人の場合、仕事場では足ツボ刺激タイプのサンダルを愛用しているし、ある編集者は徹夜仕事に耐えうる超カジュアルコーデで出勤するため、靴のみならず「置き服」もしています。災害対策のひとつとして、歩きやすいスニーカーを一足置いている人もいます。
みんな、自分らしい働き方、自分らしいスタイルに合わせて、それぞれの置き靴を選んでいるんですね。

職種やワーキングスタイルの違いによって、置き靴事情もさまざまです。

職種やワーキングスタイルの違いによって、置き靴事情もさまざまです。

Chayantorn Tongmorn/shutterstock.com

オフィスに常備するパンプスは「安定感」がマスト!

外回りに使うケースでも、オフィス内で「きちんと感」を表現するために使うケースでも、パンプスに必要なのは、なるべく足に負担をかけない安定感。やはり歩きやすく疲れにくいのは3cm〜5cmくらいのヒールでしょう。

デザイン面でいうと、つま先の見えるオープントゥや、かかとの見えるミュールタイプのパンプスはちょっとカジュアル寄りの印象。会社によってはNGのケースもあるようなので注意したいところです。

こうした条件を満たすパンプスをイメージすると、就活生に好まれる黒の安心ローヒールが思い浮かびますが、それではちょっとお洒落感が足りない気が…。
そこでおすすめなのが、ユニクロのチャンキーヒールパンプス。抜群の安定感とトレンド感を兼ね備えたチャンキーヒールは、パンツ、スカートどちらともバランスをとりやすいのが特長です。

■チャンキーヒールパンプス購入者の声

「最近はヒールの靴をほとんど履かない私ですが、中敷きのクッションや靴底のグリップ、曲がり易さが抜群で凄く楽に歩けます。無難な紺色にしましたが、オレンジ色も購入したいと思います。」(50代・女性)
「ソールの返りもよくクッションありで歩きやすい。ピンヒールがしんどくなってきたので、初チャンキー、安定感よし!」(30代・女性)

ヒール高は5cm。アーチクッション型のインソールが足裏に心地よくフィットして疲れにくい。

ヒール高は5cm。アーチクッション型のインソールが足裏に心地よくフィットして疲れにくい。

パンツをはいた時、ヒップラインがキュッと上がって見えるのは嬉しいです。靴裏の独特なスリットが足の動きに合わせて屈曲、グリップ性に優れた波形スリットが滑りにくさもプラス。

靴裏の独特なスリットが足の動きに合わせて屈曲、グリップ性に優れた波形スリットが滑りにくさもプラス。

ビジネスシーンにもふさわしく、コーデを格上げしてくれる落ち着いた色調のフェイクスエード。

ビジネスシーンにもふさわしく、コーデを格上げしてくれる落ち着いた色調のフェイクスエード。

フラットシューズ@オフィスは「カジュアルすぎない」が大事

フットワーク良く動くために、また足を休めるために常備しておきたい靴は、やっぱり楽ちんなフラットシューズ。スリッパやサンダルといったカジュアルアイテムが許されているオフィスもありますが、「朝、鏡の前でしっかりチェックしたお気に入りコーデが、サンダルやスリッパで台無しになってしまう」というのが気になる点。ここはやはり、トレンドも意識した最旬フラットシューズで「ラクなのに気を抜いているようには見えない」足元をつくりたいものです。

ユニクロに登場した新しいフラットシューズのラインナップは、従来商品をさらにアップデート。ふっくらとしたアーチ型のクッションが土踏まずに心地よくフィットし、足浮きを抑えて疲れにくいのが特長です。また靴底には縦横のスリットを入れ、「曲がってほしいところが曲がる」から、脱げにくく快適な履き心地。もちろんこちらにも、抗菌防臭加工が施されています。

デザインは、「ポインテッドフラットシューズ」と「バレエシューズ」の2タイプ。多彩なカラーバリエーションからセレクトできます。

■ポインテッドフラットシューズ購入者の声

『初めてUNIQLOのシューズを購入しましたが、大満足の一足でした!足にフィットする感じ、夕方のむくみ脚でもきつくなりすぎなく楽に履けます。今度はヒールのあるタイプを購入して、足元を楽しみたいと思います!』(30代・女性)
『ヒールが低いので歩きやすい。シルエットがキレイなのでいろんな服に合う。リピ買いするかも。』(40代・女性)

■バレエシューズ購入者の声

『仕事中に履けるベタ靴を探していたところ、こちらの新商品に出会いました。前バージョンより幅広な気がして、履きやすく、購入に至りました。汚れに強いエナメルですので、泥はねが気になる雨の日も活躍しそうと期待してます。』(40代・女性)
『見た目はシンプル。ですが、とてもびっくりしたのが履き心地の良さ。長い時間履いてても靴擦れしないし楽ちん。』(20代・女性)

新しいポインテッドフラットシューズはキレイ目コーデにも合わせやすいフェイクスエード。

新しいポインテッドフラットシューズはキレイ目コーデにも合わせやすいフェイクスエード。

肌なじみのよいベーシックカラーと差し色に使えるトレンドカラーをラインナップ。

肌なじみのよいベーシックカラーと差し色に使えるトレンドカラーをラインナップ。

艶やかなエナメルと、丸いつま先で上品な足元をつくるバレエシューズ。

艶やかなエナメルと、丸いつま先で上品な足元をつくるバレエシューズ。

定番ブラックもいいけれど、他ではあまり見ないワインやダークグリーンも捨てがたい!

定番ブラックもいいけれど、他ではあまり見ないワインやダークグリーンも捨てがたい!

置き靴は保管場所、お手入れ、入れ替えも大切です

最後に、オフィスにパンプスやフラットシューズを置き靴する際に気をつけたいポイントをまとめてみました。

■置き靴、脱いだ靴の置き場をつくりましょう。
ロッカーのあるオフィスなら、置き靴や出社時の靴は各自のロッカーに保管を。そうでない場合はデスク下に靴用のボックスなどを置いて入れておきましょう。100円ショップでも買える書類用のトレイや、吸盤フックで吊り下げられるシューズハンガーなども利用できます。

■置き靴にもお手入れが必要です。
オフィスに小さな靴用ブラシ(歯ブラシでも代用可)と、簡易ケア用のツヤ出しスポンジだけでも常備しておくと、パンプスやフラットシューズの気になる汚れをサッとケアできて便利。脱いだブーツなどのにおいが気になる時用に消臭スプレーを用意しておくのもおすすめです。

■オフィスのパンプスやフラットシューズ、たまには入れ替えを。
季節の移り変わりやワーキングスタイルの変化、ファッショントレンドの流れに合わせ、置き靴も入れ替えるのがベター。例えば、秋口にはこっくり深みのあるくすみカラー、春先には優しく軽やかなパステルカラーと、ちょっと早めに置き靴をチェンジ。足元から季節を先取りして気分をリフレッシュすれば、また新たな気持ちで仕事に向かっていけることでしょう。

置き靴と一緒に簡単なシューケアグッズも常備しておくと安心です。

置き靴と一緒に簡単なシューケアグッズも常備しておくと安心です。

Africa Studio/Shutterstock.com

今回紹介したユニクロのチャンキーヒールパンプスとポインテッドフラットシューズ、バレエシューズは、どれも2,990円。置き靴用に、お手頃なお値段で履きやすく、どんなコーデにも合わせやすいパンプスやフラットシューズを探している人はぜひチェックを。

■この記事に出てきたアイテム
チャンキーヒールパンプス
ポインテッドフラットシューズ(スエードタッチ)
バレエシューズ(エナメル)

■この記事の関連ページ
ユニクロ シューズ特集

※本サイトは利用規約に同意の上、各自の責任と判断によりご利用ください。
※掲載内容(商品情報、価格、リンク、在庫状況を含む)は公開時点のものであり、ご利用時と異なる場合があります。
※掲載画像に含まれるアイテムは、紹介しているアイテムと完全に同一ではない場合があります。

ライター紹介

山木 聖(ライター)

情報出版社の広告ディレクターを経てライターに。銀座と六本木の真ん中あたりに住みながら、そのメリットをまったく活かさないイエナカ大好き系中年。目標は「老人になってもモード系」です。

ライター紹介・ライター記事一覧