モコモコ?スリム?冬のフリース(レディース)の選択肢

モコモコ?スリム?冬のフリース(レディース)の選択肢

フリース愛好家の中でも、「モコモコとしたあの愛らしい質感を楽しみたい!」という人と、「柔らかな雰囲気は魅力だけど、ボリュームは抑えたい」と好みはさまざま。今回はレディースフリースの「シルエット」に注目してみました。(文・KANA)

トップ画像のコーデができるアイテム→「フリースコーディガン(長袖)」
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

“モコモコアウター”でフリースらしさを満喫

フリースのアウターはどんどん多彩になっています。とくにレディースはフルジップジャケットだけでなく、テーラードコートやコーディガン、ノーカラーのジャケットなど、その種類を増やし、モコモコと愛らしいシルエットで暖かく包んでいます。

とはいえ、モコモコアウターというと着膨れが気になるところ。ボリューム感を中途半端にせず、アウター以外のインナーやボトムスをタイトめに抑えてメリハリを出したり、逆にボリュームのあるパンツやスカートを合わせたりするなど、着こなしの工夫で着膨れは回避できます。

筆者が個人的にこの冬一番注目しているフリースアイテムが、この「フリースノーカラージャケット」。モコモコの質感ながら、ノーカラーですっきりした首元、短めの丈、そして大きなポケットと大ぶりなボタン留めという仕様がいちいち可愛いんです!

筆者が個人的にこの冬一番注目しているフリースアイテムが、この「フリースノーカラージャケット」。モコモコの質感ながら、ノーカラーですっきりした首元、短めの丈、そして大きなポケットと大ぶりなボタン留めという仕様がいちいち可愛いんです!

画像のアイテム→「フリースノーカラージャケット(長袖)」

こちらはあえてボリューム感のあるオーバーオールと合わせたコーデ。「フリースノーカラージャケット」を羽織ることで柔らかな雰囲気にまとまります。

こちらはあえてボリューム感のあるオーバーオールと合わせたコーデ。「フリースノーカラージャケット」を羽織ることで柔らかな雰囲気にまとまります。

このコーデができるアイテム→「フリースノーカラージャケット(長袖)」
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

長め丈でボリューム感のある「フリースコーディガン」も、上半身をコンパクトに見せるボーダーTシャツとシンプルなスリムデニムを合わせることで逆に華奢見え。大人の装いにモコモコが優しくなじんでいます。

長め丈でボリューム感のある「フリースコーディガン」も、上半身をコンパクトに見せるボーダーTシャツとシンプルなスリムデニムを合わせることで逆に華奢見え。大人の装いにモコモコが優しくなじんでいます。

このコーデができるアイテム→「フリースコーディガン(長袖)」
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

大きめのテーラードとシルエットが今っぽい、ボアフリースのテーラードコート。ざくっと羽織れてボリューム感があるのに、軽い着心地が魅力。

大きめのテーラードとシルエットが今っぽい、ボアフリースのテーラードコート。ざくっと羽織れてボリューム感があるのに、軽い着心地が魅力。

画像のアイテム→「ボアフリーステーラードコート(長袖)」

いつものコーデに柔らかなアクセントを加える“モコモコインナー”

モコモコフリースはアウターだけではありません。レディースコーデの場合、モコモコを主役にするのはちょっと抵抗があるという大人コーデには“モコモコインナー”を投入。コートやジャケットからちらっとモコモコを覗かせるのも遊び心を感じるスタイリングになります。もちろん、シンプルに1枚で着ても可愛いですよ。

着心地がよく、シンプルに着られるプルオーバー。レディースでも甘すぎない5色展開です。いつものスタイリングの中で、セーターの定位置になっているところに入れてみるのもよさそう。

着心地がよく、シンプルに着られるプルオーバー。レディースでも甘すぎない5色展開です。いつものスタイリングの中で、セーターの定位置になっているところに入れてみるのもよさそう。

画像のアイテム→「ボアフリースプルオーバー(長袖)」

袖がないからモコモコしにくく、レイヤードにぴったりの「ファーリーフリースフルジップベスト」。

袖がないからモコモコしにくく、レイヤードにぴったりの「ファーリーフリースフルジップベスト」。

画像のアイテム→「ファーリーフリースフルジップベスト」

フリースの暖かさ、軽さはそのままに、すっきりシルエットを作る“スリムアウター”

レディースのアイテムでは、フリースを裏地に使用するなどして、モコモコ感をなくしたアウターも増えています。「フリースならではの“暖かさ”“軽さ”は魅力的。でもモコモコではなくもう少しスマートなシルエットで着こなしたい」という人の声に、スリムなフリースアウターは応えてくれますよ。

こう見えてフリースコート。まるでウールのような質感があり、さらにコーデュロイ素材のテープで縁取りすることで、全体を上質感のあるルックスに仕上げています。ちゃんと暖かいのにシルエットはすっきり!

こう見えてフリースコート。まるでウールのような質感があり、さらにコーデュロイ素材のテープで縁取りすることで、全体を上質感のあるルックスに仕上げています。ちゃんと暖かいのにシルエットはすっきり!

裏はしっかりフリースです!

裏はしっかりフリースです!

画像のアイテム→「ボアフリースコート」

こちらは表地と裏地の間に特殊フィルムを挟み、防風力を高めた「防風フリースパーカ」。伸縮性もあるので動きやすいのも特長です。

こちらは表地と裏地の間に特殊フィルムを挟み、防風力を高めた「防風フリースパーカ」。伸縮性もあるので動きやすいのも特長です。

表地はカジュアル感のあるコットンスムーズ。デイリーにもスポーティにも使える便利な1枚です。

表地はカジュアル感のあるコットンスムーズ。デイリーにもスポーティにも使える便利な1枚です。

画像のアイテム→「防風フリースパーカ(長袖)」

フリースだけど低ボリューム。どんな上着の下にも着込みやすい“スリムインナー”

フリースというと、タイトな上着の下に着込むにはボリュームがあり、動きにくくなりそうなイメージですが、最近ではニットのような素材感のものや、薄手にする代わりにヒートテック機能で防寒力を損なわない工夫がされた“スリムインナー”も登場しています。着心地抜群なうえに、着回しもしやすい。いろいろなコーデで活躍してくれるフリースです。

高見えすると話題の「ソフトニットフリースハイネックT」。一見上質なニットのようでありながら、着心地はフリース。洗濯しやすいのもうれしい!

高見えすると話題の「ソフトニットフリースハイネックT」。一見上質なニットのようでありながら、着心地はフリース。洗濯しやすいのもうれしい!

画像のアイテム→「ソフトニットフリースハイネックT(長袖)」

こちら、コーディガンとの組み合わせ。ソフトニットフリースにあまりフリース感がないのでダブリ感がなく、すっきりと着られます。

こちら、コーディガンとの組み合わせ。ソフトニットフリースにあまりフリース感がないのでダブリ感がなく、すっきりと着られます。

画像のアイテム→「ソフトニットフリースハイネックT(長袖)」
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

こちらはヒートテック機能付きフリース。薄手なのできれいなドレープも実現します。ストレッチ性が高いので重ね着しても動きやすい。

こちらはヒートテック機能付きフリース。薄手なのできれいなドレープも実現します。ストレッチ性が高いので重ね着しても動きやすい。

画像のアイテム→「ヒートテックストレッチフリースクルーネックT(長袖)」

モコモコ、スリム、どちらかなんて選べないレディースのフリースコーデ。いえいえ、1つを選ぶ必要はありません。今年の冬は両方のコーデを存分に楽しんでください!

■この記事の関連ページ
ユニクロ フリース特集

※本サイトは利用規約に同意の上、各自の責任と判断によりご利用ください。
※掲載内容(商品情報、価格、リンク、在庫状況を含む)は公開時点のものであり、ご利用時と異なる場合があります。
※掲載画像に含まれるアイテムは、紹介しているアイテムと完全に同一ではない場合があります。

ライター紹介

KANA(エディター・ライター)

グルメ、旅行、恋愛、エンタメなど、生活を豊かにするさまざまなジャンルの編集・ライティングを手掛ける。現在、一番注目しているのは、レベルがどんどん上がっているプチプラアイテム。一番注力しているのは、遅すぎた肉体改造。

ライター紹介・ライター記事一覧