大人可愛いパーカの着こなし術

大人可愛いパーカの着こなし術

カジュアル感があり、羽織として使いやすいパーカ。でもラフに着すぎるとおしゃれに見えないことも。程よいリラックス感のある大人可愛いパーカの着こなしを紹介します。(文・百田なつき)

きれいめボトムスと合わせて甘辛ミックスに

パーカはラフすぎにならないように着こなすのが大人めコーディネートのポイント。エレガントなロングスカートやきちんと感のあるプリーツスカートなど、きれいめなアイテムと合わせると自然な甘辛ミックススタイルが完成します。

足元にはスニーカーを合わせて抜け感をプラス。

足元にはスニーカーを合わせて抜け感をプラス。

コートのインナーとして着こなす

アウターとしてももちろん活躍してくれるパーカですが、コートのインナーに着るレイヤードスタイルもおすすめ。重ね着してもすっきりしたシルエットのパーカを選べば、もたつかずに着こなせます。特に暖かなボアパーカは着心地も軽くて、秋冬のデイリーファッションに使えます。

『シルエットもコンパクトで暖かく、肌触りがよいのが気に入りました。色違いで購入を検討中です。』(千葉県・女性)
『暖かいです。着膨れした感じもなく着心地抜群です』(佐賀県・女性)
『手持ちの薄いマウンテンパーカの中に着たくて購入しました。とても暖かくてボアの手触りもふわふわで気に入ってます!』(北海道・女性)

ニットコートと重ね着してももたつきにくい。

ニットコートと重ね着してももたつきにくい。

ウエストがシェイプされたすっきりとしたシルエットがポイント。

ウエストがシェイプされたすっきりとしたシルエットがポイント。

ふわもこ感を覗かせたこなれた着こなし

ボアパーカなら、ふわもこの裏地を使った大人スイートなコーディネートも可能。ファスナーを開けて、ボアフリース部分を見せることで立体感がうまれ、さりげなくふわもこ感を演出。甘くなりすぎないのでスカートにも合わせやすいです。ボアのカラーは表地によって違うので、色違いで揃えて楽しんでも。

『ずっと、気になっていたボアスウェットフルジップパーカ。悩んだあげくカラーはピンクに決めました。裏地のボアがブラウンで色合いが凄く可愛いです。機能性も暖かくて気持ちよくて、抜群。2990円なら、買いですね。』(福岡県・女性)
『紺の表地とボアの色合いが、とても気に入ってます。』(神奈川県・女性)
『今年はベージュを買いました。ボアも白くて可愛らしいし合わせやすそうです。』(福岡県・女性)

ボアが着こなしのアクセントに。

ボアが着こなしのアクセントに。

表地によってボアのカラーが違うので好みで選べます。

表地によってボアのカラーが違うので好みで選べます。

クールなアイテムとコーデして辛口に

ライダースやレザージャケットなどクールなアイテムと合わせると、カジュアルなパーカも辛口な印象に。アウターが黒やグレーなどダーク系なら、パーカは白やベージュなど明るい色を選ぶとクールなアイテムが軽やかな印象になります。

レザージャケットにインしてスタイリッシュに。

レザージャケットにインしてスタイリッシュに。

定番アイテムのパーカだからこそ、シルエットや着心地は大切。インナーとして着ても肌触りもよく、ウエストや裾部分がもたつかないラインのものを選ぶとコーディネートしやすいです。

■この記事に出てきたアイテム
ボアスウェットフルジップパーカ(長袖)
スウェットプルパーカ(長袖)
ボアスウェットフルジップパーカ(長袖)

■この記事の関連ページ

ユニクロ スウェット・パーカ特集

※本サイトは利用規約に同意の上、各自の責任と判断によりご利用ください。
※掲載内容(商品情報、価格、リンク、在庫状況を含む)は公開時点のものであり、ご利用時と異なる場合があります。
※掲載画像に含まれるアイテムは、紹介しているアイテムと完全に同一ではない場合があります。

ライター紹介

百田なつき(エディター/ライター)

インテリア誌、通販誌、結婚情報誌、カタログなどの編集デスクを歴任。現在は大人の女性向けのファッション、ライフスタイルの書籍の編集・ライティングを多く手掛けている。

ライター紹介・ライター記事一覧