カラージーンズの色別使い分け&着こなし術をチェック

カラージーンズの色別使い分け&着こなし術をチェック

きれいな色を帯びたカラージーンズは装いに元気感や華やぎなど、様々なイメージをもたらしてくれます。ジーンズ特有のアクティブさも色の効果で引き立ちます。色ごとに印象や効果が異なるから、持ち味を知って、着こなしに役立てていきましょう。(文・宮田理江)

ホワイトジーンズでクリーンに軽やかに

清潔感や上品さを印象づけやすいから、白は特別な色です。涼しさやさわやかさといった、目から飛び込んで来るプラスイメージが好感まで呼び込んでくれます。

白は春夏の印象がありますが、あえて秋冬ルックに生かせば、重たい着映えを遠ざけやすくなります。コントラストを生かして、白の魅力を引き立てるには、濃い色や鮮やかな色のトップスを引き合わせるのがおすすめです。

ストレッチの利いた白ジーンズはシャープなレッグラインを際立たせてくれます。

ストレッチの利いた白ジーンズはシャープなレッグラインを際立たせてくれます。

重くなりがちな秋冬ルックも爽やかな印象に。

重くなりがちな秋冬ルックも爽やかな印象に。

グレージーンズでシックな華やぎ

グレーは地味な印象がありますが、実は品格や大人っぽさがあり、コーディネートに組み込みやすい色です。黒ほど重たく見えないので、ニュートラルな着映えに整えられます。

トップスは白シャツで合わせれば穏やかなムードに、黒で合わせればクールな雰囲気にまとまります。グレーが意外な好相性を発揮するのは、ピンクやイエロー。パープルもうまく受け止めるので、グレージーンズを軸にしたカラーバリエーションが楽しめます。

グレーは全体を落ち着かせる色だから、やさしげムードに着姿をまとめやすい。

グレーは全体を落ち着かせる色だから、やさしげムードに着姿をまとめやすい。

どんなトップスとも合わせやすいグレージーンズ。ボーダーなどの柄物とも相性抜群。

どんなトップスとも合わせやすいグレージーンズ。ボーダーなどの柄物とも相性抜群。

ブラウン系ジーンズで秋ムードを先取り

ブラウン系のジーンズは、チノパン風の若々しさやカジュアル感が持ち味です。いわゆるオータムカラーの仲間だけに、秋から重宝するベージュやキャメルとは抜群の相性。

人気が続くヴィンテージ風のアイテムともなじませやすいから、レトロ風味の装いにまとめ上げられます。人当たりのソフトな色でもあるので、ふんわりしたニットと合わせて、大人かわいいムードに寄せるアレンジにも向きます。

起毛加工のやさしげな風合いは人なつっこいムードの着こなしに誘います。

起毛加工のやさしげな風合いは人なつっこいムードの着こなしに誘います。

オリーブ系ジーンズでナチュラル気分

オリーブ系のジーンズはナチュラルテイストの着こなしになじみます。白シャツやイエロー、グリーン系のトップスと組み合わせて、ボタニカル(植物風)でジューシーな装いに仕上げられます。

うっすらとミリタリーの雰囲気も帯びているから、性別を感じさせない「ジェンダーレス」のムードにもまとめやすい色です。

重くなりがちな秋冬ルックも爽やかな印象に。近い色味のトップスやブルゾンと組み合わせて、トレンドのワントーンコーデに整えてもおしゃれ。

近い色味のトップスやブルゾンと組み合わせて、トレンドのワントーンコーデに整えてもおしゃれ。

上下アースカラーでまとめると大人カジュアルコーデに。

上下アースカラーでまとめると大人カジュアルコーデに。

定番カラーのブルー系ジーンズ以外に、今回のようなカラージーンズを持っていると、さらに着こなしのバリエーションが広がります。それぞれの色が醸し出すムードを生かせば、シーンや気分に合わせて、自在にコーデを組み立てられるので、「ブルーの次」を迎えるメリットは大きそうです。

■この記事のポイントのまとめ

ホワイトジーンズでクリーンに軽やかに
グレージーンズでシックな華やぎ
ブラウン系ジーンズで秋ムードを先取り
オリーブ系ジーンズでナチュラル気分


■この記事に出てきたアイテム
ウルトラストレッチジーンズ
EZYスキニーフィットカラージーンズ(丈標準74~76cm)
EZYスキニーフィットカラージーンズ(丈長め82cm)

■この記事の関連ページ

ユニクロ ジーンズ特集

WRITER