転職時に迷う就活ファッション。選び方のポイントは?

転職時に迷う就活ファッション。選び方のポイントは?
出典 : metamorworks/Shutterstock

「リクルートスーツ」という便利なアイテムのおかげで、新卒採用の就活では服装にパターンが出てきましたが、転職活動では決まった服装がないため、あれこれ悩まれる方も少なくないかもしれません。ビジネスマナーや清潔感をアピールできる就活スタイルとは。(文・KANA)

【スーツ編~男性~】柄入りスーツやカラーシャツでリクルートスーツスタイルとの差を

男女ともにリクルートスーツは非常に無難ではありますが、新卒のイメージが強いため、転職活動時に着用すると頼りない印象を与えてしまうことがあるようです。そのため、同じスーツスタイルであっても、リクルートスーツスタイルとは差別化を図った方が上手に自分をアピールできるかもしれません。

○スーツの色は黒、ネイビー、チャコールグレー、ライトグレー。黒、ネイビーなどは、無地だとリクルートスーツのイメージが強いため、目立たないストライプ柄が入ったものだと差別化が図れるかもしれません。2つボタンでも3つボタンでも構いません。

○シャツは白のほか、派手でなければブルーなどのカラーシャツも可。ボタンダウンシャツはカジュアルなイメージなので避けた方が無難です。

○ネクタイは、最も無難なのはブルー系ですが、レッド系(えんじなどの落ち着いた色味)、イエロー系、グレー系も非常識な印象にはならなさそうです。そのほか、面接先の企業のコーポレートカラーに合わせるのも気が利いていますね。

○シューズは革製。

なお、スーツの場合、ファッション業界などではない限り、有名ブランドや高価なものにこだわるより、流行遅れでないこと、くたびれたり汚れたりしていないことの方がポイントが高そう。私服で仕事をしていて、昔着ていたスーツしか持っていないという人は、安価でもよいので今のトレンドに合わせた型を選んでみてはいかがでしょうか。

シャツは派手な色でなければカラーシャツで少し変化を出すのも◎。

シャツは派手な色でなければカラーシャツで少し変化を出すのも◎。

画像の着用アイテムを見る→

あまり目立ちすぎないストライプ柄などは他の用途でも使い勝手がよくおしゃれです。

あまり目立ちすぎないストライプ柄などは他の用途でも使い勝手がよくおしゃれです。

シャツの下には、色が響かないベージュのエアリズムTが便利。面接の緊張による汗もすぐに乾くドライ機能付きで、さらに消臭機能で夏場のスーツ着用でも臭いが気になりません。

シャツの下には、色が響かないベージュのエアリズムTが便利。面接の緊張による汗もすぐに乾くドライ機能付きで、さらに消臭機能で臭いが気になりません。

【スーツ編~女性~】インナーを変えることで自分らしいイメージに

女性の就活スタイルはスカートかパンツかが評価の判断材料になることはあまりないよう。自身のイメージや体型に合わせて選びましょう。

○スーツの色は黒以外にネイビーやグレー系もおすすめ。男性のスーツ同様ストライプなど目立ちすぎない柄入りもよさそうです。

○女性の場合はベーシックでかちっとした印象の白い開襟衿のシャツより、柔らかい素材のものや色味のあるもの、また思い切ってカットソーなどに変えるなどで、新卒のリクルートスーツ感を和らげるといいですね。

○靴は、ヒールの高さが5cm以内のシンプルなパンプスが常識的なセレクトといえそうです。

丸首でネックラインや裾に美しいドレープを描くブラウスも柔らかな雰囲気に。

丸首でネックラインや裾に美しいドレープを描くブラウスも柔らかな雰囲気に。

写真のようなVネックのカットソーならシャープな印象になります。

写真のようなVネックのカットソーならシャープな印象になります。

白シャツの下には、下着が響かないよう1枚キャミソールを着るのがおすすめ。汗取りパット付きなら、汗をかきやすい脇の汗ジミも防ぎます。写真はネイビーですが、透けにくいナチュラルカラーを選びましょう。

白シャツの下には、下着が響かないよう1枚キャミソールを着るのがおすすめ。汗取りパット付きなら、汗をかきやすい脇の汗ジミも防ぎます。写真はネイビーですが、透けにくいナチュラルカラーを選びましょう。

スカートの場合、ベーシックなのはひざ丈程度のタイトスカート。

スカートの場合、ベーシックなのはひざ丈程度のタイトスカート。

履きごこちがよいフレアスカートもAラインが美しく出ます。

履きごこちがよいフレアスカートもAラインが美しく出ます。

【私服編~男性~】ジャケットときれいめパンツで好感度の高いスタイルに

企業によっては「私服で面接にお越しください」という指定がある場合があります。とはいえ、ダメージジーンズやスニーカー、サンダルなどのカジュアルな服装は避けた方が無難です。企業側は、TPOに合った服装を選んでいるか、つまりビジネスマナーをわきまえているか、常識があるかといったところを服装から見る可能性があります。

また一方で、就活時の服装は第一印象を大きく左右し、自分をよく見せるプロデュースツールにもなりえます。清潔感、上品さがあり、自分に似合うものを選びましょう。

男性の場合は、私服といえどもシャツとジャケット着用が望ましいでしょう。パンツもジャケットとセットアップである必要はありませんが、ダボッとしたラインのものはなるべく避け、トレンドのテーパードパンツなどきれいめなものを選ぶと好印象に。

きちんとプレスが入った、おしゃれなアンクル丈のパンツ。フォーマル感を残すなら、シンプルですっきり決まるストレートシルエットがおすすめ。

きちんとプレスが入った、おしゃれなアンクル丈のパンツ。フォーマル感を残すなら、シンプルですっきり決まるストレートシルエットがおすすめ。

【私服編~女性~】自由度が高い中でも、上品さや華やかさを忘れずに

女性の場合もできればジャケット着用で、足元はスーツの時と同様のシンプルなパンプスが望ましいです。

スカートスタイルであれば、タイトスカートやシルエットに華やかさが出るフレアスカートで、ひざ丈かひざが隠れる程度の丈が無難。着席時にひざ上5cm程度を目安にするとよさそうです。短すぎる丈や深くスリットが入っているなど脚が大きく露出するデザインは、就職活動においてはあまりおすすめできません。自分でも面接中に気になってしまう可能性があるので避けた方がよいでしょう。

パンツスタイルであれば、ストレートタイプのものやテーパードタイプがおすすめ。丈はロングだけでなくアンクル丈やクロップド丈もトレンド感があり、ビジネススタイルの範囲内でおしゃれに見せることができますね。

シャープなデザインのノーカラージャケットなら大人っぽく決まります。

シャープなデザインのノーカラージャケットなら大人っぽく決まります。

シルエットが美しいAラインのフレアスカート。

シルエットが美しいAラインのフレアスカート。

上品な雰囲気を醸すタイトなレーススカート。

上品な雰囲気を醸すタイトなレーススカート。

ノーカラーのUネックのジャケットとひざ丈スカートに、淡いピンクのシャツを合わせたコーデ。

ノーカラーのUネックのジャケットとひざ丈スカートに、淡いピンクのシャツを合わせたコーデ。

上品さがありながらかっちりしすぎず、エレガントな雰囲気。コーディネートの中心になるのがレーススカートです。

上品さがありながらかっちりしすぎず、エレガントな雰囲気。コーディネートの中心になるのがレーススカートです。

ベージュのジャケットが顔周りを明るく見せるコーデ。シューズやバックも同系色で統一。

ベージュのジャケットが顔周りを明るく見せるコーデ。シューズやバックも同系色で統一。

腰回りはたっぷり、足首にかけてきゅっと締まり、スタイルアップも図れるアンクルパンツ。ドレープがエレガントで上品な雰囲気を醸します。

腰回りはたっぷり、足首にかけてきゅっと締まり、スタイルアップも図れるアンクルパンツ。ドレープがエレガントで上品な雰囲気を醸します。

就活では、服装も雰囲気や常識の有無などを見るポイントになります。お金をかける必要があるわけではなく、また無難さばかりが求められるわけではありません。常識的と許容されそうな範囲の中で、自分を素敵にアピールできる服装を目指してください。

■この記事に出てきたアイテム
【MEN】
感動ジャケット(ウルトラライト・ウールライク)
ファインクロスストライプシャツ(レギュラーカラー・長袖)
エアリズムシームレスVネックT(半袖)
レギュラーフィットアンクルパンツ
【WOMEN】
ドレープツイルブラウス(長袖)
コンパクトコットンVネックT(長袖)
エアリズム汗取りキャミソール
ストレッチタイトスカート(無地・ストライプ・ミドル丈)
ストレッチフレアスカート(無地・ストライプ・ミドル丈)
ポンチノーカラージャケット
ウールブレンドフレアスカート(ハイウエスト・丈短め64~67cm)
レーススカート
ヒートテックストレッチアンクルパンツ

■この記事の関連ページ
ユニクロ MEN AIRism(エアリズム)特集
ユニクロ WOMEN AIRism(エアリズム)特集
ユニクロ MEN ジャケット・コート特集
ユニクロ WOMEN スカート特集

※本サイトは利用規約に同意の上、各自の責任と判断によりご利用ください。
※掲載内容(商品情報、価格、リンク、在庫状況を含む)は公開時点のものであり、ご利用時と異なる場合があります。
※掲載画像に含まれるアイテムは、紹介しているアイテムと完全に同一ではない場合があります。

ライター紹介

KANA(エディター・ライター)

グルメ、旅行、恋愛、エンタメなど、生活を豊かにするさまざまなジャンルの編集・ライティングを手掛ける。現在、一番注目しているのは、レベルがどんどん上がっているプチプラアイテム。一番注力しているのは、遅すぎた肉体改造。

ライター紹介・ライター記事一覧