もうすぐ出産! ママのための入院準備リスト 

もうすぐ出産! ママのための入院準備リスト 
出典 : Africa Studio/Shutterstock.com

いざ出産!となっても慌てないように、妊娠7カ月を過ぎたら入院のためのアイテムを準備しておきましょう。先輩ママのあると便利だった!というクチコミから必要なものをご紹介します。(文・百田なつき)

手続きに必要なものや、すぐ使うものはマストで用意

入院のタイミングは人それぞれ。陣痛が起きてからの人もいますし、予定より早く入院する人もいるので、妊娠後期になったら必要なものは準備しておきましょう。まずは
入院の手続きに必要な健康保険証、診察券、母子健康手帳は忘れないように母子手帳ケースなどにまとめておきましょう。その他、入院中に着るパジャマ、インナーなどウェア類をバッグに。

ユニクロのパジャマを購入した方からも『出産時の入院用に購入しました。前開きボタンなので安心かと思います。』(山形県・女性)という声があるように、パジャマは「授乳や診察のため前開きが便利!」というママの体験談が多いようです。着心地がよく、授乳しやすいものを選びましょう。

★手続きに必要なものリスト
□健康保険証 
□診察券 
□母子健康手帳 
□印鑑 
□書類など
□現金
□携帯電話

★ママが必要なウェアリスト
□パジャマ 
□授乳用のブラジャー 
□産褥ショーツ 
□ショーツ 

バッグ一つにまとめておき、いざという時にパパにもわかるようにしておきましょう。

Joana Lopes /Shutterstock.com

バッグ一つにまとめておき、いざという時にパパにもわかるようにしておきましょう。

前開きのパジャマなら診察や授乳もしやすいのでおすすめ。

前開きのパジャマなら診察や授乳もしやすいのでおすすめ。

よく伸びるパンツも着心地が楽でおすすめ。

よく伸びるパンツも着心地が楽でおすすめ。

身の回りのものや産後に使うグッズを忘れずに

産院で用意されているものもありますが、陣痛や分娩をサポートしてくれるグッズは持っていくと便利。陣痛の間は水分補給が大切ですが、姿勢によって飲みにくいのでストローキャップ付きのものがあると楽です。また母子同室ではない場合や院内で診察の時、フカフカのスリッパが役立った!という声も。「新生児室まで行くのに役立つ」「病院のスリッパはあったけど自前でフカフカのものを持っていくと足元が冷えない」などスリッパはあると便利なようです。

ユニクロのルームシューズは『フカフカで気持ちよく、足が疲れません。暖かく冷え防止になります。』(京都府・女性)『暖かいし、足が冷えないからちょうどよい』(神奈川県・女性)と実際に購入した方にも好評です。

この他、産後2~3日経たないとシャワーを許可していない産院も多いので汗拭きシートなどがあるとさっぱりします。また産後に使う授乳クッションや退院に着る服なども忘れずに準備しましょう。



★サポートグッズ
□スリッパ 
□靴下 
□ペットボトルの飲み物 
□ペットボトル用のストローキャップ 
□タオル
□汗拭きシート 
□うちわ

★産後に使うグッズ
□授乳・円座クッション 
□母乳パッド 
□産後のリフォーム下着 
□ビニール袋 
□入浴・洗面グッズ  
□授乳時に羽織れるカーディガン 
□退院時の洋服 

リストにして忘れ物がないかチェックを。


Africa Studio/Shutterstock.com

リストにして忘れ物がないかチェックを。

産院内での診察や新生児室で授乳する時に歩きやすいスリッパがあると便利。

産院内での診察や新生児室で授乳する時に歩きやすいスリッパがあると便利。

リラックスして着用できるマタニティアイテムもお役立ち

産後すぐ、お腹が元に戻るということではないので、「マタニティ用のショーツのほうがゆったりした」や「お腹がゆったり温かいマタニティ用のレギンスがよかった」という先輩ママの意見も。マタニティショーツは、締め付け感もなく、肌に優しいコットン100%素材なら産後もリラックスしてはけます。またマタニティ用のレギンスもお腹部分が伸びて楽にはけるので、退院時に着てもコーディネートしやすくおすすめです。

ユニクロのマタニティショーツを購入した方からはこんな満足の声が上がっています。
『妊娠35週でLサイズを購入しました。お腹回りもキツくなくちょうどいいし、太ももやふくらはぎ部分も締め付けがなくはき心地良いです。家でもお出掛けでも使えます。』(東京都・女性)

『お腹まですっぽり包んでくれるので温かいです!』(東京都・女性)

『9カ月妊婦です。ストレスフリーで最高です。もっと早く購入しておけばよかった!』(神奈川県・女性)

『ストレッチが効いてて後期まで無駄なく使える。すっぽりお腹を覆えて楽チン』(東京都・女性)


マタニティレギンスも好評です。
『産後も着たいくらい着心地が良いです。ゴム幅が広く、それでいて落ちてこないし!』(東京都・女性)

『着ていてもお腹が苦しくなく、肌触りもいいです。妊娠初期から後期まで幅広く使えそうです。』(秋田県・女性)

『産後も普通に使えそう!予定ではルームパンツがショートパンツなのでその下にはく予定です。』(大阪府・女性)

足口も食い込まずはけるマタニティショーツ。

足口も食い込まずはけるマタニティショーツ。

マタニティ用レギンスは、優しい肌触りでリラックスしてはくことができます。

マタニティ用レギンスは、優しい肌触りでリラックスしてはくことができます。

いざという時に慌てないために早めに準備しておきたい入院準備グッズ。産院で用意されているものもありますが、自分が使い慣れているものを持っていくとさらに安心です。

■この記事に出てきたアイテム
コットンパジャマ(チェック・長袖)
ウルトラストレッチルームパンツ(ストレート)
ファーリーフリースルームシューズ
マタニティショーツ(ハイライズ)
マタニティレギンス(10分丈)

■この記事の関連ページ
ユニクロ マタニティ特集

※本サイトは利用規約に同意の上、各自の責任と判断によりご利用ください。
※掲載内容(商品情報、価格、リンク、在庫状況を含む)は公開時点のものであり、ご利用時と異なる場合があります。
※掲載画像に含まれるアイテムは、紹介しているアイテムと完全に同一ではない場合があります。

ライター紹介

百田なつき(エディター/ライター)

インテリア誌、通販誌、結婚情報誌、カタログなどの編集デスクを歴任。現在は大人の女性向けのファッション、ライフスタイルの書籍の編集・ライティングを多く手掛けている。

ライター紹介・ライター記事一覧