ウルトラライトダウンベストの脱マンネリコーデ術

ウルトラライトダウンベストの脱マンネリコーデ術

秋冬に活躍してくれるダウンベスト。ダウンにはコートやジャケットなどもありますが、実は使い勝手がいいのがベストなのです。でも着こなしが思いつかない、ワンパターンになりがち…という方へ、マンネリにならないベストコーデの事例をご紹介します。(文・KIHIRO)

ライターおすすめ「買って損なし!」の理由

実は私、だいぶ前に秋のゴルフ用にユニクロのウルトラライトダウンベストを購入しました。ところが、頭の中で「ゴルフ用」と思って買ったものですから、なかなか出番がなく、まさにタンスの肥やし状態。ところが、ダウンをアウターだけでなくインナーに着る「インナーダウン」という考え方に出会って、もう一度ダウンベストを見直してみたところ、あらためてベストの使い勝手の良さに気づいてしまったわけです。


◆優秀ポイント1 アウターでもインナーでも着られる
便利さの最大のポイントはアウターとしてだけではない、インナーとしてコートやジャケットの下に着られること。ベストタイプなら、袖がないので、どんなシルエットのコートの下にも着られて、袖がパンパンになったりしません。


◆優秀ポイント2 家でも外でも着られる
なんとなくダウンは外で着るものというイメージがありましたが、このコンパクトベストは寒いときにルームウェアの上にちょっと羽織るのに便利です。軽くて、薄くてゴワゴワしていないのがリラックスウェアにもなるポイントです。


◆優秀ポイント3 ポケッタブルになる
ダウンジャケットはかさばりがちなものという概念を覆したのがユニクロのウルトラライトダウン。しかも小さい袋にコンパクトにしまえるし、軽いので、会社に置いておいても、出張や旅行に行く時も便利。私の友人は夏でも会社に置いておいて冷房よけに使っているそうです。ベストタイプなら、思った以上に夜寒くなった…というような急激な気温の変化があっても、ジャケットなどの下に着ることができるので安心だそうです。

バッグや引き出しにポンと入れておける小ささです。

バッグや引き出しにポンと入れておける小ささです。

◆優秀ポイント4 襟のかたちがいろいろだからレイヤードしやすい
ユニクロのウルトラライトダウンベストには2つの種類があります。どちらもインナーにもアウターにも着られますが、襟のかたちが違うので、両方持っているとレイヤードを楽しめます。

ウルトラライトダウンベスト

立ち襟で首元も温かいタイプ。すっきりしたシルエットです。

立ち襟で首元も温かいタイプ。すっきりしたシルエットです。

ウルトラライトダウンコンパクトベスト

インナーにもアウターにも使えるサイズに工夫されていて、ラインがきれいです。

インナーにもアウターにも使えるサイズに工夫されていて、ラインがきれいです。

内側のボタンを留めるとVネックにもアレンジできる2WAY仕様。

内側のボタンを留めるとVネックにもアレンジできる2WAY仕様。

ベストはあまり着ないという人は多いかもしれませんが、これが意外にデイリーに活躍してくれるんですね。袖がないから寒いのでは?と思っていましたが、インナーダウンとして使うなら十分暖かく、着膨れして見えない?と思ってましたが、薄手ですっきり見えるのも魅力です。

では、具体的なコーディネート例を見ていきましょう。

きれいめから大人カジュアルまで ダウンベストのアウターコーデ術

まずはアウターから。ダウンベストはカジュアルで、きれいめ派のファッションには使いにくいという印象がありますが、それもコーデ次第。スカートと合わせたり、レイヤードや小物使いの工夫で大人可愛くコーディネートすることができます。

ボーダーのカットソーにレースのスカート+ダウンというコーデもちぐはぐにならないのは、全体に色のバランスを整えているから。きれいめな印象で着こなせます。

ボーダーのカットソーにレースのスカート+ダウンというコーデもちぐはぐにならないのは、全体に色のバランスを整えているから。きれいめな印象で着こなせます。

スウェットパンツとあわせたカジュアルな組み合わせは、腰に巻いたデニムシャツがアクセントになり、おしゃれ感をアップ。

スウェットパンツとあわせたカジュアルな組み合わせは、腰に巻いたデニムシャツがアクセントになり、おしゃれ感をアップ。

ウエストに細ベルトを加えることでコーデにきちんと感が出ます。

ウエストに細ベルトを加えることでコーデにきちんと感が出ます。

パーカーの上にノーカラーのダウンベストを羽織るのも可愛い。

パーカーの上にノーカラーのダウンベストを羽織るのも可愛い。

千鳥格子のベストは合わせるトップス次第で印象がいろいろ。ピンク系の明るい色と合わせればカジュアルに、モノトーンでシックに決めればエレガントスタイルも可能です。

千鳥格子のベストは合わせるトップス次第で印象がいろいろ。ピンク系の明るい色と合わせればカジュアルに、モノトーンでシックに決めればエレガントスタイルも可能です。

エレガントに決まる! ダウンベストのインナーコーデ術

ダウンベストビギナーにおすすめしたいのが、インナーダウンのコーデ。インナーダウンはチラリとのぞく色のバランスが大事。様々なタイプのコートと相性がよく、エレガントスタイルにも違和感がありません。インナーに着ても、薄手でコンパクトなので、変に着膨れしないのがいいところ。自分のコートのワードローブをチェックしてみて、合わせやすそうなベーシックカラーをいくつか持っておくことをおすすめします。

モッズコートのインナーに。色数を抑えることが大人っぽさの秘訣です。

モッズコートのインナーに。色数を抑えることが大人っぽさの秘訣です。

ツイードニットコートに合わせるのはグレーのインナーダウン。ベストをVネックにして黒のバランスを整えています。

ツイードニットコートに合わせるのはグレーのインナーダウン。ベストをVネックにして黒のバランスを整えています。

ネイビーでまとめたコーディネートにトレンチコートをプラスしてきれいめルックに。

ネイビーでまとめたコーディネートにトレンチコートをプラスしてきれいめルックに。

ツイードコートにピンクのインナーダウンを合わせて、王道のグレー+ピンクのコーデ。あたたかみのある大人可愛いいスタイルに。

ツイードコートにピンクのインナーダウンを合わせて、王道のグレー+ピンクのコーデ。あたたかみのある大人可愛いいスタイルに。

昨シーズン、私がこのウルトラライトダウンベストのすばらしさに気づいてユニクロのショップに駆け付けたときには、既にサイズなし、ベーシックな黒や白もなし…という状態でした。もちろん今シーズンは販売になった瞬間に欲しい色とサイズをGET。そのうち買おう…と油断していると人気色やサイズはなくなってしまうので要注意です。

■この記事に出てきたアイテム
ウルトラライトダウンコンパクトベスト(無地)
ウルトラライトダウンコンパクトベスト
ウルトラライトダウンベスト
ウルトラライトダウンベスト(千鳥格子)

■この記事の関連ページ
ユニクロ ウルトラライトダウン特集

※本サイトは利用規約に同意の上、各自の責任と判断によりご利用ください。
※掲載内容(商品情報、価格、リンク、在庫状況を含む)は公開時点のものであり、ご利用時と異なる場合があります。
※掲載画像に含まれるアイテムは、紹介しているアイテムと完全に同一ではない場合があります。

ライター紹介

KIHIRO(エディター)

旅行、結婚、カタログ、情報サイト等の編集を手掛け、メディアの立ち上げ、リニューアル等のコンサルティングも行う。ついつい刺激を追い求める性格なため、ピラティス、ゴルフ、フラワーアレンジメント、ピアノ、着付けと気づいたらお稽古フリーク状態。

ライター紹介・ライター記事一覧