「美しいシルエット」にこだわったニット選びのポイント 

「美しいシルエット」にこだわったニット選びのポイント 

色柄や、衿、袖、裾のデザインなど、ニット選びの基準にはいろいろありますが、体のラインが出やすく着膨れもしやすいため、着用時の姿のよさは重視したいところ。シルエットを美しく見せるためのニット選びのポイントとは。(文・KANA)

ニットのサイズが合っていない時のサインとは?

基本的なサイズ感の確認方法です。女性の場合、ニットを含むトップスは、最もボリュームが出るバストのサイズが基準となります。サイズ表がある場合は、まずはバストサイズを確認しましょう。

実際に試着する際には、以下のサインが出ていたらサイズが合っていない可能性があります。

○胸のあたりに横じわが入っている
 →肩先とバストの間、肩甲骨の上、ウエストなど、ボリュームやくびれがある部分に横じわが入っていたら、それはサイズが小さすぎるサインです。

○サイドの縫い目線が脇から下へまっすぐ下りず、前か後ろに引っ張られている
 →これも同様にサイズが小さい時のサインで、バストがきつければ胸のあたりで、ウエストがきつかったらお腹あたりで脇の縫い目線が歪みます。

○裾が前上がりになっている
 →バストサイズが合っていないサイン。バストのボリューム分だけ裾の前が上がります。

○裾がウエストラインに届いていない
 →ロングニットでなければ、裾はウエストにかかるのがジャストサイズ。それより丈が短いということは、これはバストだけでなく、全体的にパツパツ気味かもしれません。逆にウエストより長ければニットが大きすぎるサインです。

○袖山が肩から落ちている
 →オーバーサイズ気味にざっくりと着こなすならよいですが、ジャストサイズで着たいならもう少し小さいサイズを選びましょう。

ちょうどウエストにかかる丈で、前後とも同じ長さがジャストサイズ。

ちょうどウエストにかかる丈で、前後とも同じ長さがジャストサイズ。

画像の着用アイテムを見る

きれいめ「ハイゲージニット」のサイズ選びは慎重に

編み目が小さく、厚みが薄い「ハイゲージニット」。上品な雰囲気できれいめコーデにも合い、タートルネックやVネック、クルーネックとバリエーションも豊富で便利なニットです。

体にフィットしたつくりというイメージがあまりないので、試着しないで購入する人もいると思いますが、とくに薄手のものは体にまとわりつきやすいです。そのため、体のラインが出るのが気になるという人は、ピッタリしすぎないサイズを選ぶことが大切です。

○ニット本来のシルエットから気になる部分のラインが出ている
○インナーのラインを拾っている
これらのサインがあったら、ひとつ上のサイズを検討してみるといいですよ。

タートルネックセーターなどによく見られるハイゲージ。

タートルネックセーターなどによく見られるハイゲージ。

Vネックの深さの正解は、きちんと試着して確認を

襟元のサイズ感は、自分が着用した時にどのように見えるかを試着時に確認する必要があります。

例えばVネック。Vの深さはもちろん好みにもよりますが、詰まりすぎず、開きすぎず、バランスよくV字を見せるには、一般的なチェーン40cmのネックレスを着用した時に、ペンダントトップの4cmほど下にVの先端がくる深さが目安です。

また、タートルネックは首元が詰まり過ぎているものよりも、着用した時に首の周りに広めのスペースがあるデザインがおすすめ。余裕が出ることですっきりと着られます。

いずれも体型により見え方が異なるので、必ず試着をし、自分の体にはどのサイズやかたちがバランスよく見えるかを確認することが大切です。

デコルテをきれいに見せてくれるのはVネックの特典。

デコルテをきれいに見せてくれるのはVネックの特典。

とくに重要なニットワンピのサイズ選び。ヒントは“編み方”

さらにシルエットが目立つニットワンピースは、編み方に合わせてサイズを検討するのがいいでしょう。例えば先述のハイゲージニットよりも、リブニットのように伸縮性のあるニットは体にピッタリフィットするので、体のラインを出したくない人はいつもより1サイズ上を試してみるとよいかもしれません。

やわらかく伸縮性のあるニットは、とくに体型がシルエットに影響しやすいアイテム。ここ数年は、高度な技術で立体的に編み上げ、ニット自体に美しいシルエットを施す「ホールガーメント」というニットが注目を集めています。体を包むような感触が着ごこちがよく、特にワンピースは体型をカバーし、きれいなシルエットに見せてくれます。

※ホールガーメントは、株式会社島精機製作所の登録商標です。

シームレスな立体編みで美シルエットに仕上がるホールガーメントのニットワンピース。

シームレスな立体編みで美シルエットに仕上がるホールガーメントのニットワンピース。

色柄やデザインを気に入って買ったせっかくのニット。購入後に着てみてがっかりというようなことがないよう、必ず試着をすること。そしてその際には、当記事で解説したポイントを確認してみてください。この秋冬は美しくニットを着ましょう。

■この記事に出てきたアイテム
エクストラファインメリノVネックセーター(長袖)
エクストラファインメリノタートルネックセーター(長袖)
3Dメリノモックネックワンピース(7分袖・レギュラー丈・94.5~104.5cm)
3Dメリノモックネックワンピース(7分袖・ロング丈・100.5~110.5cm)
3Dメリノモックネックワンピース(7分袖・ショート丈・88.5~98.5cm)

■この記事の関連ページ
ユニクロ ニット(セーター・カーディガン)特集

※本サイトは利用規約に同意の上、各自の責任と判断によりご利用ください。
※掲載内容(商品情報、価格、リンク、在庫状況を含む)は公開時点のものであり、ご利用時と異なる場合があります。
※掲載画像に含まれるアイテムは、紹介しているアイテムと完全に同一ではない場合があります。

ライター紹介

KANA(エディター・ライター)

グルメ、旅行、恋愛、エンタメなど、生活を豊かにするさまざまなジャンルの編集・ライティングを手掛ける。現在、一番注目しているのは、レベルがどんどん上がっているプチプラアイテム。一番注力しているのは、遅すぎた肉体改造。

ライター紹介・ライター記事一覧