靴下のたたみ方をマスターして収納名人になろう!

靴下のたたみ方をマスターして収納名人になろう!

洗濯後の靴下、どのようにしていますか? 適当にたたんで引き出しに放り込んでしまい、気づいたら片方見当たらない……なんて経験はありませんか? ここでは、コンパクトかつきれいにしまえる靴下のたたみ方と、収納のポイントをご紹介します。(文・宅野美穂)

靴下は、どうやってたためば良いの?

靴下を引き出しにしまう時、皆さんはどのようにしてたたんでいますか?左右重ねて、靴下のゴム口からクルッと丸めてまとめるたたみ方が、オーソドックスなのではないかと思います。

このたたみ方は簡単にできますが、どうしてもゴムをいじる形になります。繰り返すうちにゴムが伸びてしまい、脱げやすくなってしまう可能性もあります。

少しでも靴下を長持ちさせるには、できる限りゴムを伸ばさないようにするのがポイントです。おすすめのたたみ方をご紹介します。

1、足裏側を上に向け、平面状にします。
2、左右の足の裏を合わせるようにして重ねます。
2、履き口を折ります。つま先部分が1/3程度残るように折るのがポイントです。
3、つま先部分を折って履き口に入れて、できあがり。

こちらのやり方であれば、ゴムが伸びる心配もありません。

ゴムを伸ばさないように気をつけてたたもう。

ゴムを伸ばさないように気をつけてたたもう。

この画像のアイテム→「レギュラーソックス(3足組)

長さ別・靴下のたたみ方

靴下には、スニーカー用のくるぶし丈のものから、フットカバーなどさまざまな長さがあります。長さ別に靴下のたたみ方をご紹介します。

○くるぶし丈

1、左右重ねて置きます。
2、履き口を斜めに折ります。
3、つま先部分を外側の方の履き口に差し込んで、完成。

丈が短いくるぶし丈は、履き口を斜めに折ることで、つま先部分をしまうことができます。できあがりはおにぎりみたいな形で、かわいいです。

スニーカー用のくるぶし丈靴下は何足あっても足りないくらい

スニーカー用のくるぶし丈靴下は何足あっても足りないくらい

この画像のアイテム→「ベリーショートソックス(3足組)

○フットカバー

1、履き口を上にして左右重ねます。
2、かかとから1/3部分を折ります。
3、つま先部分を折り返して、できあがりです。

パンプスやバレエシューズなどを履く時に欠かせないのが、フットカバーです。フットカバーは薄いため、適当にしまうとすぐに見つからなくなってしまいます。きちんと左右1セットの状態でたたみましょう。

パンプスやバレエシューズに合わせたいフットカバータイプ

パンプスやバレエシューズに合わせたいフットカバータイプ

靴下を引き出しにしまう時のポイント

せっかく靴下をきれいにたたんでも、引き出しにしまう際にグチャッとなってしまったらもったいないですよね。収納時のポイントを抑えましょう。

○パンプス用、スニーカー用など用途別に分ける
靴下は、用途に合わせて丈が異なります。引き出しを細かく仕切り、「パンプス用」「スニーカー用」など、用途別に分けると探しやすくなります。
100円ショップなどで手に入るような小物入れや仕切り板を活用しましょう。

○詰め込みすぎない
いくらコンパクトにたためたからといって、詰め込みすぎるのは禁物です。無理に取り出そうとして、左右がばらばらになってしまっては意味がないですよね。余裕を持ってしまいましょう。

○靴下をたたんだ時のサイズにそろえて見映えをきれいに
見映えにこだわるなら、靴下をたたんだ時のサイズにそろえることもおすすめです。ケースも、靴下の長さに合わせて、小物入れやファイルボックスなど、使い分けましょう。

靴下をきれいに収納して気分スッキリ!

靴下をきれいに収納して気分スッキリ!

いつの間にか、靴下が片方無くなっていたという人も、たたみ方と収納方法を工夫すればもう大丈夫です。さまざまな靴下で、足元からおしゃれを楽しんでくださいね。

■この記事の関連ページ
ユニクロ ソックス・レギンス・タイツ特集

※本サイトは利用規約に同意の上、各自の責任と判断によりご利用ください。
※掲載内容(商品情報、価格、リンク、在庫状況を含む)は公開時点のものであり、ご利用時と異なる場合があります。
※掲載画像に含まれるアイテムは、紹介しているアイテムと完全に同一ではない場合があります。

ライター紹介

宅野美穂(ライター)

2017年より個人で活動をスタート。Webメディアを中心に、グルメレポやトレンド記事などを執筆中。本や音楽、演劇などのカルチャー関連のモノに興味あり。趣味は読書とライブに行くこと。生活雑貨店での販売員経験を活かし、美容やコスメなどの記事にも挑戦したいと目論んでいる。ブログ「読書が趣味でもいいじゃない」公開中(http://www.takumiho.com)。

ライター紹介・ライター記事一覧