初秋から冬本番まで!長く使えるウルトラライトダウン

初秋から冬本番まで!長く使えるウルトラライトダウン

ウルトラライトダウンは、ダウンと名につくことから活躍シーズンは冬のみと思っている方も多いのではないでしょうか。実は、夏が終わった9月ごろから役立つシーンが増えます。特にコンパクトタイプのウルトラライトダウンは活用度大です。(文・近藤あやこ)

トップ画像のコーデができるアイテム→「ウルトラライトダウンコンパクトジャケット」
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

〈初秋〉冷房による冷えから体を守る!

9月ごろはまだまだ電車内や店の中で冷房が効いており、汗冷えして体が冷えてしまうこともありますよね。そのため、室外と室内の気温差に対応する羽織ものは必需品とも言えます。カバンに入れておけるコンパクトなウルトラライトダウンは、カーディガン代わりに使える優れもの。さっと羽織れば冷房の冷たい風からしっかり体を守ってくれるでしょう。

カーディガン代わりに使えるコンパクト軽量タイプ

カーディガン代わりに使える軽量タイプ

このコーデができるアイテム→「ウルトラライトダウンジャケット」
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

持ち歩けるパッカブル仕様。

持ち歩けるパッカブル仕様。

〈天候不順にも〉急な雨・風による冷えをしのぐ!

季節の変わり目などは天候が不安定になりますが、シームレスタイプのウルトラライトダウンをカバンに入れておけば、急な雨でも安心。耐久撥水加工が施されている上、ダウン特有の縫い目がないため、雨風をしのぐ効果が期待できます。

雨風に強いシームレスタイプのウルトラライトダウン

雨風に強いシームレスタイプのウルトラライトダウン

このコーデができるアイテム→「ウルトラライトダウンシームレスパーカ」
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

〈秋本番〉朝晩の気温差もウルトラライトダウンで乗り切ろう!

秋が深まってくると、日中の気温は高くても、朝・晩はぐっと気温が下がることが多くなります。お出かけの行き帰りに体が冷えてしまうことのないよう、温度調節できるように、ウルトラライトダウンをカバンに入れておきましょう。

「寒くてもオシャレ優! 厚着したくない!」という方には、薄手のウルトラライトダウンをアウターの下に着るのがおすすめ。コーデのアクセントにもなります。薄いだけではなく軽量なので、着ていることを忘れてしまうような着心地です。ベストタイプはより着膨れしにくく、スッキリ見えるのでおすすめですよ。

ダウンベストはスッキリ見えるのに暖かい

ダウンベストはスッキリ見えるのに暖かい

このコーデができるアイテム→「ウルトラライトダウンコンパクトベスト」
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

〈真冬〉インナーダウンとして大活躍!

真冬はコンパクトタイプのウルトラライトダウンが大活躍する季節です。コートやダウンなどのアウターの下にウルトラライトダウンを着れば、スマートなのに暖かさは倍増。他のダウンにはない薄さが、見た目のスマートさと動きやすさを実現します。また、真冬には使いづらい薄手のコートも、中にウルトラライトダウンを着るだけで“使えるアイテム”に早変わりです。

インナーダウンを選ぶ際のポイントは、サイズ、色、形の3つです。着膨れしてしまったり、アウターの裾や袖口からインナーダウンが見えたりしては台無しですから、ジャストサイズがGOOD。色は、ベーシックなものがおすすめです。インナーダウンはあくまでコーデの引き立て役ですから、目立たない色のほうが使いやすいでしょう。アウターの形に合わせて、Vネックタイプ、ノーカラータイプ、丈の長いコートタイプなど、さまざまなバリエーションの中からあなたにぴったりのウルトラライトダウンを選んでくださいね。

アウターの形に合ったウルトラライトダウンを選ぼう

アウターの形に合ったウルトラライトダウンを選ぼう

画像のアイテム→「ウルトラライトダウンコンパクトコート」


薄手でコンパクトな上、しっかり暖かいウルトラライトダウンは、あらゆる季節に役立ちます。防寒対策とオシャレを両立したい方は、ぜひウルトラライトダウンをコーデに取り入れてみてくださいね。

■この記事の関連ページ
ユニクロ ウルトラライトダウン特集

※本サイトは利用規約に同意の上、各自の責任と判断によりご利用ください。
※掲載内容(商品情報、価格、リンク、在庫状況を含む)は公開時点のものであり、ご利用時と異なる場合があります。
※掲載画像に含まれるアイテムは、紹介しているアイテムと完全に同一ではない場合があります。

ライター紹介

近藤あやこ(ライター・編集)

大阪府出身。夫の転勤を契機に、旅行パンフレットの制作ディレクターからフリーライターへ転身。場所・時間にしばられない働き方を実践する。得意分野は旅行、金融、健康など。旅行が好きで、訪れた国は40カ国近くに及ぶ。

ライター紹介・ライター記事一覧