もっと使えるニットトップス 秋コーデの新バリエ

もっと使えるニットトップス 秋コーデの新バリエ

夏の主役だったTシャツに比べ、秋物のトップスは素っ気ないと感じませんか?1枚で着ても見栄えがする、きれいめテイストのニットトップスは出番がいっぱい。Tシャツ感覚で着ても、ルーズに映らないスタイリングを覚えて、自在に着こなしていきましょう。(文・宮田理江)

きれいめの印象はディテールが肝心

ニットトップスはシンプルなつくりが多いだけに、ディテール(細部)にこだわって選びたいアイテムです。とりわけデコルテ(鎖骨周り)、ショルダー、アームラインをきれいに見せてくれるデザインを重視して。

たとえば、ネックラインの開き具合や襟周りの細さなどは見た目の印象を大きく左右します。濃いめの色を選ぶと、上半身が引き締まって映ります。コツはトップスと好対照の明るい色をボトムスに迎えるところです。半袖タイプは夏専用と思われがちですが、重ね着してもかさばらないから、秋以降も重宝します。

あえて首から下はノーアクセサリーにして、自然体でヘルシーなイメージを演出。

あえて首から下はノーアクセサリーにして、自然体でヘルシーなイメージを演出。

濃い色で上半身をタイトに見せる

黒っぽい色を使わなくても、ニットトップスで見ためのスリミング効果を引き出すには、濃淡の差を利用しましょう。使うのは同系色です。たとえば、キャメルカラーのトップスに、ベージュのスカートを合わせるような配色です。

コツはボトムスに薄いトーン、トップスに濃いめの色を選ぶところ。色味の近い2色で組み立てるコーデは全体に穏やかな落ち着きをもたらしてくれます。

トップスはぴったりフィット、ボトムスはややボリューミーにすると、さらに細感が際立ちます。

トップスはぴったりフィット、ボトムスはややボリューミーにすると、さらに細感が際立ちます。

穏やかキャラを色と風合いで演出

上質なウールで編み上げたニットトップスは、やさしげなムードを醸し出してくれます。効果的な色はピンクやベージュといった、ハートウォーミングな色。

ゆったりしたシルエットはくつろいだ雰囲気を寄り添わせます。のどかに着こなすなら裾はウエストアウトして。ニットの質感を際立たせるには、デニムのような異素材のボトムスを選ぶとよいでしょう。

温感を帯びた色をトップスに、グレーなどクールな色をボトムスに配すると、トップスのぬくもりムードが引き立ちます。

温感を帯びた色をトップスに、グレーなどクールな色をボトムスに配すると、トップスのぬくもりムードが引き立ちます。

楽ちんカーデでお仕事コーデ

着こなしバリエーションの広いカーディガン。前を開けてふんわりとまとう人が多いのですが、実は長袖Tシャツのようにも着られます。フロントのボタンを全部留めて、裾をボトムスにウエストインするだけで、着映えが様変わり。Vネックがシャープな印象を引き出してくれます。

Tシャツでは出勤をためらう人も、これなら手持ちのボトムスと合わせて、着心地の楽なお仕事ルックに役立てられそうです。

きちんと感の高いパンツとのコンビネーションはオフィスコーデにも向きます。

きちんと感の高いパンツとのコンビネーションはオフィスコーデにも向きます。

イージーな雰囲気のあるTシャツに比べ、素材やディテールに上質感のあるニットトップスは落ち着いた印象のおかげで、着て行けるシーンが広がります。色選びやウエスト処理などを工夫すると、着回しパターンを増やせます。

■この記事のポイントのまとめ
きれいめの印象はディテールが肝心
濃い色で上半身をタイトに見せる
穏やかキャラを色と風合いで演出
楽ちんカーデでお仕事コーデ

■この記事に出てきたアイテム
エクストラファインメリノクルーネックセーター(5分袖)
3Dコットンコクーンセーター(長袖)
エクストラファインメリノVネックカーディガン(長袖)

■この記事の関連ページ
ユニクロニット(セーター・カーディガン)特集

WRITER