超定番!ベビーレギンス、初秋への活用術

超定番!ベビーレギンス、初秋への活用術

ロングセラーの人気を誇るユニクロのベビーレギンス。パンツとして、レイヤードコーデに、いろいろな使い方ができるのも魅力。丈の長さや素材、色柄のバリエーションも豊富なので、上手に選んで秋から冬への季節の変わり目に活用してみましょう。(文・今野珠美)

気温や気候に合わせて5分丈から10分丈まで使い分け

暑い日はショート丈のロンパースやボディ肌着1枚で過ごすことが多い赤ちゃん。秋に近づくにつれ、夕方涼しさを感じることも。そんな時は、レギンスを重ねてお腹から下を冷えからガード。気温に応じて、暑い日は5分丈、少し涼しくなったら7分丈と使い分けして調節してあげましょう。また、蒸れやすく気温の高い日はドライ機能がついていて、汗をかいても乾きやすくサラサラとした感触の素材を選ぶと安心です。

『サラサラ素材で、こんなのがほしかったんです。UNIQLOさんは本当にすごいです。5分丈ですが大きめに買っていて丈がちょうど膝裏まであるので汗をかいても一安心。』(大分県・男性)

暑い日もドライ機能つきなら汗をかいてもさらりと快適。

暑い日もドライ機能つきなら汗をかいてもさらりと快適。

初秋は7分丈で調整を。

初秋は7分丈で調整を。

季節が進んだ涼しい日は10分丈に切り替えを

秋の気配を感じる頃には、レギンスの丈を10分丈にして、足首までしっかりガード。そのままパンツとしてはもちろん、ショートパンツやワンピースと重ねるなど、季節の変わり目のちょい足しコーデとして大活躍します。

『生地が厚く、冬でも使える。薄くないので助かる。』(神奈川県・男性)

どんなコーディネートにも合わせやすい無地レギンス。

どんなコーディネートにも合わせやすい無地レギンス。

秋冬の雰囲気の色柄で簡単に季節感を

秋冬気分を先取りしたスタイルを楽しみたい、そんな時はデザインのチョイスで簡単にできるのがレギンスの良い所。こっくりとした深い色合いやウォーム感のある柄で、新しい季節の着こなしが楽しめます。

温かみのあるクマさんをモチーフにしたフェアアイル柄。

温かみのあるクマさんをモチーフにしたフェアアイル柄。

秋冬仕様の暖か素材をチェック!

寒くなる前に素材にも注目!しっかりとした厚みのあるリブ素材や上品で愛らしい印象のニット素材、ふんわり心地のフリース素材など、おしゃれにはけて暖かいレギンスで、寒い日も快適に過ごせるコーディネートを作ってあげましょう。

『レギンスの中ではこのリブ素材が圧倒的に使いやすく、他のレギンスよりも生地も厚くしっかりしていておしゃれなので、ほぼ全色持っています。』(東京都・女性)

ケーブル編みのボリューム感がおしゃれなニットレギンス。

ケーブル編みのボリューム感がおしゃれなニットレギンス。

パンツとしてもおしゃれにはけるしっかりとしたリブ素材。

パンツとしてもおしゃれにはけるしっかりとしたリブ素材。

裏地がフリース素材だと抜群に暖かいです。

裏地がフリース素材だと抜群に暖かいです。

ドライ機能のついた短い丈、保温性のある素材のフルレングス丈、いろいろなバリエーションのレギンスを持っておくと、気温の変化が激しい季節の変わり目に重宝します。またコンパクトにたためるので、気温差のある場所への旅行やお出かけの時に持って行くと安心です。

■この記事に出てきたアイテム
レギンス(サメ・7分丈)
KIDS ドライレギンス(7分丈)
レギンス(フラミンゴ・7分丈)
レギンス(クマ・10分丈)
ニットレギンス(ケーブル)
レギンス(リブ・10分丈)
フリースレギンス(10分丈)

■この記事の関連ページ
ユニクロ BABY レギンス特集

※本サイトは利用規約に同意の上、各自の責任と判断によりご利用ください。
※掲載内容(商品情報、価格、リンク、在庫状況を含む)は公開時点のものであり、ご利用時と異なる場合があります。
※掲載画像に含まれるアイテムは、紹介しているアイテムと完全に同一ではない場合があります。

ライター紹介

今野珠美(エディター・ライター)

出版社勤務後フリーランスの編集・ライターとして、女性誌を中心に活動。出産を機にベビー・キッズ・マタニティの分野に活動の場を広げる。子育て経験とファッションの知識を生かした記事が得意です。

ライター紹介・ライター記事一覧