秋カラーで見せる、アンクルパンツの落ち着きコーデ

秋カラーで見せる、アンクルパンツの落ち着きコーデ

動きやすいアンクルパンツは真夏の頼れるパートナー。でも、実は、色選びや小物使いを工夫すれば、オールシーズン使えます。秋を感じさせるカラーを先取りしながら、コーディネートのポイントを押さえて、出番を増やしていきましょう。(文・宮田理江)

小物投入で秋ムード演出

ナチュラルテイストの勢いが続く中、グリーンやベージュは夏から先もオントレンドの色です。アンクルパンツで自然系の色を迎えたうえで、ブラウンやベージュといったオータムカラーの帽子や靴を引き合わせれば、一足早く秋らしさも演出できます。

パンツがきれい色で彩られている分、トップスはシンプルめで構いません。シーンに合わせて襟付きシャツやTシャツでムードを変えて。揺らめくイヤリング、華奢なヒールサンダルなどの小物使いでムードを操れます。

足の甲が広く出る靴を選べば、アンクルパンツの丈感が引き立ちます。

足の甲が広く出る靴を選べば、アンクルパンツの丈感が引き立ちます。

画像の着用アイテムを見る→

オータムカラーで秋を先取り

センタープレスの効いたアンクルパンツは、トップスが1枚でも「きちんと感」を印象づけてくれます。工夫ポイントはトップスの色。夏はさわやかな白やブルーを、秋から先はオータムカラーを活かすと、「オールシーズン着回し」が叶います。

トップスにブラウン系を迎えるだけでも、夏気分からスイッチできます。センタープレスのおかげで、ベルトをきっちり巻いて、お仕事ルックにも使えるから、さらに出番を増やせます。

バッグにも秋色を取り入れて、トップスとのハーモニーを奏でて。

バッグにも秋色を取り入れて、トップスとのハーモニーを奏でて。

画像の着用アイテムを見る→

「ワントーン」のコーデで自然な落ち着き

秋にふさわしい落ち着きを醸し出すには、同系色で整える「ワントーン」のコーデがおすすめです。秋をほんのり感じさせるアースカラーを選ぶと、全体が自然体ムードにまとまります。

着こなしのコツは少しずつ色のニュアンスをずらしたり、異素材をミックスしたりするところ。コットンのアンクルパンツは裾丈に伸びやかさがあるので、気負わない雰囲気のキープレーヤーに向いています。秋からはポンチョやカーディガンを重ねて、細感を引き出す着こなしも試せます。

白スニーカーを添えると、全体のカラートーンが際立ちます。

白スニーカーを添えると、全体のカラートーンが際立ちます。

画像の着用アイテムを見る→

秋色で整えて、ボリューム落差を際立たせる

ほっそりシルエットを印象づけやすいのも、アンクルパンツの魅力です。足首ゾーンがのぞくから、自然に細感が漂います。全体の色味を調和させつつ、パンツの色をトップスより少し濃い色にずらすと、レッグラインが引き締まって映ります。

ストールやスカーフをゆるく巻いて、長めに垂らすと、落ち感が出るうえ、ボリューム落差が際立って、さらに腰から下がシャープに見えます。小物アイテムでオータムカラーを添える小技も効果的です。

ストールの端をボトムスの上に乗せると、細感が強まります。

ストールの端をボトムスの上に乗せると、細感が強まります。

「夏=Tシャツ」「冬=コート」といった、服とシーズンをワンセットで考える習慣をやめると、ワードローブをダイナミックに使いこなしやすくなります。せっかく手に入れたアイテムだから、できるだけオールシーズンで着回したいもの。オータムカラーや小物を賢く取り入れることによって、夏に出会ったアンクルパンツと、秋から先も仲良く付き合っていけそうです。

■この記事のポイントのまとめ
小物投入で秋ムード演出
オータムカラーで秋を先取り
「ワントーン」のコーデで自然な落ち着き
秋色で整えて、ボリューム落差を際立たせる

■この記事に出てきたアイテム
コットンテーパードアンクルパンツ(丈標準64cm)
EZYタックアンクルパンツ(丈標準62~64cm)
コットンテーパードアンクルパンツ(丈標準64cm)
EZYタックアンクルパンツ(丈長め69cm)

■この記事の関連ページ
ユニクロ アンクルパンツ・クロップドパンツ特集

WRITER