90年代風ハイライズジーンズを今風にはくには? 

90年代風ハイライズジーンズを今風にはくには? 

股上が深めの「ハイライズジーンズ」が再び人気を集めています。90年代に流行しましたが、アレンジが現代風にアップデートされています。腰周りをもっさりさせない着こなしポイントをつかんで、コーディネートに取り入れていきましょう。(文・宮田理江)

このコーデができるアイテム→「ハイライズシガレットジーンズ(丈標準70cm)」

ロングアウターで縦長シルエット

ハイライズはウエストが最も細いあたりまで届くので、腰の位置が高く見えます。これだけでも脚が長く映るのですが、効果をさらに引き出すには、着丈の長いアウターを重ねて。「ロング×ロング」の視覚的イメージが重なり合って、縦長シルエットを印象づけてくれます。

ライトアウターをさらりと羽織るコーデはほとんどオールシーズンで使えます。足元をローファーで合わせれば、シックな風情が漂います。ジーンズに上品シューズを添えるのは、ジーンズの出番を増やす基本技です。

全身を覆い隠しすぎないよう、アウターは袖まくりを意識して。

全身を覆い隠しすぎないよう、アウターは袖まくりを意識して。

このコーデができるアイテム→「ハイライズシガレットジーンズ(丈標準70cm)」

ジャケット投入で品格ルックに

丈感がたっぷりあるハイライズジーンズは、逆にコンパクトなTシャツのようなトップスで合わせると、脚長イメージを強調できます。Tシャツだけでは見栄えがあっさりしすぎると感じるのなら、ジャケットを重ねましょう。

英国調の正統派タイプを選べば、ジーンズルックに品格が備わります。その際、ジャケットのサイズを少し大きめにして、ゆるっと羽織ると、気負いを遠ざけたこなれた着映えに。

マニッシュなローファーで合わせれば、軽やかなイメージを呼び込めます。

マニッシュなローファーで合わせれば、軽やかなイメージを呼び込めます。

このコーデができるアイテム→「ハイライズシガレットジーンズ(丈標準70cm)」

クロップト丈とハイライズは好相性

着丈が短めのトップスは、丈感の違いが際立つから、ハイライズジーンズと好相性です。たとえば、クロップト丈のブルゾンはゆったりしたボリュームの違いもあって、腰から下をほっそり見せてくれます。

アウターを羽織る場合は、前を開けて、ハイライズ部分をしっかり見せるように工夫すると、腰の位置を高く印象づけられます。ジーンズにあえてピンヒールで合わせる、ムード違いのコントラストがクールな雰囲気を生んでいます。

ショート丈で大きめ量感のアウターはハイライズジーンズの絶好のパートナー。

ショート丈で大きめ量感のアウターはハイライズジーンズの絶好のパートナー。

このコーデができるアイテム→「ハイライズストレートアンクルジーンズ(丈標準70cm)」

ストリート感と大人っぽさが同居

「きれいめの大人ストリートテイスト」という新トレンドが盛り上がってきました。パーカをドレッシーにまとうような新発想のスタイリングです。色落ち加工を施したジーンズはストリート系コーデの常連ですが、ハイライズを選べば、全体がカジュアルになりすぎず、今の気分でまとめやすくなります。

大ぶりのイヤリングや白ソックスできちんと感を薄く漂わせています。

大ぶりのイヤリングや白ソックスできちんと感を薄く漂わせています。

このコーデができるアイテム→「ハイライズストレートアンクルジーンズ(丈標準70cm)」

ハイライズの縦長イメージを引き出すうえで、ショート丈のトップスやアウターは効果が期待できます。トップス裾をウエストにオールインしたり、正面だけ入れたりするアレンジも視線を腰のあたりに引き込んでくれます。こういった小技を組み合わせれば、細感を印象づけやすくなるから、ハイライズジーンズのコーデに磨きを掛けてみましょう。

■この記事の関連ページ
ユニクロ ジーンズ特集

※本サイトは利用規約に同意の上、各自の責任と判断によりご利用ください。
※掲載内容(商品情報、価格、リンク、在庫状況を含む)は公開時点のものであり、ご利用時と異なる場合があります。
※掲載画像に含まれるアイテムは、紹介しているアイテムと完全に同一ではない場合があります。

ライター紹介

宮田理江(ファッションジャーナリスト・ファッションディレクター)

多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報などを発信。リアルトレンドを落とし込んだ着こなし提案も得意とする。コンサルタントとしてのビジネスも手がけ、企業向け提案、セミナー、イベント出演も多い。

ライター紹介・ライター記事一覧