クールから大人可愛いまで自在に!モノトーンコーデ術

クールから大人可愛いまで自在に!モノトーンコーデ術

シックな印象のモノトーンコーデは、組み合わせやすい反面、マンネリ化したりまとまりすぎたりしてしまいがち。でも、アイテムさえ選べばクールなコーデからフェミニンなコーデまで自在に着こなせるはず!モノトーンコーデ術をマスターしましょう。(文・百田なつき)

シャツを抜き襟で着こなしてトレンド感のあるモノトーンコーデ

白シャツ+黒のパンツはすっきり見えて王道コーディネートですが、そのまま着てしまうとなんだか物足りなく見えてしまいます。抜き襟がきれいに決まるシャツを取り入れて、少し着崩すことでラフ感が生まれて、トレンドのモノトーンコーディネートが完成します。

張り感のあるシャツの素材もポイントに。

張り感のあるシャツの素材もポイントに。

画像の着用アイテムを見る

レッグラインが決まるハイライズパンツならスタイルアップが叶います。

レッグラインが決まるハイライズパンツならスタイルアップが叶います。

画像の着用アイテムを見る

ボーダー柄なら簡単にカジュアルミックスが完成

白のカットソーに黒のボトムスの組み合わせだとマンネリ化しがち。そんなときに便利なのがボーダー柄。ボーダー柄の爽やかなカジュアル感は季節問わず使いやすいです。1枚で着ても可愛く、またジャケットやカーディガンのインに着てもアクセントに。カジュアルなモノトーンコーデをしたい時におすすめです。

ボーダー×白パンツの爽やかなコーディネート。

ボーダー×白パンツの爽やかなコーディネート。

ジャケットのインに着るとアクセントに。

ジャケットのインに着るとアクセントに。

画像の着用アイテムを見る

黒のギンガムチェックシャツで大人可愛く決める

トレンドのギンガムチェック柄も黒を選べばモノトーンコーディネートに。シックだけでなく、ギンガムの愛らしさもプラスされて白のボトムスと合わせても大人可愛い印象にまとまります。ボトムスが白なので清涼感のあるコーディネートができ、夏にもぴったりな着こなしに。

サーキュラースカートと合わせて涼やかなコーデを。

サーキュラースカートと合わせて涼やかなコーデを。

画像の着用アイテムを見る

ギンガムチェックのシャツをクールに着こなして。

ギンガムチェックのシャツをクールに着こなして。

フェミニンなトップスは黒にして甘さを抑えたモノトーンコーデを

フリルやドレープなどのトップスは白だと少し甘めになりすぎたり、ボリューム感が出すぎたりすることも。大人めのモノトーンコーデを目指すなら、フェミニンなデザインのトップスは黒を選んで、白のボトムスと組み合わせると甘辛バランスが自然に整い、大人可愛いスタイリングになります。

黒のドレープデザインのトップスなら甘すぎません。

黒のドレープデザインのトップスなら甘すぎません。

画像の着用アイテムを見る

フリル袖も黒だとシックな印象に。

フリル袖も黒だとシックな印象に。

白×黒はコーディネートしやすいですが、なんだか物足りないなあ~と思ってしまいがち。そんな時はトレンドの柄やアイテムを取り入れて着こなし方を変えることで洗練度がアップします。

■この記事に出てきたアイテム
プレミアムリネンチェックシャツ(長袖)
エクストラファインコットンシャツ(長袖)
ハイライズシガレットジーンズ(丈標準70cm)
2WAYリブボーダーT(5分袖)
ドレープクルーネックT(半袖)
フリルスリーブT(半袖)

■この記事の関連ページ
ユニクロ シャツ・ブラウス特集

※本サイトは利用規約に同意の上、各自の責任と判断によりご利用ください。
※掲載内容(商品情報、価格、リンク、在庫状況を含む)は公開時点のものであり、ご利用時と異なる場合があります。
※掲載画像に含まれるアイテムは、紹介しているアイテムと完全に同一ではない場合があります。

ライター紹介

百田なつき(エディター/ライター)

インテリア誌、通販誌、結婚情報誌、カタログなどの編集デスクを歴任。現在は大人の女性向けのファッション、ライフスタイルの書籍の編集・ライティングを多く手掛けている。

ライター紹介・ライター記事一覧