定番だからこそ差が出る!白シャツコーデのコツ

定番だからこそ差が出る!白シャツコーデのコツ

白シャツはメンズのワードローブのなかでも、欠かすことのできない大定番。しかし、毎年アップデートされているのをご存じでしょうか? そのディテールの変化を見逃すと、コーディネートが時代遅れな着こなしになりがち、そこで最新の白シャツの着こなしテクをご紹介します。(文・Yuji Ito)

タイトル画像の着用アイテムを見る

何枚あっても困らない、白シャツはバリエ違いで入手!

ビジネス、カジュアルを問わず、あらゆるシーンで活躍する白シャツ。お洒落に必要な清潔感やビジネスでは誠実さをアピールできるため、誰もが1枚はもっているはず。しかし、そのシルエットやディテールはひそかに進化を遂げています。なので、白シャツこそ新作を買うのがお洒落上手への近道。なんか違う、なんかもっさりしてる、といった曖昧なお悩みを解決するなら、シャツのディテールにこだわって選ぶのが問題解決への糸口といえるでしょう。

◆素材で選ぶ
シャツの素材は様々ですが、ビジネスに使うなら、光沢があるブロード生地や、トラディショナルなオックスフォード、織り模様が上品なドビーあたりがおすすめ。カジュアルなら、夏にはリネンやシアサッカーの生地が涼感があり、品良く決まります。

画像はブルーですが、このような織り模様がドビーシャツです。

画像はブルーですが、このような織り模様がドビーシャツです。

◆襟のかたちで選ぶ
ビジネスではネクタイをしてもしなくても決まるレギュラーカラー、セミワイドカラー、ボタンダウンが定番。カジュアルなら何にでも合わせやすいレギュラーカラーかボタンダウンが便利ですが、シャツは襟のかたちで全体の雰囲気が左右されるので、バリエーションを揃えて楽しむのもおすすめです。

セミワイドカラーは、タイドアップしてもしなくてもスタイリッシュに。

セミワイドカラーは、タイドアップしてもしなくてもスタイリッシュに。

カジュアルにも着やすいボタンダウン。

カジュアルにも着やすいボタンダウン。

◆フィットで選ぶ
ボディラインは誰でも着やすいレギュラーフィットが定番ですが、よりスッキリ着こなしたいなら、スリムフィットがおすすめ。スタイル良く見えます。

スッキリ着こなせるスリムフィット。

スッキリ着こなせるスリムフィット。

おすすめシャツコーデ1 洗いざらしも絵になるオックスフォード

ざっくりとした生地感が魅力のオックスフォード地の白シャツは、洗いざらしのノーアイロンでもサマになるのが特徴。その場合、チノやベージュ系のカラーのパンツを合わせると王道的プレッピースタイルに。襟のかたちはボタンダウンだと、よりアメリカンな雰囲気が出ます。ちょっときれいめに着こなすなら、ネイビーのジャケットにレジメンタルのタイを合わせて、クリーンで知的な着こなしを。いずれにせよ、くったりとした生地感でもお洒落に見える、というのがオックスフォード地のメリットといえます。

1枚でさらっと着るなら、袖をまくって抜け感を。

1枚でさらっと着るなら、袖をまくって抜け感を。

画像の着用アイテムを見る

ブルゾンやジャケットと合わせても決めやすい。

ブルゾンやジャケットと合わせても決めやすい。

画像の着用アイテムを見る

おすすめシャツコーデ2 リゾートでも街でも、主役をはれるリネンシャツ

独特のシャリ感や控えめな光沢感、ドライな肌触りが人気のリネンシャツ。素材の特性からしてリゾートにぴったりですが、それを大人っぽく着こなすなら、シャツとパンツの色を合わせるのがおすすめ。白シャツにベージュ系のパンツなど、コーディネートの色数を少なくすれば着こなしの失敗とも無縁なので、間違いのないお洒落として、ぜひお試しを。街着として白リネンシャツを使うなら、インナーに白いTシャツを挟むと清潔感がアップ。パンツはデニムから黒パンまで、幅広いアイテムとも合わせやすいのも白シャツならではの魅力です。

丈を1センチ短くするなど、毎年アップデートしているユニクロのリネンシャツ。夏のレイヤードに便利。

丈を1センチ短くするなど、毎年アップデートしているユニクロのリネンシャツ。夏のレイヤードに便利。

画像の着用アイテムを見る

おすすめシャツコーデ3 こなれ感なら迷わずバンドカラーを選ぶべし

襟なしタイプのバンドカラーは、シャツのきちんと感は残しつつ、クルーネックのTシャツのようなこなれ感があるのが特徴。さらに色が白ならば、シャツ的な着こなしも、カットソーのように合わせることもできる優秀アイテムです。またウールタイプのパンツに合わせれば簡単にキレイめカジュアルになりますし、コットン素材のパンツなら、Tシャツオンリーよりも大人っぽく見えるのも嬉しいポイント。いずれにせよ、いつものお洒落を白シャツ1枚でこなれて見せるなら、バンドカラーが大おすすめです。

1枚で着ても、Tシャツの羽織りにしてもOK。

1枚で着ても、Tシャツの羽織りにしてもOK。

ウールライクのパンツと合わせるとビジネスにも合うきれいめコーデに。

ウールライクのパンツと合わせるとビジネスにも合うきれいめコーデに。

ボトムスをジーンズにかえるだけでこなれ感のあるカジュアルスタイルに。

ボトムスをジーンズにかえるだけでこなれ感のあるカジュアルスタイルに。

白シャツといっても、襟型や素材によって醸し出す表情はまったくの別モノ。しかも身幅や袖のシルエットなど、さり気ない部分がシーズンごとに進化を遂げているため、白シャツこそアップデートが必要なのです。たかが白シャツと思いがちですが、されど白シャツ。ベーシックなアイテムへのこだわりが、コーディネートをいまどきに見せる最大の秘訣。バリエーション違いで、揃えておくとお洒落指数がアップします。

■この記事で出てきたアイテム
ファインクロスドビーシャツ(レギュラーカラー・長袖)
ファインクロススーパーノンアイロンシャツ(スリムフィット・セミワイドカラー・長袖)
エクストラファインコットンブロードシャツ(ボタンダウン・長袖)
オックスフォードシャツ(ボタンダウン・長袖)
プレミアムリネンシャツ(長袖)
感動パンツ(ソフトタッチ・ウールライク)
スリムフィットジーンズ

■この記事の関連ページ
ユニクロ ドレスシャツ特集
ユニクロ カジュアルシャツ特集

※本サイトは利用規約に同意の上、各自の責任と判断によりご利用ください。
※掲載内容(商品情報、価格、リンク、在庫状況を含む)は公開時点のものであり、ご利用時と異なる場合があります。
※掲載画像に含まれるアイテムは、紹介しているアイテムと完全に同一ではない場合があります。

ライター紹介

Yuji Ito(ファッションディレクター)

英国を中心としたメンズのクラシックスタイルから、モード、ウィメンズのカワイイまでを理解するファッションディレクター。

ライター紹介・ライター記事一覧