結婚式にはどんな靴下を履くべき?二次会は?

結婚式にはどんな靴下を履くべき?二次会は?
出典 : butterfly_lady/Shutterstock.com

結婚式・披露宴へのお呼ばれの際、服装や持ち物はバッチリ用意していても、靴下まで考えていなかった! そんな経験をしたことはありませんか? 結婚式や披露宴、二次会へ参列する際、どのような靴下が適しているのかを解説します。(文・近藤あやこ)

結婚式や披露宴で履く靴下は黒・無地

結婚式はフォーマルな場ですから、服装やご祝儀など、さまざまなマナーがあります。靴下も例外ではありません。結婚式・披露宴に列席するときは、「黒い無地の靴下」を用意しておきましょう。

パンツの裾に隠れて見えにくいからと、何を履いてもいいわけではありません。柄ものや派手なカラーの靴下を身につけるのはマナーの上で NGです。また、めでたい場だからとネクタイに合わせて白の靴下を履くのも、非常識な人だと思われかねません。

なお、ストライプ柄の靴下が冠婚葬祭用の靴下として売られている場合がありますが、これはモーニングコートを着用する方用の靴下です。ゲストに招かれた方が履く靴下ではありませんので、注意しましょう。

黒い無地の靴下がGOOD!

黒い無地の靴下がGOOD!

長めの丈の靴下を選ぼう

さまざまな丈の靴下がありますが、結婚式や披露宴に履いていくのはある程度長さがあったほうがよいでしょう。足首の出るくるぶし丈の靴下は、カジュアルなので避けること。また、ずり落ちてきてシワが寄ったり、足首が見えてしまったりしてはだらしなく見えてしまいますから、中途半端な丈の靴下は避けましょう。もちろん、ゴムの伸びてしまった古い靴下もフォーマルな場には適しません。

スニーカーソックスは結婚式にはNG。

スニーカーソックスは結婚式にはNG。

二次会から参加するなら遊びを加えてもOK

ここまでは結婚式や披露宴のマナーのお話。二次会から参列するなら、黒無地以外の靴下でも問題ありません。レストランなどのカジュアルな場、気心の知れた友人ばかりが集まる場では、コーデのアクセントに派手なカラーや柄ものの靴下を合わせてもよいでしょう。

たとえば、スーツと同じ色のボーダーやドット柄の靴下、差し色としてネクタイやポケットチーフと同じ色の靴下を合わせるのもアリ。遊び心を加えて、おしゃれ度をぐっと高めましょう。

二次会は柄ものもOK!

二次会は柄ものもOK!

どんな場でも清潔が一番!

結婚式の場に限りませんが、最大のマナーは、「清潔な衣類を身につけること」です。いくら黒い無地の靴下を履いていても、穴が開いていたり、臭いがしたりしては台無しです。靴やパンツに隠れて見えにくいと言っても、意外と靴下は人の目に留まりやすいものです。思わぬ場で靴を脱ぐ機会があるかもしれませんから、おめでたい場にふさわしく、清潔な靴下を身につけましょう。

1年に何度もある機会ではありませんから、新調した靴下を用意しておくとよいかもしれませんね。足が臭いが心配なら、消臭機能付きの靴下もおすすめです。

消臭機能付きで快適、安心。

消臭機能付きで快適、安心。

結婚式や披露宴、二次会の靴下のマナーを紹介しました。せっかくスーツやネクタイをビシッと決めるなら、足先まで気を配りましょう。お祝いの気持ちが伝わるよう、その場にふさわしい靴下を選んでくださいね。

■この記事に出てきたアイテム
50色ソックス(消臭機能付き)
ボーダーソックス

■この記事の関連ページ
ユニクロ MEN ソックス特集

※本サイトは利用規約に同意の上、各自の責任と判断によりご利用ください。
※掲載内容(商品情報、価格、リンク、在庫状況を含む)は公開時点のものであり、ご利用時と異なる場合があります。
※掲載画像に含まれるアイテムは、紹介しているアイテムと完全に同一ではない場合があります。

ライター紹介

近藤あやこ(ライター・編集)

大阪府出身。夫の転勤を契機に、旅行パンフレットの制作ディレクターからフリーライターへ転身。場所・時間にしばられない働き方を実践する。得意分野は旅行、金融、健康など。旅行が好きで、訪れた国は40カ国近くに及ぶ。

ライター紹介・ライター記事一覧