白シャツの出番をもっと増やす 着回しアレンジ

白シャツの出番をもっと増やす 着回しアレンジ

清潔感を印象付けてくれる白シャツ(ブラウス)は、汗ばむ夏にうってつけです。生地やディテールに上質感を帯びた「おしゃれ白シャツ」なら、ジャケットライクにもドレッシーにも着られます。(文・宮田理江)

シャツ裾アレンジで引き出す着痩せ効果

白シャツと黒系パンツはシックにまとめやすい絶好のコンビネーション。

白シャツと黒系パンツはシックにまとめやすい絶好のコンビネーション。

画像の着用アイテムを見る

お仕事ルックではきちんと感を大切にしたい白シャツですが、逆にオフの日コーデでは雰囲気を変えてみたいもの。シャツ裾の正面だけをパンツに収める「ゆるイン」は、くつろいだムードを漂わせます。

あふれさせたシャツ裾が細身のスキニーパンツとのボリューム落差を生んで、メリハリが出て、着痩せ効果を発揮します。抜き襟ディテールのシャツや、大きめサイズのシャツを選んで、華奢感を引き出す選択肢もあります。

上品さと清潔感を兼ね備えた大人カジュアル

首元、手首、足首と「トリプル首見せ」でヌーディーな着映えに。

首元、手首、足首と「トリプル首見せ」でヌーディーな着映えに。

画像の着用アイテムを見る

一口にシャツと言っても、ポロやボタンダウンなど、種類が多く、それぞれに持ち味があるので、上手に使い分けたいところです。春夏は胸元を広めに開けて、涼やかな着映えに整えたくなります。きれいなVゾーンをこしらえると、シャープな印象を引き出せます。

パンツも白のスキニータイプで合わせると、上品さと清潔感が際立つホワイトコーデが完成します。別色のストールを長く垂らし掛ければ、うれしい縦落ち感が備わります。

品格ディテールで涼しげレディー

風に揺れるエアリーなトップスはさわやかで妖精ライクなムードを呼び込みます。

風に揺れるエアリーなトップスはさわやかで妖精ライクなムードを呼び込みます。

画像の着用アイテムを見る

暑い日はトップス1枚の涼しいコーデが多くなります。1枚でもさっぱりして見えすぎないのが、刺繍やレース、裾飾りなどを施した、手の込んだブラウス。

白いシャツやブラウスは上半身が白一色に見えてしまいがちですが、透かしレースや部分カットアウト(くり抜き)などのディテールは適度な肌見せや立体感を可能にします。丁寧な刺繍は気品も帯びるので、ルーズに見えやすいサマールックの弱点を補ってくれます。

クリーンムードの夏レイヤード

シャツ袖をまくり上げて、軽快なムードを出して。

シャツ袖をまくり上げて、軽快なムードを出して。

画像の着用アイテムを見る

単独で着ても様になりやすい白シャツですが、レイヤード(重ね着)に組み込めば、ほとんどオールシーズンで着られます。オールインワンやスリップドレスをシャツの上から重ね、落ちついたサマーレイヤードに仕上げられます。

白シャツの清潔感を生かして、濃い色やビビッドカラーと組み合わせるのが賢い選択。コットンシャツで飾らない雰囲気に整えるのもいいし、とろみがあるシャツでドレッシーにまとめるプランも選べます。

白シャツはコーデのアイデア次第で、何通りにも着回せるから、サマールックの「隠れ主役」になってくれます。コーデで意識したいのは、白ならではのクリーンで誠実、イノセントなイメージを引き出すこと。割とプレーンな見え加減の白シャツは引き合わせるアイテム次第でムードを自在に変えられるから、ボトムスや羽織り物とのコンビネーションで狙い通りに雰囲気を寄り添わせて、出番を増やしていきましょう。

■この記事で出てきたアイテム
リネンブレンドブラウス(半袖)
コットンエンブロイダリーブラウス(7分袖)
エクストラファインコットンシャツ(長袖)
コットンエンブロイダリーブラウス(ノースリーブ)
レーヨンエアリースキッパーカラーブラウス(7分袖)

■この記事の関連ページ
ユニクロ シャツ・ブラウス特集

※本サイトは利用規約に同意の上、各自の責任と判断によりご利用ください。
※掲載内容(商品情報、価格、リンク、在庫状況を含む)は公開時点のものであり、ご利用時と異なる場合があります。
※掲載画像に含まれるアイテムは、紹介しているアイテムと完全に同一ではない場合があります。

ライター紹介

宮田理江(ファッションジャーナリスト・ファッションディレクター)

多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報などを発信。リアルトレンドを落とし込んだ着こなし提案も得意とする。コンサルタントとしてのビジネスも手がけ、企業向け提案、セミナー、イベント出演も多い。

ライター紹介・ライター記事一覧