夏スタイルを格上げ!シャツ・ブラウスコーデ自由研究

夏スタイルを格上げ!シャツ・ブラウスコーデ自由研究

さっぱりしがちな夏の装いですが、シャツやブラウスを使えば、きちんと感を出しやすくなります。オンとオフで見せ方を変えて、着回しパターンを増やすスタイリングのコツは「裾」にありました。(文・宮田理江)

タイトル画像の着用アイテムを見る

カラーミックスでビタミンチャージ

異なるカラー同士で組み合わせてポジティブに。

異なるカラー同士で組み合わせてポジティブに。

画像の着用アイテムを見る

着るだけでビタミンをチャージできそうな鮮やか色は、夏気分を満喫できるチョイスです。オフの日はトーンの異なるカラーパンツと合わせて、大胆なカラーミックスを楽しんで。

お仕事ルックではシックな色のボトムスと引き合わせて、トップス裾をウエストインすれば、見え具合が様変わりします。あえて1枚で着るブラウスだからこそ、目を引く色を選びたいもの。丁寧な刺繍が静かな華やぎを添えてくれます。

大人の腕出しは程よく品よく

トップス裾の自然なウエストアウトでリラクシングな雰囲気に。

トップス裾の自然なウエストアウトでリラクシングな雰囲気に。

画像の着用アイテムを見る

蒸し暑い夏には思い切って両腕を出したくなります。涼しさは申し分ありませんが、気をつけたいのは、過剰な露出感。肌見せを強調したくないなら、素材感やシルエットを吟味しましょう。

特別な風合いを帯びたリネン素材や、手の込んだ刺繍を施した生地は、視線を呼び込んで、腕から目をそらしてくれます。胸元が開きすぎないスクエアカットも腕見せを目立たせません。薄い羽織り物を重ねて、トップス裾をボトムスにしまえば、お仕事コーデにも着回せそうです。

チュニックで楽ちんエレガント

白系チュニックと濃い色のボトムスはすっきり見える「お約束」のコンビネーション。

白系チュニックと濃い色のボトムスはすっきり見える「お約束」のコンビネーション。

画像の着用アイテムを見る

ボディーを締め付けられないのに加え、裾から風が吹き通るチュニックは暑い夏の味方です。妙に生活感が出てしまったり、全体がもっさり見えてしまったりという失敗コーデを避けるには、上半身を布でくるみすぎないデザインを選びましょう。

具体的にはネックラインの開き、裾のスリットなど、切れ込みを加えたタイプは涼しさも格別。レースや切り替えも表情を深くしてくれます。ボトムスは細身パンツがおすすめ。ボリュームの格差を際立たせ、細感を印象づけてくれます。

日焼けブロックのふんわりネック

ドレープやギャザーの入ったブラウスは単調に見えません。

ドレープやギャザーの入ったブラウスは単調に見えません。

襟元は目立つスポットなので、ブラウスルックのムードを決めるうえでポイントになります。たとえば、フリルやシャーリングを首周りにあしらったデザインはクラシカルなたたずまい。エレガントに映るうえ、首の日焼けも防いでくれそう。

首が詰まる分、裾がふわっと広がるシルエットで風通しを確保して。裾広がりスカートとの「ふんわり二重奏」はボディーの細見え効果も期待できます。

夏は暑さや蒸れ、日焼けなど、様々なトラブルが気になるシーズンですが、シャツ・ブラウスを賢く使いこなせば、快適に過ごしやすくなります。裾をウエストアウトして風を呼び込んだり、首周りを上品にガードしたりして、着映えと健やかさをダブルでかなえていきましょう。

■この記事で出てきたアイテム

コットンエンブロイダリーチュニック(長袖)
コットンエンブロイダリーブラウス(半袖)
エクストラファインコットンギャザーブラウス(5分袖)

■この記事の関連ページ
ユニクロ シャツ・ブラウス特集

※本サイトは利用規約に同意の上、各自の責任と判断によりご利用ください。
※掲載内容(商品情報、価格、リンク、在庫状況を含む)は公開時点のものであり、ご利用時と異なる場合があります。
※掲載画像に含まれるアイテムは、紹介しているアイテムと完全に同一ではない場合があります。

ライター紹介

宮田理江(ファッションジャーナリスト・ファッションディレクター)

多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報などを発信。リアルトレンドを落とし込んだ着こなし提案も得意とする。コンサルタントとしてのビジネスも手がけ、企業向け提案、セミナー、イベント出演も多い。

ライター紹介・ライター記事一覧