楽ちんと美脚のいいとこ取り アンクルパンツ

楽ちんと美脚のいいとこ取り アンクルパンツ

足首がちらりとのぞくアンクルパンツは脚全体を細く見せてくれます。脚を締めつけない、ソフトな肌当たりの進化形タイプは軽快なはき心地。アンクルパンツの上手なアレンジ術を覚えて、出番をもっと増やしていきたくなります。(文・宮田理江)

タイトル画像の着用アイテムを見る

ポロシャツと合わせて涼やかルック

きれいめスポーティールックを楽しんで。

きれいめスポーティールックを楽しんで。

もともと軽快なイメージのあるアンクルパンツは、同じくさわやかな着映えのポロシャツとしっくりなじみます。霜が降ったかのようなアイシートーンを選べば、涼しげな装いに整えられます。

足首ゾーンが広めに露出するので、スニーカーと合わせて、元気感の高い足元に。足首の細さを印象付ければ、ほっそりした見え具合に仕上がります。上品な表情のチェック柄パンツはサマールックをだらしなく見せません。ポロを白シャツやブラウスに差し替えれば、お仕事ルックにもスイッチできます。

パステルトーンでやさしげフェミニン

パンツ正面にきれいな折り目が付いていると、きちんと感が備わります。

パンツ正面にきれいな折り目が付いていると、きちんと感が備わります。

動きやすいアンクルパンツだけに、アクティブな着姿にまとめることが多くなりやすいのですが、色の選び方次第で、着こなしバリエーションが広がります。たとえば、淡いパステルトーンを選べば、程よく女っぽいムードを醸し出せます。

手持ちのブラウスやカットソーとマッチさせやすくなるのも、やさしげ色アンクルパンツのよさ。オフショルダーのブラウス、細ストラップのキャミソールといった、フェミニン顔トップスとも好相性を発揮。歩き回る感じの活動的なデートにも似合いそうです。

ストライプ柄ですっきり脚長に

パンツの色から1色をもらって、トップスに迎えると、全体がなじんで映ります。

パンツの色から1色をもらって、トップスに迎えると、全体がなじんで映ります。

画像の着用アイテムを見る

スレンダーな印象を引き出しやすいアンクルパンツに、細感を上乗せしたいなら、ストライプ柄が選択肢になります。カーディガンを羽織れば、さらに縦落ちイメージを強調できます。細いベルトを巻くと、細いイメージのハーモニーが生まれます。

カーディガンやベルトなどの色味を少しずつパンツとずらすのが、相乗効果を高めるコツです。プライベートではTシャツとカーデで、オフィスではシャツとジャケットでという具合に、様々なシーンで使い分けが利くコーデです。

3色使いでさわやかカラーブロッキング

ビビッドカラーは1色にとどめれば、色同士が喧嘩しません。

ビビッドカラーは1色にとどめれば、色同士が喧嘩しません。

画像の着用アイテムを見る

いつもにも増して、清潔感が欲しくなる夏に白パンツは頼れる存在です。なかでもアンクル丈の細身パンツなら、すっきりした着映えが際立ちます。白パンツをすがすがしく見せるポイントは、鮮やかな色のトップスを引き合わせること。色のコントラストが互いを引き立て合ってくれます。

ロングカーディガンを羽織れば、細く長いシルエットが目に飛び込んできます。さわやかな印象にまとめるには、「白プラス2色」のトリコロール(3色使い)に色数を抑えて。1アイテム1色のカラーブロッキングが動きを演出。夏のオフィスでの浮かない重宝なスタイリングです。

楽ちんな気分で過ごせるのに加え、美脚を演出してくれるアンクルパンツは夏を元気に乗り切る味方になってくれます。きれいめカジュアルな着映えに仕上げて、オフィスルックに溶け込ませれば、職場にふさわしいきびきびイメージもまとえます。

■この記事で出てきたアイテム
スマートスタイルアンクルパンツ(カラーストライプ・丈標準68cm)
スマートスタイルアンクルパンツ(グレンチェック・丈標準68cm)
スマートスタイルアンクルパンツ(コットンレーヨン・丈標準68cm)

■この記事の関連ページ
ユニクロ アンクルパンツ・クロップドパンツ特集

※本サイトは利用規約に同意の上、各自の責任と判断によりご利用ください。
※掲載内容(商品情報、価格、リンク、在庫状況を含む)は公開時点のものであり、ご利用時と異なる場合があります。
※掲載画像に含まれるアイテムは、紹介しているアイテムと完全に同一ではない場合があります。

ライター紹介

宮田理江(ファッションジャーナリスト・ファッションディレクター)

多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報などを発信。リアルトレンドを落とし込んだ着こなし提案も得意とする。コンサルタントとしてのビジネスも手がけ、企業向け提案、セミナー、イベント出演も多い。

ライター紹介・ライター記事一覧