こまめなケアでいつも快適!インナーのお手入れ方法とは

こまめなケアでいつも快適!インナーのお手入れ方法とは

衣替えシーズンでは、洋服だけではなく、インナーもガラッと変えたいですよね。とくに、これから暑くなるシーズンだと、速乾性のあるインナーが人気です。今回は普段のインナーのお手入れ方法と収納術についてご紹介します。(文・田中さやか)

インナーのお手入れ方法をおさらい!

まずはインナーのお手入れ方法をご紹介します。

インナーを洗濯する場合、皆さんそのまま洗濯機に入れていませんか?
少しでもインナーの機能を長持ちさせるために、正しいインナーのお手入れ方法を知っておきましょう!

(1)洗濯表示タグを確認
まずは、洗う前にインナーの表示タグを確認します。
洗濯表示は平成28年12月より一新し、まだ慣れていない…という方もいるかもしれません。
基本的には、洗濯機を使用してもOKなインナーは、水が入った洗濯桶のようなマークが記載されています。
もし、洗濯機の使用が不可の場合は、「手洗い」を意味する手のマークが記載されたり、×印がついていたりします。

まずは、洗濯機で使用できるかどうかを確認しましょう。
もし手洗いの場合は、洗濯桶に洗剤を溶かして、優しく洗いましょう。

インナーのお手入れは「洗濯表示」をチェック!

インナーのお手入れは「洗濯表示」をチェック!

Africa Studio/Shutterstock.com

(2)ネットに入れて洗濯する
洗濯機の使用がOKだった場合、ネットに入れて洗濯することをおすすめします。
インナーは伸縮性に優れているものが多く、ネットに入れずに洗ってしまうと、他の洋服と絡まって伸びてしまうことも…!

また、速乾性があるタイプの場合だと、摩擦で機能性が低下してしまう可能性もあります。
少しでも長持ちさせるためにも、ネットに入れて洗濯しましょう。

実は繊細!丁寧なインナーケアを行おう。

実は繊細!丁寧なインナーケアを行おう。

インナーは陰干しや室内干しがおすすめ!

インナーは干し方にも注意が必要です。
ほとんどのインナーには陰干しマークがついているので、太陽の光に当てないように干していきましょう。

機能性インナーの場合、熱に弱く、長時間外で干すことによって、せっかくの機能性が低下してしまうといわれています。
そのため、インナーはなるべく陰干しや室内干しがおすすめです。

ちなみに、繰り返し使って「型崩れ」や「生地が薄くなった」と感じる場合は、インナーの取り換えのサインです。
速乾性をあまり感じなくなった場合も同様ですので、買い替えのサインとしてチェックしてみてくださいね。

正しいお手入れで長持ちさせよう。

正しいお手入れで長持ちさせよう。

インナーの収納方法をご紹介

きちんとインナーをお手入れしたら、収納にもこだわってみましょう。
より心地よく長持ちさせるためにも、大切にしまうことがポイントです。

おすすめは、仕切りを使って他の下着と一緒に収納する方法です。
普段インナーを収納するとき、他の服や下着と一緒に収納している…という方もいるかもしれません。
まとめて収納していると、ゴチャッと見えてしまいますし、探す手間もかかりますよね。
そんなときは、仕切りを使って収納するとスッキリ見えますよ!

仕切り板を使って、下着を入れる部分を区切っていきます。仕切り板は、100円均一ショップでも販売されているので費用もほとんどかけずに取り入れられるのもポイント。
下着の量に合わせて仕切れるので、見た目もスッキリしますし、使いやすいです。

キレイな収納方法でいつでも快適に。

キレイな収納方法でいつでも快適に。

インナーをこまめに手入れすることで、より快適に過ごせそうですね!

■この記事で紹介した商品
エアリズムキャミソール
エアリズムタンクトップ

■この記事の関連ページ
ユニクロ WOMEN エアリズム特集

※本サイトは利用規約に同意の上、各自の責任と判断によりご利用ください。
※掲載内容(商品情報、価格、リンク、在庫状況を含む)は公開時点のものであり、ご利用時と異なる場合があります。
※掲載画像に含まれるアイテムは、紹介しているアイテムと完全に同一ではない場合があります。

ライター紹介

田中さやか(フリーライター)

テレビ番組制作会社の勤務を経て、ライターに転身。
女性のライフスタイル、グルメ記事の執筆が得意。シンプルで心地のいい暮らしを目指しています。

ライター紹介・ライター記事一覧