おしゃれメンズの夏シャツ 失敗しない色の合わせ方

おしゃれメンズの夏シャツ 失敗しない色の合わせ方

どうしても白シャツやデニムシャツなど定番色に偏りがちなメンズのシャツ選び。最近はカラーバリエーションが幅広くなっているので、カラフルなシャツを取り入れて、おしゃれ度アップしてみませんか。

タイトルの画像の着用アイテムを見る

カラー初心者は爽やかなコーデが決まるブルーを

着慣れていないとなかなか取り入れにくいカラーシャツですが、比較的ビジネスシーンでも取り入れやすいブルーなら、カラー初心者にもトライしやすいです。見るからに涼しげなブルーは特に夏コーデにぴったり。明るいブルーボトムスはどんなカラーでもOKですが、夏なら白やオフホワイトで清涼感のあるコーディネートに。1枚で着てもOKですし、おしゃれに着こなすならインナーに少し濃いブルーのTシャツを入れてグラデーションで仕上げると立体感のある着こなしが完成します。

涼しげなブルーは着やすいカラーです。

涼しげなブルーは着やすいカラーです。

画像の着用アイテムを見る

シックに大人っぽくまとめるなら、ブラウン、オリーブ

おしゃれ感のある大人カジュアルな着こなしには、ブラウンやオリーブといった落ち着いたカラーのシャツを選びましょう。ボトムスはブラック、グレーなどシックなカラーと合わせるとぐっとモダンな着こなしになります。顔周りが暗いと感じたらインナーに白Tシャツを合わせるレイヤードスタイルを。明るい印象になりこなれ感のある着こなしになります。

シックにまとめることで大人の男をアピール

シックにまとめることで大人の男をアピール

画像の着用アイテムを見る

白Tシャツをレイヤードして羽織り風に着こなしてもOK。

白Tシャツをレイヤードして羽織り風に着こなしてもOK。

カジュアルコーデに取り入れやすいピンク、イエロー

着ると柔らかな印象になる淡いピンクやイエロー。男性だとあまり馴染みのなない色かもしれませんが実は主張しすぎないため、白シャツに近い感覚でコーデが仕上がります。特にデニムとの相性はバッチリ。柔らかなシャツの色合いがデニムを品よく見せてくれます。

顔周りを明るくなりクリーンにデニムを着こなせます。

顔周りを明るくなりクリーンにデニムを着こなせます。

画像の着用アイテムを見る

パッと明るい印象になるピンクも好感度大。

パッと明るい印象になるピンクも好感度大。

柄シャツを選んで着こなしにアクセントを

無地ばかりではファッションもマンネリ化するので、たまには柄ものを取り入れてみましょう。派手な柄でなくても、単色のストライプやチェックぐらいで十分着こなしに変化がつきます。ボトムスは柄に入っている色を合わせればどんなカラーもマッチしますが、ホワイトデニムやパンツと合わせると柄がさらにポイントになり、おしゃれ感のあるコーディネートに。

白のボトムスを合わせると爽やかに決まります。

白のボトムスを合わせると爽やかに決まります。

ワードローブにカラーバリエーションが増えると、着こなしの幅が広がります。コーディネートしやすいカラーを手始めに、いろいろなカラーシャツにトライしてみてください。

■この記事に出てきたアイテム
プレミアムリネンシャツ(長袖)
プレミアムリネンチェックシャツ(長袖)

■この記事の関連ページ
ユニクロ カジュアルシャツ特集

※本サイトは利用規約に同意の上、各自の責任と判断によりご利用ください。
※掲載内容(商品情報、価格、リンク、在庫状況を含む)は公開時点のものであり、ご利用時と異なる場合があります。
※掲載画像に含まれるアイテムは、紹介しているアイテムと完全に同一ではない場合があります。

ライター紹介

金田亜喜子(エディター/ライター)

雑誌、企業PR誌、ウェブコンテンツなどの企画・編集制作を行う編集プロダクション・ノーションに所属。長年にわたって服飾以外にも旅行、子育て、デジタル関連など幅広い分野において編集・執筆に携わり、著名人インタビューも数多く手がける。

ライター紹介・ライター記事一覧