ショートパンツを大人っぽく着こなすコーデのポイント

ショートパンツを大人っぽく着こなすコーデのポイント

快適で動きやすいショートパンツは、夏のコーディネートで活躍する便利なアイテム。しかし、コーディネート次第では、短い丈感ゆえに子どもっぽくなってしまうことも。そこで、大人っぽく、なおかつ洒脱に見えるコーディネートの秘訣をご紹介します。(文・Yuji Ito)

▼トップ画像のアイテム
「チノハーフパンツ」

選んで間違いないのは、膝上丈

夏の鉄板ワードローブのひとつ、ショートパンツは涼しげな着心地が快適なのはもちろん、視覚的にも軽快な印象ですっきり、スポーティーに見えるのが魅力です。ただし、ショート丈ならなんでもいいのかというと、そうでもなく、大人っぽく見せるなら、ジャスト膝上丈から握りこぶし1つ分の膝上丈がおすすめ。これが長過ぎると中途半端な感じになり、逆に短いと子どもっぽくなってしまうので、要注意。大人に似合う1本としておすすめしたいのは、間違いなく、このほど良い膝上丈といえるでしょう。

膝から少し上ぐらいの丈が一番オーソドックスで着やすい長さ。

膝から少し上ぐらいの丈が一番オーソドックスで着やすい長さ。

▼画像のアイテム
「チノハーフパンツ」

リゾート、ゴルフには断然、ショート丈がおすすめ

リゾートやゴルフでも、ショートパンツは欠かせないアイテムですよね。しかし、いずれのシーンでも気をつけたいのが汗対策。蒸れる、張り付くといった不快な要素を防ぐためにも、丈はショートで、素材の機能性にも注目したいところ。ショートパンツのメリットである、動きやすさはキープしつつも、速乾性を備えた素材で快適にお洒落を楽しみましょう。トップスはリゾートならトレンドのオープンカラーシャツを、ゴルフなどのアクティブシーンでは定番のポロシャツがおすすめです。

ショートパンツは清潔感のある白なら、よりさわやかな印象に。

ショートパンツは清潔感のある白なら、よりさわやかな印象に。

▼画像のアイテム
「感動ショートパンツ(丈標準24~27cm)」

普段使いならお洒落感が出しやすいチノ

デイリーウエアとしてショートパンツを着こなすなら、コーディネートしやすいチノがおすすめ。チノはフルレングスと同じように、リネンやチェックのシャツと合わせればアメカジ風に着こなせますし、シルエットがすっきりとした細身の美しいデザインを選べば夏のちょっとした街歩きにも使えるきれいめスタイルになります。まずはベーシックカラーのネイビーとベージュを揃えておけば、あれこれ難しいことを考えずに、日々のコーデが決まります。

飾らないのにお洒落な雰囲気を醸しやすいのもチノの魅力。

飾らないのにお洒落な雰囲気を醸しやすいのもチノの魅力。

▼画像のアイテム
「チノショートパンツ」

カーゴパンツはカラー選びできれいめに

カジュアルに着こなすなら、なじみのあるデザインのカーゴもおすすめ。パンツのポケットがアクセントになるのでポロシャツやTシャツなどと合わせてもマルチに活躍してくれます。あえて、ブルーやピンクなどのきれいめカラーを選べばカジュアルすぎない大人スタイルが完成します。ショートパンツを着こなすなら揃えておいて間違いありません。

カーゴパンツは明るいカラーで遊び心ときれいめな印象を両立。

カーゴパンツは明るいカラーで遊び心ときれいめな印象を両立。

▼画像のアイテム
「カーゴショートパンツ」

子どもっぽくなりがちなショートパンツの着こなしは、モード、リゾート、カジュアル、それぞれ使い分けるのがポイント。1本を使い回そうとすると無理が生じるので、ここはプチプラでタイプ別に揃えておきましょう。

■この記事の関連ページ
ユニクロ ハーフパンツ・ショートパンツ特集

※本サイトは利用規約に同意の上、各自の責任と判断によりご利用ください。
※掲載内容(商品情報、価格、リンク、在庫状況を含む)は公開時点のものであり、ご利用時と異なる場合があります。
※掲載画像に含まれるアイテムは、紹介しているアイテムと完全に同一ではない場合があります。

ライター紹介

Yuji Ito(ファッションディレクター)

英国を中心としたメンズのクラシックスタイルから、モード、ウィメンズのカワイイまでを理解するファッションディレクター。

ライター紹介・ライター記事一覧