メンズきれいめコーデの肝はジャケットのインナーにあり

メンズきれいめコーデの肝はジャケットのインナーにあり

ジャケットの着こなしというと、タイドアップをイメージしがち。リラックス感のあうコーディネートにジャケットを活用できれば、お洒落感もアップするというもの。その肝となるのが、インナー選び、だったのです。(文・Yuji Ito)

このコーデができるアイテム→「エクストラファインメリノクルーネックセーター(長袖)」

クルーネックにするだけで、こなれた印象に

ジャケットやセットアップは、きちんと感を演出できるのが最大の特徴。でも、ドレスシャツ以外のコーディネートとなると苦手という方も多いのでは。その理由のひとつが、胸の開き具合によってはキザになりそうで心配、というもの。確かに、Vネックだと露出が増えて、トゥーマッチな感じになりますが、おすすめなのは、丸首のクルーネック。さわやかなイメージで好印象です。ジャケットをカジュアルに着こなすなら、クルーネックが正解です。

ベーシックな白Tシャツは、ジャケットスタイルをさわやかに。

ベーシックな白Tシャツは、ジャケットスタイルをさわやかに。

このコーデができるアイテム→「クルーネックT(半袖)」

上質感のある白のクルーネックTは何枚か揃えておくと便利なアイテム。

上質感のある白のクルーネックTは何枚か揃えておくと便利なアイテム。

画像のアイテム→「ドライカラークルーネックT(半袖)」

ジャケットにボーダーTシャツを合わせると、若々しく清潔感ある雰囲気に。

ジャケットにボーダーTシャツを合わせると、若々しく清潔感ある雰囲気に。

画像のアイテム→「ウォッシュボーダーT(長袖)」

サーフテイストなワイドボーダー柄ならジャケットのインに着てよりさわやかに。

サーフテイストなワイドボーダー柄ならジャケットのインに着てよりさわやかに。

画像のアイテム→「ウォッシュボーダーT(ワイド・長袖)」

ニット合わせで、さらに大人な印象に

旅先でのディナーや休日のお出かけといったシーンでは、ある程度の品というか、大人っぽさがほしいもの。そういうときには、インナーにニットを起用するのがおすすめ。Tシャツだと、子どもっぽかったり、カジュアル感が強過ぎるかな、という懸念も払拭してくれるので、このテクニックはナイスです。選びのキモとしては、編み目の細かなものをチョイスすること。そうすると高級感が漂うので、カジュアルパンツ合わせでもすっきり、大人に見えますよ。

ニットは上品かつ大人っぽく見えるので、一枚あると重宝します

ニットは上品かつ大人っぽく見えるので、一枚あると重宝します

このコーデができるアイテム→「エクストラファインメリノクルーネックセーター(長袖)」

エクストラファインメリノならふくらみの少ないすっきりとしたシルエットでインナーとしておすすめ。

エクストラファインメリノならふくらみの少ないすっきりとしたシルエットでインナーとしておすすめ。

画像のアイテム→「エクストラファインメリノクルーネックセーター(長袖)」

シャツは胸の開き具合に要注意

ジャケットの王道的着こなしは、インナーにドレスシャツ。その堅苦しさをなくすなら、チェックのシャツで可愛らしさをプラスするという手もあり。ここで無地のものを合わせると、ビジネススタイルと何ら変わりないので要注意です。チェックシャツの場合でも、胸のボタンは大胆に開けず、むしろトップまで留めるとジャケットの大人っぽさと着こなしの子どもっぽさから生まれるギャップによって、お洒落かつ、いまどきに見えるので、ぜひお試しを。

しなやかな風合いが魅力の超長綿を100%使用。ウォッシュ加工がほどよいラフさをプラス。

しなやかな風合いが魅力の超長綿を100%使用。ウォッシュ加工がほどよいラフさをプラス。

画像のアイテム→「エクストラファインコットンブロードチェックシャツ(ボタンダウン・長袖)」

ビジネスではないジャケットの着こなしというと、難しく考えがち。しかし、胸元の肌の露出を防ぐだけで、着こなしにこなれ感が生まれるので、インナー選びは大切です。気取った感じを出さないためにはクルーネックですっきりと、そして上品カジュアルに見せるならチェックのシャツで可愛らしく着こなしましょう。

■この記事の関連ページ
ユニクロ Tシャツ(長袖・7分袖)
ユニクロ ニット(セーター・カーディガン)特集

※本サイトは利用規約に同意の上、各自の責任と判断によりご利用ください。
※掲載内容(商品情報、価格、リンク、在庫状況を含む)は公開時点のものであり、ご利用時と異なる場合があります。
※掲載画像に含まれるアイテムは、紹介しているアイテムと完全に同一ではない場合があります。

ライター紹介

Yuji Ito(ファッションディレクター)

英国を中心としたメンズのクラシックスタイルから、モード、ウィメンズのカワイイまでを理解するファッションディレクター。

ライター紹介・ライター記事一覧