スーツのインナーとしての「エアリズム」考

スーツのインナーとしての「エアリズム」考

いわゆるビジネスマンではないライターの私ですが、実はスーツが大好物。一年中さまざまな生地のスーツを楽しんでいます。しかし悩ましいのが夏の蒸し暑さ。かなりの汗かきなので全身汗びっしょり。いったいどうすればいい?

「涼しい着こなし」の固定概念

そんな僕が従来愛用していたアンダーウエアは、コットンのボクサーブリーフ。またトップスにはインナーを着用せず、素肌の上に1枚でシャツを着ていました。それこそが最も王道で、最も涼しい着こなしだと思い込んでいたのです。

しかしたまたま目にした登山家のインタビューで、その固定概念に揺らぎが生じることに。なんでもリアルなアウトドアの世界では、汗を吸って重くなったり臭くなりやすいコットンのインナーはご法度。ハイテク素材が常識だそうな。よく考えると真夏にスーツを着るということ自体が、アウトドアの現場に負けないくらいハードなわけで、ってことはスーツの下にだってハイテクインナーを着たほうが涼しいのかも?

ユニクロが東レと共同開発したマイクロポリエステル繊維(断面図)。極めてきめ細かく、汗を素早く外に逃がしてくれます。

ユニクロが東レと共同開発したマイクロポリエステル繊維(断面図)。極めてきめ細かく、汗を素早く外に逃がしてくれます。

シャツに響かないシンプルさが魅力!

というわけで1年前に試してみたのが、エアリズムのインナー。あまり人に見せるものではないとはいえ、アウトドアブランドのインナーは柄が派手だったりロゴが目立つものが多いので、ちょっとスーツには似合わないかな?その点ユニクロのインナーはシンプルだし、色味もシックな無地のバリエーションが多いので、クラシック好きには嬉しいところです。

トップスには「エアリズムシームレスVネックTシャツ」のベージュをチョイス。今までシャツの下にインナーを着なかった大きな理由は、インナーの色が透けて見えたり、ネックや袖の縫い目がゴロついて表に響いたりと、どうもビシッと決まるものがなかったから。しかしこちらはベージュだから上に白いシャツを着ても自然に見えるし、ネックと袖がシームレスで、シャツに響かない。しかもシャツの胸ボタンを2つ開けてもわからない、深めのVネック!これなら見た目には着ていることを全く意識させません。

こちらは「エアリズムシームレスVネックTシャツ」。深めのVネックでシャツのVゾーンからのぞきません。

こちらは「エアリズムシームレスVネックTシャツ」。深めのVネックでシャツのVゾーンからのぞきません。

そしてアンダーウエアには「エアリズムステテコ」をチョイス。真夏にウールパンツをはいて長時間座ったりすると太もも部分のベタつきが気になるので、これをはけば蒸れが解消されるかな?という期待を込めて買いました。さて、着心地はいかに…?

こちらは「エアリズムステテコ」。ひざ下丈だから、スラックスをはいたときに生地が直接肌に触れません。

こちらは「エアリズムステテコ」。ひざ下丈だから、スラックスをはいたときに生地が直接肌に触れません。

「着ている」ことを意識させないのがスゴイ!

結論から言うと大正解!とにかく薄くて軽くて着ていることを全く感じさせない「エアリズム」、恐るべしです。つねにシルクのようなサラサラした肌触りをキープしてくれますし、汗を吸って重くなることも、乾いた後に臭うこともありません。もちろん汗かきは治りませんが(笑)、汗をかくのが怖くなくなりました。トレンドのタイトなスーツやワイシャツを着ても表に響かず、ビシッと決まるのも魅力です。

シルクを思わせるすべすべの肌触りは病みつきになります。

シルクを思わせるすべすべの肌触りは病みつきになります。

こちらのエアリズムVネックTは、深めのVゾーンを生かして、アウターとして着る人も多いのだとか。

こちらのエアリズムVネックTは、深めのVゾーンを生かして、アウターとして着る人も多いのだとか。

画像の着用アイテムを見る

『ワイシャツの下に着ます。襟元からのぞかず、透けず、大変良い』(50代男性)、『汗かいても全然気になりません!重宝してます!』(30代男性)など、私だけではなく、一度でも試した人はみんな病みつきになっている様子。今までは真夏にスーツを着るとつい耐えきれずタクシーに乗ってしまうケースが多かったのですが、これさえ着ていれば交通費が節約できるかも!?

■この記事で出てきたアイテム
エアリズムシームレスVネックT(半袖)
エアリズムステテコ
エアリズムVネックT(半袖)

■この記事の関連ページ
ユニクロ AIRism(エアリズム)特集

※本サイトは利用規約に同意の上、各自の責任と判断によりご利用ください。
※掲載内容(商品情報、価格、リンク、在庫状況を含む)は公開時点のものであり、ご利用時と異なる場合があります。
※掲載画像に含まれるアイテムは、紹介しているアイテムと完全に同一ではない場合があります。

ライター紹介

YAMA(ライター)

メンズファッション誌を中心に活動している、三度の飯より洋服とお洒落が好きな40代の着倒れライター。モード、クラシック、ヴィンテージまで幅広い分野に精通している。モットーは「実際に見て、着て、買う」こと。

ライター紹介・ライター記事一覧