暑くなると黒ずみ、臭う…枕の洗い方とニオイ対策

暑くなると黒ずみ、臭う…枕の洗い方とニオイ対策

皮脂の汚れや加齢臭などの、ニオイがつきやすい枕。毎日何時間も肌に触れ続けるものですから、汚れてしまうのも当然です。快適な睡眠環境を守るためにも、意外と知らない枕の正しいお手入れ法を習得し、こまめなケアを心がけましょう。(文・KANA)

画像のアイテム→「エアリズムマクラカバーM」

皮脂や汗が汚れやニオイの元になる

枕の汚れやニオイの主な原因は雑菌です。寝ている間についてしまう寝汗や皮脂、唾液が雑菌の元となり、長く放っておくと、カビやダニの発生にもつながってしまいます。とにかく清潔を心がけることが大切。毎日お風呂に入って寝れば汚れないと思っている人もいますが、人間は睡眠中にたくさんの寝汗をかき、その汗も蓄積していくと雑菌の発生につながるのです。

帰宅してそのまま寝てしまったり、整髪料やメイクを落とさず寝てしまうなど言語道断です!

帰宅してそのまま寝てしまったり、整髪料やメイクを落とさず寝てしまうなど言語道断です!

Anatoliy Karlyuk/Shutterstock.com

手軽に実践しやすい3つのニオイ対策

まず、簡単な対策法としては3つが挙げられます。

1. 枕カバーをこまめに洗う
肌と直接触れるものであり、皮脂やアカ、フケを受け止める役割となるのが枕カバーです。ニオイが特に気になる人は2~3日に1回は洗濯するようにしましょう。また、湿気が雑菌の温床になってしまうので、ドライ機能が高い素材を選ぶのも有効です。

2.枕本体を干す
枕カバーを超えて浸透してしまった汗対策として、週に1度程度を目安に本体を乾燥させましょう。中材まで取り出せる場合は取り出した方がよいですが、羽毛など取り出せないものは時々もみほぐして空気を流通させると効果的です。

3.消臭スプレーをかける
除菌効果がある消臭スプレーをこまめにかけておくのもおすすめです。

吸放湿機能に優れた枕カバーで湿気をため込まないというのも有効な方法。ユニクロのエアリズムなら、肌ざわりもさらりと快適でぴったりです。

吸放湿機能に優れた枕カバーで湿気をため込まないというのも有効な方法。ユニクロのエアリズムなら、肌ざわりもさらりと快適でぴったりです。

画像のアイテム→「エアリズムマクラカバーL」

自宅でできる!枕のクリーニング法

枕には素材によって洗えるものと洗えないものがあり、一般的には以下のように分けられます。

洗える枕
パイプストロー/ポリエステル/コルマビーズ

洗えない枕
そばがら/低反発ウレタン/細かいビーズ/羽毛

洗える枕は洗濯機と手洗いの2通りの洗い方がありますが、洗濯機で洗う場合は必ず洗濯ネットに入れて、中性洗剤を入れ、手洗いモードやドライコースなど、水流が弱いモードで洗いましょう。
手洗いの場合も洗濯ネットを利用。たらいや洗面台に38~40度のお湯をためて中性洗剤を入れ、押し洗いで20分ほどつけ置きします。その後、洗濯機の一番弱い設定で1分ほど脱水。再び押し洗いをします。洗剤が残らないよう、すすぎ水がきれいになるまで2回以上はすすぎましょう。

上記で説明した洗える素材、洗えない素材はあくまで一般的なものなので、必ず洗濯表示を確認し、従ってください。

上記で説明した洗える素材、洗えない素材はあくまで一般的なものなので、必ず洗濯表示を確認し、従ってください。

Andrey_Popov/Shutterstock.com

洗えない枕の場合は、できるだけ頻繁に日陰干しをして湿気対策を。また、少量の中性洗剤を溶かして作った洗浄液を布巾に含ませ、枕を叩くように拭きましょう。その後、水拭き、乾拭きで洗剤をとる方法もあります。

洗濯後は中材の偏りをなくして天日干し

洗濯後に干す際は、まずきれいに形を整え、中材の偏りをなくします。その後、風通しのよいところで天日干しをしましょう。効率的に乾かすためには、市販の枕干しハンガーを利用するのがおすすめです。一番厚みのある部分を握って、水分を感じなくなったら取り込んでOK。

乾きにくい枕は湿気のない快晴の日を選んで洗濯。すっきり乾かしましょう。

乾きにくい枕は湿気のない快晴の日を選んで洗濯。すっきり乾かしましょう。

Yongcharoen_kittiyaporn/Shutterstock.com

枕のお手入れ方法と、その重要さがおわかりになったでしょうか。枕カバーはこまめに洗濯、本体はご自分が使われている素材に合わせてメンテナンスし、気持ちよい睡眠環境を作りましょう。

■この記事の関連記事
ユニクロ 寝具特集

※本サイトは利用規約に同意の上、各自の責任と判断によりご利用ください。
※掲載内容(商品情報、価格、リンク、在庫状況を含む)は公開時点のものであり、ご利用時と異なる場合があります。
※掲載画像に含まれるアイテムは、紹介しているアイテムと完全に同一ではない場合があります。

ライター紹介

KANA(エディター・ライター)

グルメ、旅行、恋愛、エンタメなど、生活を豊かにするさまざまなジャンルの編集・ライティングを手掛ける。現在、一番注目しているのは、レベルがどんどん上がっているプチプラアイテム。一番注力しているのは、遅すぎた肉体改造。

ライター紹介・ライター記事一覧