スーツ・ジャケットのインナーなら、ユニクロが一番!

スーツ・ジャケットのインナーなら、ユニクロが一番!

女性のスーツ・ジャケットの着こなしで、大きくイメージを左右するのがインナー。これからの季節、特におすすめしたいのがカットソーを使ったコーディネートです。ベーシックなアイテムからトレンド感のあるものまで、ユニクロで揃う使えるインナー用カットソーをご紹介します。(文・Yuji Ito)

このコーデができるアイテム→「クルーネックT(半袖)」

まず手に入れるべきは、白のクルーネック

汗をかいてもシャツのように貼り付かないのが、カットソー素材のメリット。そのため、どんな季節にもスーツ・ジャケットスタイルのインナーとしてはぴったり。そこでまず揃えたいのが、ベーシックなクルーネックのTシャツ。しっとりとして柔らかな風合に仕上げた、素材にこだわったTシャツは、きちんと感をアップしています。

ベーシックなクルーネックは端正な印象で、ジャケットとも相性抜群です。

ベーシックなクルーネックは端正な印象で、ジャケットとも相性抜群です。

このコーデができるアイテム→「クルーネックT(半袖)」

レースの素材感で着こなしが垢抜けます

スーツ・ジャケットの着こなしで大切なのは清潔感。とはいえ、大人っぽさや女性らしさも主張したい。そんなときに注目したいのが、トレンドのレース素材を使ったもの。繊細なレースを全面に入れた華やかなノースリーブTは、ポリエステル糸を使っているため、気軽に洗濯できる点も実用的。袖がもたつかないのもメリットで、シルエットをキープしたまま、きれいに着こなせます。

インナーにレースを取り入れるだけで、グッと華やかな見た目に。

インナーにレースを取り入れるだけで、グッと華やかな見た目に。

このコーデができるアイテム→「レースノースリーブT」

ほかにも白カットソーのバリエーションがいっぱい

スーツやジャケットスタイルのインナーとして、白が定番なのはビジネスなどで相手に清潔感や誠実さといった印象を与えられるから。それゆえに、デザインや素材でバリエーションを揃えておきたいところです。2通りのネックが楽しめる2WAYリブTやボートネック、ドレープ感のあるクルーネックTなど、ユニクロならプチプラでさまざまなバリエーションが手に入ります。

前後どちらのネックでも着られる2WAYデザインが特徴のリブT。

前後どちらのネックでも着られる2WAYデザインが特徴のリブT。

このコーデができるアイテム→「2WAYリブT(5分袖)」

タイト過ぎないシルエットで着やすいボートネックT。

タイト過ぎないシルエットで着やすいボートネックT。

このコーデができるアイテム→「リブボートネックT(5分袖)」

シルエットと素材でドレープ感を出せるドレープクルーネックT。

シルエットと素材でドレープ感を出せるドレープクルーネックT。

このコーデができるアイテム→「ドレープクルーネックT(半袖)」

柄と色でスーツ・ジャケットを上品に遊ぶ

着こなしを単調なものにしないためにも、ローテーションに入れておきたいのが柄と色のあるインナー。ボーダーTなら春夏らしいマリンテイストの着こなしになりますし、タックデザインTなら胸元のドレープやニュアンスで女性らしい遊び心ある着こなしも可能です。

ボーダー柄でもほど良いフィット感のあるリブ素材ならすっきり見せられるのも利点。

ボーダー柄でもほど良いフィット感のあるリブ素材ならすっきり見せられるのも利点。

画像のアイテム→「2WAYリブボーダーT(5分袖)」

肌触りの良いコットンモダール素材は、大人っぽい表情。

肌触りの良いコットンモダール素材は、大人っぽい表情。

画像のアイテム→「2WAYタックデザインT(半袖)」

スーツやジャケットのインナーはオンの着こなしなら、白をベースに無地のものをラインナップしておくと便利。アフター5に予定がある際などは、柄や色もので変化をつけるとコーディネートの楽しさもアップするはずです。

■この記事の関連ページ
ユニクロ Tシャツ(長袖・半袖・ノースリーブ)特集

※本サイトは利用規約に同意の上、各自の責任と判断によりご利用ください。
※掲載内容(商品情報、価格、リンク、在庫状況を含む)は公開時点のものであり、ご利用時と異なる場合があります。
※掲載画像に含まれるアイテムは、紹介しているアイテムと完全に同一ではない場合があります。

ライター紹介

Yuji Ito(ファッションディレクター)

英国を中心としたメンズのクラシックスタイルから、モード、ウィメンズのカワイイまでを理解するファッションディレクター。

ライター紹介・ライター記事一覧