ウエストマークで細見え!きれいめ春のスカート着こなし

ウエストマークで細見え!きれいめ春のスカート着こなし

腰の位置をベルトやリボンではっきり示す「ウエストマーク」はめりはりの利いた着姿に見せてくれます。スカートルックに動きやエレガンスを添えるうえでも役に立つテクニックだから、覚えて損はありません。

デニムスカートをリボンで格上げ

デニムスカートの下にタイツをはくのも大人っぽさを薫らせるテクニック。

デニムスカートの下にタイツをはくのも大人っぽさを薫らせるテクニック。

画像の着用アイテムを見る

デニムのスカートは普段使いのしやすいボトムスですが、ガーリーなイメージがあるせいで、一歩間違えると子供っぽくも見えがちです。見慣れたボーダー柄カットソーで合わせると、さらにカジュアル感が強調されてしまいます。でも、ウエストベルトを正面でリボン結びにすると、リボンの表情が生きて、上品でフェミニンな印象が強まります。

カジュアル感を薄める工夫としては、そのほかにも大きめのイヤーアクセサリー、エレガントなバッグなどが役に立ちます。足元もスニーカーではなく、あえてパンプスを選ぶと、落ち着いたムードに整えられます。

カジュアルニットはウエストインですっきり

普段着感が出すぎないよう、帽子やバッグ、靴できれいめムードを加えて。

普段着感が出すぎないよう、帽子やバッグ、靴できれいめムードを加えて。

ボリュームのあるスカートはかさばって見えることがあります。アウターの量感でカバーしやすい秋冬はまだしも、薄着になる春夏はナローなタイトシルエットのスカートですっきり仕上げたいもの。細感を際立たせるには、トップスの裾をウエストインしたうえで、ベルトでウエストマーク。リボン結びを大きめにこしらえると、ウエスト周りをカムフラージュするのに役立ちます。

プレッピー(アメリカ東部の良家学生が好んだ着こなし)を思わせるチルデンセーターは、若々しさを印象づけてくれます。Vネックや縁取りラインもシャープなイメージを呼び込むから、スカートルックをすっきり見せる効果が期待できます。

カーディガンで意外なウエストインに

華やか色のスカートに、引き締め色のトップスというコンビネーションがほっそり感を引き出します。

華やか色のスカートに、引き締め色のトップスというコンビネーションがほっそり感を引き出します。

上品な雰囲気でスカートをまとうなら、トップスの裾をウエストインして「きちんと感」を押し出すのが賢い選択です。シャツやカットソーだけではなく、実はカーディガンもこの着こなしが可能です、羽織り物として使うのではなく、プルオーバーとして着こなせます。

操り方は簡単。前ボタンを全部閉じて、裾をスカートの中にインするだけ。この場合、前ボタンがアクセサリーのような役割をしてくれます。さらにベルトでウエストマークすることによって、引き締まったイメージが強まります。立体的なリボンは逆にボディを華奢に見せてくれるので、ノット(結び目)を大きめに作るのがコツです。

■この記事で出てきたアイテム
ハイウエストベルテッドナロースカート(丈標準70~72cm)
ハイウエストデニムベルテッドナロースカート(丈標準70~72cm)

■この記事の関連ページ
ユニクロ スカート特集

※本サイトは利用規約に同意の上、各自の責任と判断によりご利用ください。
※掲載内容(商品情報、価格、リンク、在庫状況を含む)は公開時点のものであり、ご利用時と異なる場合があります。
※掲載画像に含まれるアイテムは、紹介しているアイテムと完全に同一ではない場合があります。

ライター紹介

宮田理江(ファッションジャーナリスト・ファッションディレクター)

多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報などを発信。リアルトレンドを落とし込んだ着こなし提案も得意とする。コンサルタントとしてのビジネスも手がけ、企業向け提案、セミナー、イベント出演も多い。

ライター紹介・ライター記事一覧