ボリューム・サーキュラースカートでめりはりコーデ

ボリューム・サーキュラースカートでめりはりコーデ

フェミニン度が高めのおしゃれが盛り上がる中、ボリュームたっぷりのフレアスカートはぴったりのはまり役。くびれを引き立てる「フィット&フレア」シルエットを組み立てれば、ウエスト周りが細く見えます。女っぽさアップと体型カバーの一石二鳥がかなう、魅力的なコーディネートは春夏ルックの主役を任せられそうです。

タイトル画像(左)の着用アイテムを見る
タイトル画像(右)の着用アイテムを見る

「柄on柄」でリズミカルな装いに

ボーダー柄のカラートーンをそろえると、静かなムードにまとまります。

ボーダー柄のカラートーンをそろえると、静かなムードにまとまります。

画像の着用アイテムを見る

異なる柄を組み合わせる「柄on柄」のコーデは装いに動きを加えてくれます。たとえば、同じボーダー柄でも太さや間隔が違えば、着姿にリズムが生まれます。細かい横縞のサーキュラースカートに、間隔がゆったりしたボーダー柄Tシャツを合わせると、同じトーンで整えられた上品なコンビネーションに仕上がります。

ボーダーは太って見えると思い込んでいる人もいるかもしれませんが、トップス裾をウエストインして、ボリューミーなスカートで合わせると、きれいなフィット&フレアのシルエットに。スプリングコートを重ね、パンプスを添えれば、オフィスにもなじみそうです。

鮮やかレッドでこなれフェミニン

トップスの裾を正面だけウエストインする「ゆるイン」で動きを演出。

トップスの裾を正面だけウエストインする「ゆるイン」で動きを演出。

画像の着用アイテムを見る

鮮やかカラーのボリュームスカートは女性らしさを演出するうえで絶好のボトムスです。ただ、全身を女っぽく仕上げるのはトゥーマッチ。くどく見えないように整えるには、「引き算」が肝心。

ヌケ感を帯びたボーダー柄のTシャツを引き合わせると、適度な濃度のフェミニンコーデの出来上がりです。広げると円形になるサーキュラースカートは裾が自然な丸みを帯びているので、朗らかなムードを呼び込みます。ソックスとたおやか靴のマッチングも足元から「カジュアル×フェミニン」のミックス感を醸し出します。

主役スカートでさわやかフェミニン

主役スカートにだけ涼やか色を乗せて、残りをニュートラルな色でそろえると、さわやかな着映えに。

主役スカートにだけ涼やか色を乗せて、残りをニュートラルな色でそろえると、さわやかな着映えに。

画像の着用アイテムを見る

裾のラインがきれいにゆらめくボリュームスカートは優美でレディーライクなたたずまい。着姿のムードを方向づけてくれるから、その分、残りのアイテムをカジュアルにまとめても十分、フェミニン度が保たれます。

むしろ、パーカやスウェットシャツ、スニーカーなど、手持ちのベーシックなカジュアルアイテムとのマッチングを試すと、気負わないさわやかテイストに整えられます。女っぽさを主役スカートに任せきるつもりでコーデを組み立てるのが、程よいトーンに仕上げるコツです。

スポーティ×フェミニンのミックステイスト仕上げ

トップスとスカートで色のコントラストを意識して。

トップスとスカートで色のコントラストを意識して。

画像の着用アイテムを見る

布地をたっぷり使った、ボリューミーなサーキュラースカートは、女性的な印象が強い分、アレンジの余地もいっぱい。コーデのポイントは、持ち味のフェミニン感とは別のテイストを持ち込むところにあります。

たとえば、トップスにパーカ(フーディー)を迎えると、今の世界的なおしゃれムーブメントになっている「スポーティ×フェミニン」のミックス感をまとった着姿に。ボーイッシュに見えがちなパーカを大人っぽく着こなすうえでも効果的なスタイリングです。スカートの裾下にのぞく靴もパンプスでエレガントに整えると、着て行ける場面が広がります。



贅沢に生地を使ったボリュームスカートは、着こなしにめりはりをつけやすいボトムスです。薄着になっていく、これからの季節に華やぎとリズムを添えるうえでも効果が大。フェミニンを薫らせる、今のトレンドにもマッチ。風通しがいいから、夏場も重宝します。細感を引き出す「フィット&フレア」を印象づけるコーデはさらに着回しバリエーションを増やしてくれるはずです。

■この記事に出てきたアイテム
サーキュラースカート(丈標準73~77cm)
サーキュラースカート(ストライプ・丈標準73~77cm)

■この記事の関連ページ
ユニクロ スカート特集

※本サイトは利用規約に同意の上、各自の責任と判断によりご利用ください。
※掲載内容(商品情報、価格、リンク、在庫状況を含む)は公開時点のものであり、ご利用時と異なる場合があります。
※掲載画像に含まれるアイテムは、紹介しているアイテムと完全に同一ではない場合があります。

ライター紹介

宮田理江(ファッションジャーナリスト・ファッションディレクター)

多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報などを発信。リアルトレンドを落とし込んだ着こなし提案も得意とする。コンサルタントとしてのビジネスも手がけ、企業向け提案、セミナー、イベント出演も多い。

ライター紹介・ライター記事一覧