汗っかきの子どものための快適インナー選び

汗っかきの子どものための快適インナー選び

子どもの単位面積当たりの発汗量は、大人の約2倍と言われています。 大量に汗をかくと、服が肌に張り付き、あせもなど肌トラブルの原因にも。汗をかいてもすぐに乾き、さらっとした肌触りのインナーがあるとそんなトラブルからも解消されそうです。汗っかきの子どもが心地よく過ごせる、快適インナー選びのポイントをご紹介します。

トップ画像のアイテム→「KIDS エアリズムタンクトップ」

汗をかいても素早く乾くインナーに注目

少し動くだけで、大汗をかく子どもたち。吸湿・放湿性が高いインナーを素肌に着るだけで、衣服内のムレを解消し、かいた汗も素早く吸収。さらりとした快適な着心地をキープできます。だからこそ、季節の変わり目の温度変化で体調を崩したり、風邪を引かせたりすることのないよう子どものインナーには気を遣いたいもの。汗ばむ季節はさらに通気性もアップする、メッシュ素材がおすすめです。

スポーツをする時や汗ばむ日におすすめの通気性の良いメッシュ素材

スポーツをする時や汗ばむ日におすすめの通気性の良いメッシュ素材

画像のアイテム→「KIDS エアリズムメッシュタンクトップ」

清潔さをキープできる抗菌防臭・消臭機能付きも便利

汗をかいたら子どもでも気になるのはその臭い。小まめに着替えができない時は、インナーに抗菌防臭・消臭機能がついていると安心です。においの元となる雑菌の繁殖を防ぎ、さらに汗などのにおいの元も吸着・中和して消臭する、高機能インナーなら1日着ていてもさわやかです。

抗菌防臭・消臭機能で1日さわやかに過ごせます。

抗菌防臭・消臭機能で1日さわやかに過ごせます。

画像のアイテム→「KIDS エアリズムUネックT(半袖)」

服の下に重ねてものびのび動けるストレッチ性

服の下に重ねると、もたついて、不快な着心地になるインナーだと、子どもが嫌がる可能性も。伸縮性抜群の素材なら、体の動きにフィットし、ストレスフリーの着心地。生地も素肌感覚で着られる、薄手で軽いものを選ぶのがポイントです。

タンクトップタイプなら腕まわりがさらにすっきり。

タンクトップタイプなら腕まわりがさらにすっきり。

画像のアイテム→「KIDS エアリズムタンクトップ(ボーダー)」

ひんやり冷たい感触となめらかな肌ざわりが快適さのポイント

汗をかいた肌には、なるべく刺激の少ない肌ざわりのものを選んであげたいもの。するりと肌を滑り、なめらかな肌ざわりの極細繊維がおすすめです。さらに着た瞬間ひんやり涼しい着心地を感じられる、接触冷感機能があると、暑い日の着替えも快適です。
例えばユニクロのエアリズムを購入した人からはこんな声も。
『薄く、涼しいと気に入って着ています。着たときヒンヤリするそうです。』(東京都・女性)
「夏のインナーとして必需品だと思います。 サラっとして着やすい(着せやすい)ですし、乾きが早いところもポイントだと思います。」(東京都・男性)
『さらさら、するするで気に入りました。 なにより、下着を着慣れていない娘が「気持ちいい!」と。 室内干しでも乾くため、数枚用意すれば十分かもしれません。』(神奈川県・女性)

特に暑い日はキャミソールタイプで涼しさもアップ。

特に暑い日はキャミソールタイプで涼しさもアップ。

画像のアイテム→「GIRLS エアリズムキャミソール(ドット)」

暑い時はなるべく服を重ねたくないけれど、機能満載のインナーなら、着ている方が気持ちいい!と子どもも気づくはず。温度差による汗冷えや肌トラブルの防止のためにも、汗をかく季節にこそ快適なインナーを選んであげましょう。

■この記事の関連ページ
ユニクロ KIDS AIRism(エアリズム)特集

※本サイトは利用規約に同意の上、各自の責任と判断によりご利用ください。
※掲載内容(商品情報、価格、リンク、在庫状況を含む)は公開時点のものであり、ご利用時と異なる場合があります。
※掲載画像に含まれるアイテムは、紹介しているアイテムと完全に同一ではない場合があります。

ライター紹介

今野珠美(エディター・ライター)

出版社勤務後フリーランスの編集・ライターとして、女性誌を中心に活動。出産を機にベビー・キッズ・マタニティの分野に活動の場を広げる。子育て経験とファッションの知識を生かした記事が得意です。

ライター紹介・ライター記事一覧