意外に忘れがちなBBQで活躍する4つの気配りアイテム

意外に忘れがちなBBQで活躍する4つの気配りアイテム
出典 : milanzeremski/Shutterstock.com

少しずつ暖かくなってくる春〜夏はBBQのシーズン。「BBQしよう!」と誘われたら、身の回りのアイテムをそろえて行きましょう。「はじめて参加するBBQでもこれがあれば大丈夫」という4つのお役立ちアイテムをご紹介します。

虫よけは肌にやさしいものが吉

自然の中で過ごすBBQでは、虫はつきもの。虫との共存もBBQの醍醐味のひとつではありますが、刺されると厄介なことになる虫もいるため、虫よけは必需品です。
ドラッグストアやホームセンターなどでもさまざまな種類の虫よけが販売されていますが、できれば肌にやさしいものを選ぶようにしましょう。最近ではオーガニック成分のものやハーブを使ったもの、子どもが使っても安心なものなどがいろいろ出ています。大自然の中で過ごしていると、思わぬことで肌が荒れたり、虫に刺された部分の肌が弱くなってしまったりすることも。
虫よけで更に肌トラブルを引き起こさないよう、肌にやさしいタイプを選んでおくと安心です。

虫よけは肌にも環境にもやさしいのがベスト。

虫よけは肌にも環境にもやさしいのがベスト。
(Africa Studio/Shutterstock.com)

火のそばは思ったよりも熱い!汗対策して行こう

朝夕はまだ肌寒い春先のBBQでは、寒さ対策ばかり考えがちですが、火のそばは意外と熱く、火の番をしていると汗をかくことも。汗をかいてもすぐに吸湿してくれる下着が便利です。BBQで火の番をしてくれるのはありがたいものですが、食べ物を調理するのでTシャツが汗だくだったり、汗のにおいが気になったりしていると気持ちがよくありません。

汗をかいてもべたべたしないドライ機能や、消臭機能のあるインナーを着ていれば、火のそばでの作業でも気にならない!

汗をかいてもべたべたしないドライ機能や、消臭機能のあるインナーを着ていれば、火のそばでの作業でも気にならない!

画像のアイテム→「エアリズムクルーネックT(半袖)」

タオルは長め薄手がよい

BBQで使うタオル。汗を拭うときや手が濡れたときに使うものは、長めで薄手のタイプがおすすめです。
タオルは首にかけておくと手に取りやすいだけでなく首周りの汗も吸ってくれます。また、火の近くにいて髪の毛が邪魔になったり汗がたれてきたりするときには、タオルを頭に巻くことも可能な薄手が便利。
濡らして絞るときにも薄手ならラクですし、乾くのも早いのがポイントです。家族や友人と行くときは、マイタオルを見分けられるよう色を変えたり目印をつけたりしておきましょう。

タオルはひとり1枚以上あると便利。上質なコットン素材のものを。

タオルはひとり1枚以上あると便利。上質なコットン素材のものを。

画像のアイテム→「フェイスタオル」

必要最低限のものが入るサコッシュバッグが大活躍

BBQ中は身軽になりたいところです。でも、お財布にカギ、スマホは身につけておきたい貴重品。両手が開くように、貴重品のみが入るサイズの斜め掛けバッグがあると便利です。
リュックだと大きすぎてしまい、移動の車の中で座るときにも邪魔になりがちですが、斜め掛けできるサコッシュバッグはアウトドアにピッタリのアイテム。BBQに持っていく貴重品が入るくらいの小さめサイズを選びましょう。

ショルダーがあれば貴重品を携帯できます。

ショルダーがあれば貴重品を携帯できます。

画像のアイテム→「サコッシュバッグ」

突然お誘いを受けたBBQでも、ご紹介した4つのアイテムがあれば快適に過ごせます。思う存分楽しむための気配りアイテムを持って、BBQを満喫しましょう。

■この記事の関連ページ
ユニクロ エアリズム特集
ユニクロ バッグ特集

※本サイトは利用規約に同意の上、各自の責任と判断によりご利用ください。
※掲載内容(商品情報、価格、リンク、在庫状況を含む)は公開時点のものであり、ご利用時と異なる場合があります。
※掲載画像に含まれるアイテムは、紹介しているアイテムと完全に同一ではない場合があります。

ライター紹介

土屋菜々(ライター・編集・ディレクター)

東京都出身。2012年夏からライター活動を始める。保育士資格・幼稚園教諭免許をもつママライターとして子育て・家庭・ファッションに関する記事を得意としている。3男児を育てながらフリーライターとしてのステップアップを目指して奮闘中。SF好きのトレッカー(=スタトレオタク)。

ライター紹介・ライター記事一覧