頼れる相棒「リブニット」で魅せる着やせコーデ

頼れる相棒「リブニット」で魅せる着やせコーデ

ぴったりフィットするリブニットのトップスはボディーラインをきれいに描き出し、ほっそり見せる効果が望めます。着やせルックに仕上げる、ボトムスとの合わせ方をつかめば、さらにスレンダー感を演出できます。

トップ画像のコーデができるアイテム→「コットンカシミヤリブセーター(長袖)」
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

今や通年で愛されるリブニット

リブニットの魅力はフィット感があるのに、ボディーラインを程よくカモフラージュしてくれるところ。リブ部分の厚みが体をやさしく包み込んでくれます。秋冬のイメージがありますが、今や通年で愛されています。

タック入りパンツやスカートとも好相性。ベルトでボリュームを出すと、さらに細感が引き立ちます。

ギャザー入りスカートを合わせればリブと同じ縦ラインを印象づけられます。

ギャザー入りスカートを合わせればリブと同じ縦ラインを印象づけられます。

このコーデができるアイテム→「シャイニーリブハイネックセーター(長袖)」
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

ゆる系ボトムスでも細見え

ワイドパンツをはじめとする、「ゆる系」ボトムスは楽ちんな着心地が支持されています。ただ、ルーズ感が出やすいから、トップスで全体を引き締めるのが賢いチョイス。

その点、たるんで見えないリブニットはおすすめ。体のラインを拾いすぎない細リブはすっきりしたボディーラインを描きます。肌に直接触れるものだからこそ、風合いのやさしいコットンカシミヤのような上質素材を選んで。

ボトムスより印象が強い色を選べば、トップスが引き締まって映ります。

ボトムスより印象が強い色を選べば、トップスが引き締まって映ります。

このコーデができるアイテム→「エクストラファインメリノリブタートルネックセーター(長袖)」
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

Tシャツより上質感アップ

織物のシャツやブラウスに比べ、ニットは伸縮性が高い分、締め付けが少なく、様々なシチュエーションに向いています。オフに着るときも、リブが効いているおかげで、Tシャツほどラフに見えず、上質感や大人っぽさを出しやすくなります。ジーンズに合わせても、しなやかでフェミニンなイメージに。体のラインを消すロングカーディガンを羽織れば、さらに着やせ効果を引き出せます。

柔軟に伸び縮みするリブニットは腕を伸ばしたり立ち上がったりするのも楽ちん。リブの表情がある分、Tシャツっぽく見えにくいので、仕事着にもなじみます。ジャケットのインナーに着れば、気負わないオフィスルックに整えられます。

ハイライズのジーンズにウエストインすると、上半身がコンパクトな見え具合に。

ハイライズのジーンズにウエストインすると、上半身がコンパクトな見え具合に。

このコーデができるアイテム→「コットンカシミヤリブセーター(長袖)」
※上記アイテムは画像の着用アイテムと完全に同一のアイテムではない場合があります

リブのおかげで自然な縦落ち感をまとっているから、リブニットトップスは着るだけで細感が寄り添います。着こなしにヌケ感も加わるので、カッチリした装いに混ぜ込むと、かえって力みを遠ざけた「エフォートレス」の風情に整います。動きにつれて伸び縮みしてくれるリブは活動的になっていくこれからのシーズンに絶好の「相棒」になってくれます。

■この記事の関連ページ
ユニクロ ニット(セーター・カーディガン)特集

※本サイトは利用規約に同意の上、各自の責任と判断によりご利用ください。
※掲載内容(商品情報、価格、リンク、在庫状況を含む)は公開時点のものであり、ご利用時と異なる場合があります。
※掲載画像に含まれるアイテムは、紹介しているアイテムと完全に同一ではない場合があります。

ライター紹介

宮田理江(ファッションジャーナリスト・ファッションディレクター)

多彩なメディアでランウェイリポートやトレンド情報などを発信。リアルトレンドを落とし込んだ着こなし提案も得意とする。コンサルタントとしてのビジネスも手がけ、企業向け提案、セミナー、イベント出演も多い。

ライター紹介・ライター記事一覧